富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

カテゴリ:富士山なヒトコト( 7 )

富士山なヒトコト・・・富士塚

昨日、息子が久しぶりに部活が休みだったこともあり、
NBAショップに行きたいと言うので新宿まで出ました。
そのついでに、前から行ってみたかった富士塚の一つ、
西新宿にある、成子の富士塚(成子天神社)にいってみました。

富士塚とは、江戸時代に栄えた富士信仰から、
富士山に見立てて造られた人工の山や塚のことなのですが、
車も電車も無い時代、そうそう富士山に行けるものでは無い時代に、
富士山に行った代わりになる富士塚が、あちこちにあったそうです。

山、というか小さな丘のようなもので、
実際に富士山の溶岩で造ってあったり昔の古墳だったりします。
ほんの少ししか登らないにも関わらず、一部だけ見ると
本当に富士山の溶岩の登山道に見える部分もあったりと
雑誌やTVで見ていて、興味がありました。

さて、天気は真夏日!
気温も35度を超え、湿度も高く、家を出た時から頭がくらくら・・・
先にNBAショップに行き(しっかり買わされてしまった!)、
その近くにある塚を探して歩くのですが、本当につらい。

やっと目印になる西新宿中学校をみつけ、
やっとたどり着いた塚は「あれ???」という状態。
周囲は高層マンションに囲まれ、
すぐ横にはコインパーキング。
ぐるっと回ってみたけれど、結局中には入れず、登れず。

ちゃんと調べてくれば良かったです。
後で調べたら、この富士塚は、年に数日しか登れないそうです。
がっくり・・・

帰宅後、熱中症?なのか、頭は痛いしくらくらするし、
ずっと横になるしかできない状態に。

3連休なのに、つまんないなぁ。
でも、また今度、急に家族の時間ができたら
また行ってみたいな。
なんて、そう思っているのは私だけかもしれませんね(笑)

a0219656_16245540.jpg

a0219656_1627860.jpg

都会の中の異空間。こんなに小さな塚を高層マンションの中で探すのは少々大変でした。実際の塚は、草に覆われていて、写真ではよく見ないとどこにあるのかわからないですね。他のところでは、登頂記念の御朱印がいただけたりするところもあるとか・・・。我が家の近所には旧東海道もあるため、その近くの神社が富士塚だという話も聞き、意外にいろいろなところにあったりするんだなと、今さらながら驚いたりしています。しかしここ・・・ほんとぎゅうぎゅうにマンション並んでるのね。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2013-07-15 16:38 | 富士山なヒトコト

富士山なヒトコト・・・2012年2回目 7度目の登頂

6月30日~7月1日の開山日登頂(吉田河口湖口)に続き、
先日7月28日~29日にお友達親子を連れて、
今年二回目となる富士山へ無事登頂(富士宮口→御殿場口)してきました!

写真はその時の、山頂からの御来光と、
少しお日様が登ってからの山頂からの景色です。
お天気にも恵まれ、御来光にも恵まれ、メンバーにも恵まれ、
本当に本当に楽しい思い出になりました。

1年前、「子供が6年生の2012年は一緒に登ろう!」と約束していて以来
本当に楽しみにしていました。

念入りに綿密に計画をし、安全に快適に登ってもらうにはどうしたらよいか、
考えに考え抜いた末、私なりに、いろいろ出した答えを実行してみました。
結果的には、お友達家族のためだけでなく、私自身が今まで富士山やほかの山を含めて
一番「楽」で楽しい登山となることができました。

なんと言っても、驚くのは筋肉痛にならなかった!!!すごいことです。ほんと。
しかも、途中で弱音をはきたいと思うことが一切なかった!!!すごいことです。ほんと。

すでに私の体力をうんと上回って、今回の富士登山では「山のお兄さん」と呼ばれていた息子と、
もともと体力のある旦那。ネックは体力のバランスの悪い私だけでした。
それがこんなに成長できたなんて・・・うれしい。

さて、なにが良かったのか、いくつもある対策の中で、思い当たるものだけでも書き出してみます。
すべてガイドブックなんかに書いてあることですが、実感した人の感想として、
これから登られる方のご参考に、少しでもなれたら嬉しいです。

