富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

まだまだ続くよ 長い下山 ~2008年吉田口下山4~

まだ?
本当に長い。
助けて!というくらい。

息子と数えていた角は、もう30をとうに越えていた。
修行だ。
まさに修行。
登りのときも精神修行のような状態に陥ったけれど、
下りも一緒。
本当にエンドレス。

ちょっと角らしくない場所もあるけれど、
最初から
「吉田口の下山道は、角〇〇個目で六合目に着きます」
なんていう情報がわかっていたら、
たとえ100個でもカウントダウンできて
精神的に参ることはかなり減るように思う。

さて、ずっと見えなかった下界だが、
途中一度だけ雲が一箇所ぽっかり穴があいた瞬間があった。
息子と「すご~い。何あれ?」と
足を動かしつつ見ていたのだが、
ぽっかり開いた穴の先に見える下界は、
町でもなく、森でもなく、草原とも言えない
ただただ広い空間が見える不思議な場所だった。

帰宅後に地図でも調べてみたのだけれど、
結局未だによくわからない。

登りほどの回数ではないが、
途中、何度かその「角」で休憩した。
やっぱり座ってしまうと立てなくなるので、立ったまま。

でもあまり記憶がない。
すぐに旦那に「もう行こう!」とせかされたくらいしか思い出せない。

途中、緊急避難小屋があったらしいが、見落としたらしく、
もう30いくつの角を数えたころだったか、
や~~~っと七合目の無人のトイレ小屋についた。

この時は他の人もいたし、
何時間ぶりかの景色の変化に本当にうれしくてうれしくて、
座って大休憩をすることにした。

何かを食べたような、会話をしたような気がするが、
やっぱり記憶がない。
それもそのはず、座ってすぐに、
いつの間にか気が遠のき、寝てしまっていたのだ。

次回→あと少しだと思ったら

a0219656_1313241.jpg


















これが「ぽっかり空いた」時の下界の様子です。手前の濃い緑の森の先に、薄緑のそれは広い広い大地が広がっています。実際の景色を見たときの感想は「日本にまだこんなところがあるんだ」というものでした。もちろん自然豊かな場所に行けばあると思うのですが・・・とても不思議な光景に思えたのです。
睡魔は、この寝不足なので当たり前ですね。もう自覚できないくらい限界でした(苦笑)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-10-27 01:48 | 2008年吉田口下山