富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

下山開始 ~2008年吉田口下山1~

息子は、小岩井さんにも
「よく頑張ったね~」とせっかく言っていただいたのに、
なぜ母がこの人と話しているのかがわからず
キョトンとしていた。

さて、今回は4つものお楽しみを見事達成!
ではでは、とにかく早く下山しましょう。

旦那が待つベンチに戻ると、まだ辛そうだった。
私も本当は頭が痛かったけど、
普段頭痛持ちの私は、良いのか悪いのか、
いつものこと程度にしか思えていなかった。


12時。
途中まで一緒の吉田口と須走口の登山道に移動する。
さぁ下山だ!

火山の砂でざくざくした中に、
大小の浮石がある結構急な下りを進む。
この吉田口、一番メジャーで登りやすいのだが、
実は下山はかなりクセモノだといわれている。

事前に雑誌やWEBで読んだ情報では、
「行けども行けども同じ下り。同じ風景。山小屋もなく、
精神的には登りより辛かった」
というコメントがほとんど。

確かに初回の御殿場→宝永山→富士宮口の
下山も相当大変だったので、
下山を侮ってはいけないということは分かっていたつもりだった。
でも、今回は少々時間がかかったとしても、
明るい日中に下山できるので
「まぁ、大丈夫でしょう」とたかをくくっていた。

しかし、やはり現実はそんなに甘くはなかった。

次回→長い長い長~い下山

a0219656_0364169.jpg


















一見、ふかふかの砂で足も傷めずに下山できそうなんですが、例の浮石も表面や砂の中に隠れていたりと、何度もズルッとこけてしまう私。どんくさいけど、なかなか豪快に転びます。 そしてこれが実際にはかなりの急坂。 またまた写真が平地に見える~~(泣) いえいえ、最初のこの道からかなり下り坂なんです。私の写し方が悪いのか、どうして角度を表現するのって難しいんでしょうね。

さてさて・・・、気が付いたら今までにないくらい更新していませんでした。いつのまにか富士山シーズンはすっかり終わり、山頂は初冠雪まで済ましてしまいました(泣) 続けて読んでくださっていた方、本当にすみません。でも、来年以降の富士登山のお役に少しでも立てるのであれば、と勝手に思い込み、まだまだ懲りずに更新していくつもりですので、もし気が付いたら、また読んでやっていただければ嬉しいです。 2008年のレポもあと少し。 これが終わったら、更新がなかなかできなかった理由の我が家の一大イベントを書いていこうかな、感動を忘れないうちに。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-09-25 00:45 | 2008年吉田口下山