--------------------------------------------------------------
・五合目登山口で朝食をとりながら1時間ちゃんと高度順応する。
・喉が渇く前でも、口が渇いたりネバってきたら、こまめに何度でも水分をとる。
 (これが一番の勝因だと思います)
・心臓がバクバクしてるなと思ったら、無理せず立ったまま20秒くらい休み、
 ゆっくり5回以上深呼吸をする。
 行けるときは良いですが、行けなくなったら10~15mずつしか進めなくてもOK。
 立ったまま20秒深呼吸休憩して進み、また20秒深呼吸休憩を繰り返す。
 ※座るのは大休憩のときだけ。毎回座ると逆につらくなります。
・深呼吸は、まず思い切り吐いた後、「気持ちいい」と思うくらい鼻からたくさん吸う。
 しんどくなくても、これを繰り返しながら登ると、酸素缶はいりません。
・足に合った靴で登る。
 私は毎回爪が死んで真っ黒になってしまいましたが、今回初めて爪も無事でした!
 ちなみに靴は予算的に買い替えられず、お店の人に勧められたインソール(B+)が
 かなり良かったようです。筋肉痛にならなかったもの、これのおかげ??
--------------------------------------------------------------

山小屋ではやっぱり若者がうるさくて!寝られませんでした。う~
でも下山後は、やっぱりいつもの時之栖の気楽坊で、やっぱりアラスカピルスでしょう!
ということで、寝不足にも関わらず、ママ同士二人で睡眠をとることもなく
5時間以上ず~っと飲み会&おしゃべりしてました。
そんな無茶をしても、その週の仕事では、ぜ~んぜんまったく支障なし!
それもこれも、いろいろ気を付けながら登ったことが良かったのかもしれません。

周囲で富士登山の話がたくさん聞こえてきます。
今、シーズンまっさかり。
今この時間もきっと登ったり、山小屋で過ごしたりしている方がたくさんいるんだろうな。
これから登られる方もみんな、楽しくて思い出深い富士登山になりますように。
みんなが富士山を好きになって下山できますように。
人気ブログランキングへ

a0219656_22111340.jpg
[PR]
by fujibakari | 2012-08-07 22:09 | 富士山なヒトコト

富士山なひとこと・・・開山日富士登山

こんばんは。

さきほど今年最初の富士登山から帰ってきました。
毎度おなじみの時之栖「気楽坊」でのんびりして
渋滞を避けて帰ったので午前様です。
ただ今こんな時間ですが、洗濯機が終わるのを待っています。

家族で富士山に登りはじめて6年目。
息子が1年生から登りはじめて、記念すべき6年連続6回目の登頂です!

昔、ブログにも少し書きましたが、
こんな記念すべき今年の開山日は、ちょうど土日!
共働き家族には、なんて特別な年なんだろう!
・・・と、1年前から「6回目の記念には、開山日に登ろう」と
計画していました。

しかし、梅雨中に登るのは初めてだし、台風も今年は早いし、
第一、雪がどれだけ残っているんだろう、開山日に間に合うのか、
などと心配していましたが、
結局山頂付近は1.5mの積雪が残っているものの、
山小屋や、関係者の方々が除雪されたり、荒れた登山道を整備されたり
してくださったおかげで、問題なく???登ることができました。

???と書いたのは・・・・

いろいろ大変だったんですね。個人的に。
ちょっと無理をしてしまったでしょうか。

開山日前の6月30日に登って、開山日の御来光を拝むというのが
プランだったんですが、詳細は眠いので後日アップするとして、

結果、雨・雨・雨の登山となりました。
でも、夜間日帰りをするつもりが、嵐状態で山小屋泊を余儀なくされたりしたものの
突然夜中の1時すぎに宿泊を申し込んだ「東洋館」では
本当に親切にしていただき、広々快適な良い思い出ができたり、
やっぱり人とのふれあいが、温かかった登山となり、
無事に帰ってこれました。

写真は、山頂です!
雨・雨・強風・強風・寒い・寒い~~~な状態ですが、
これまでお天気に恵まれすぎていたので、逆に良い経験となったかな(笑)
しかし、残念だったのが、せっかく山頂まで頑張ったのに
神社がまだ開いていなく、息子の6個目の記念のお札がもらえなかったこと。
しかも、山頂の山小屋は一切オープンしていなかったので、
せっかく登頂したのに、山頂滞在はなんと!10分足らず!
だって寒いし、雨風きついし、屋根ないし・・・やることないので。

しかし・・・
開山日登山って、去年の新聞記事の情報では数百人とあったのに
さすがに土日に重なっただけあり、なんとも多かったです。
下の写真奥に写っている人影がわかるでしょうか。
私たちのたった10分足らずの滞在中にも、入れ替わり立ち代わり
どんどんどんどん人が山頂目指して登ってきます。

ちなみに我が家は、閉まっている山頂山小屋のわずかな軒先で雨宿り中です。

でも家族でこの笑顔です。単純ですね。我が家って(笑)

人気ブログランキングへ

a0219656_2154837.jpg
[PR]
by fujibakari | 2012-07-02 02:45 | 富士山なヒトコト

富士山なヒトコト・・・悩みます

今日のヒトコトや富士山なヒトコトなど、
最近の出来事や感じたことを書くのは久しぶりですね。

新年早々、心配な案件や、気になる案件があったり、
大事な物を無くしたり、複雑な人間関係に巻き込まれたり・・・
ただいま少々疲れています。
(富士登山レポートは、書き溜めたものがあるので淡々とアップできていましたが)

そんな時こそ富士山!!
と、癒されたくて、一瞬でも富士山が見えるところを探すのですが、
こういうときに限って見えるはずのものが見えない(泣)

特に毎朝、ぎゅうぎゅうの通勤電車から見る富士山で、
いやな現実(ぎゅうぎゅう)を緩和しようと思って乗り込みます。
見るためには車内でも理想の場所というものがあります。
でもそこは、皆さん同じように狙っているようで、意外にも競争率が高いのです。

もともとギュウギュウに人が乗っている中に、駅でまたどわーっと
大勢が乗るのですから、私も流れに身を任せるしかないので、
まず場所を選んでいられない。
もしも運良くビューポイントに立ち位置をGETできたとしても、次なる関門が。

空気が澄んでいて、一番富士山が見えるこのシーズンは、そう、寒い時期!
寒いってことは、ギュウギュウで人の体温で温かくなった車内と
寒~い外との温度差で、窓ガラスが曇ってくるのです。
しかも、狙ったかのように、いつも富士山が見え始める場所になる手前から
だんだん曇ってくるので落ち込みます。
いじわる~~~。 
今日も立ち位置は良かったのに、見えませんでした(泣)

うぅ・・ぐすん(泣) でも、どうでも良い話ですね・・・。


さてさて、このブログの本筋となる富士登山ですが、
1回目登山から順に掲載せず、最初に変に4回目2010年をアップしてしまったから、
富士山周辺の話を入れながら、ずっと次をいつの話にしようか悩んでいます。
と、言いながら、もう2008年の2回目をアップしていこうと決めたのですが・・・。

このままだと、4回目(富士宮・御殿場)→2回目(吉田往復)→最初(富士宮・御殿場・宝永山)
→3回目(須走り往復)→5回目(吉田・御殿場)???
見事にバラバラだ。
そのうち今年6回目の登山が終わってしまいそうです!!ひゃ~~。

しかも、書き溜めていた原稿も、そろそろ追加していかないと。
今あるのは、今からアップしていく2回目と、初回の登りまで。
スマホ、打ちにくいんだもんな。

あ・・・大した話を書かないまま、今日が終わってしまいます~。
写真もないっ!
いつも、こんなブログにお付き合いくださいまして、本当に有難うございます。

おやすみなさい。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-01-25 00:00 | 富士山なヒトコト

今日のヒトコト…車窓

ただいま広島への帰省のため、新幹線に乗っています。

月曜に島根に仕事があるため、せっかくの西の出張だし家に帰りたいなぁと。
といっても、関東からみて広島と島根は近いが、実はメチャクチャ遠い!
明日はまた夜に高速バスに乗って、3時間揺られて島根に入り、前泊です(^_^;)

でも、少しでも家族に会えるなら、私は帰りたいんだもん。
がんばります(^_^)v

さて、今日は寒~い!ですが、絶好の富士山ビュー日和!
窓際の席が取れなかったから、わざわざデッキに出て写真を撮りました。

しかし、スマホのカメラは新幹線の早さについていけず? 富士山より出前の風景が斜めってます(笑)

今日もひときわきれいでした~

a0219656_13134588.jpg

a0219656_13135815.jpg


スマホからの投稿、どうしたら写真を左寄せにできるの~(泣)
[PR]
by fujibakari | 2011-12-17 12:59 | 富士山なヒトコト

山が好き!と素直になれない ~富士山なヒトコト2~

美大出身の影響からか、なぜか
「オタク」と見られそうなものを避けるようになっていた。
本来は「オタク」になれるほどの、強いこだわりがないと
この系統の仕事には向かない、と、分かっているのですが・・・。

社会に出た当初、周囲にたまたま山好きな人が多く、
どこどこの山が良かったとか、百名山がどうのとか、
仕事中にめちゃくちゃ盛り上がっているのをよくみかけていた。
当時は、それをちょっと冷ややかに見ていたせいで、
実はそういうカテゴリーに入るもののような気がして、
富士山にはまってからも
どうしても山好きになりたくない自分がいた。

富士山に登ると言うと、登山しない人からは
「山、好きなんだねぇ・・・」
となぜかちょっと変わった人のように驚かれる。
また、登山をする人からは
「富士山は変化がなくて面白くないから、ぜひ他の山に登ってみて」
と言われ、いつも私はどちらも
「いえ、富士山だけです!」と答えてしまっていた。

実際に富士山以外には全~く興味がなかった私。
でも長年のアウトドア嫌いが180度変わったように、
いつの間にか究極の大自然である
「山」という存在への憧れを、口に出さずにはいられなくなっていた。

次回→上高地に行ってみよう!

a0219656_2173247.jpg
今年、初めて登った北アルプス・燕岳山頂です。私、どうしちゃったの???というくらい、今は家族で大好きと明言できます。毎日人だらけの通勤ストレスで自分がどれだけ嫌な人間になっていたことか・・・。自然に身を置くことで、自分を客観的に見ることができ、心を落ち着かせて人と接することが少しずつできるようになって初めて、嫌な自分に気がつくことができました。でもまだまだ息子からすると、毎日キーキー怒ってる鬼母なんですけどね~。親離れカウントダウンの始まってしまった息子と一緒に、今こんな体験をいろいろできることを本当に良かったと思います。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-17 20:39 | 富士山なヒトコト

富士山のおかげ ~富士山なヒトコト1~

ここまで100話近くにわたり書いてきた、我が家のつれづれ。

もともとは、ブログを始めた姉から勧められて興味を持ったものの、
ブログなんてそんな、恥ずかしい~と勇気がないまま
でも何だかまぁ、ちょっとずつ書いてみようかしらと
記録として書き始めたのがきっかけで、
毎日毎日、片道1時間半の通勤中の暇つぶしとして、
携帯でコツコツ書いてずっと貯めていた。
(本を読んだり、勉強したり、音楽聴いたりといろいろするんですけど
結局は、毎日のこの時間が本当にもったいないんですよね)

それを、どうせなら離れて暮らす親への毎日のメールネタにしよう!
と、ある日思い立ったものの、
でも普段から離れていて親のことを見てあげられていないのに、
こんな自由気ままな、のん気なメールを送って良いものか・・・
長く長く悩んでいた。
でも、勇気をふりしぼって、まずは親とついでに旦那の携帯に、
勝手にメルマガ?として送りはじめ、
結局、最後の勇気を振り絞って、ブログを始めた。

ブログ用には何話か削ったが、
先に書き溜めていたレポートはジャスト100話!
約7割がたった丸1日の出来事となる長い長いお話は、
飽き性の私にしてはよく続いてるなぁと
自分を誉めてみたいと思う(笑)

自己満足な記録だけど、
控えめな我が家でも、唯一遠慮なく自慢できる体験。
それだけ富士山が大好きで、
こうやって残せたことは、とても良かったと思う。

さてこれから何を書こうかな!
そんな楽しみなライフワークが私にもできた。
もちろん今年、5回目の富士山も書くぞ。
それにまだ書きかけの1~3回目も、記憶が薄れる前に残したい。
そして富士山のおかげで我が家共通の楽しみとなった
登山についても書いて行きたい。

次回→山が好き!と素直になれない

a0219656_1435654.jpg







毎年山頂の神社でご朱印をいただく際に一緒にいただくことのできる御札と、山頂の山小屋で売っている山頂バッジ&キーホルダーを、息子のザックにそろえてみました。(ピンボケだ)
今年2011年は、息子も金剛杖を卒業したので、御朱印をいただくことはなかったのですが、御札だけはいただきたいので同じ300円を払ってお願いしました。
シンプルな御札ですが、息子の気持ちの上で、とても達成感を得られる大切なものなので、毎年1枚ずつ増やしながら、御札だけはこうして吊るして登っています。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-16 14:17 | 富士山なヒトコト