富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

カテゴリ:2008登り始めまで( 7 )

しっかりご飯でいざ出発 ~2008年登り始めまで7~

いつしか私も眠れたようで、
少しお日さまが落ちてきた頃に目が覚めた。
さあ、着替えてご飯食べて出発しよう!

準備をし終わった後、
それぞれザックを背負って案内所までの階段を登ると、
周りがザワザワしていた。
見ると、富士山が山頂まですっかりきれいに顔を出した瞬間だった。

急いで家族で写真を撮ると、
はい、おしま~い!
と、誰かが幕を急いで引いてしまったかのように、
さぁっと、またガスに隠れてしまった。

「すごい!あんなにきれいに見えていたのに、ほんとに一瞬だ。」
「なんか、すごくラッキーだね。今回良いことあるかも」
なんて話していたが、
やっぱりこの年も大変だったなんて、
この時はまだ知るよしもなかった。

前回、ことごとく山小屋ご飯から見放された苦い経験から、
必ずご飯は最初にしっかり食べて行こう!
と、お店の食堂でカレーを食べた。

食堂には、すでに下山して打ち上げをしているグループや、
同じように今から出発する家族連れなどでごった返していた。

なんやかやしているうちに、もう18時を過ぎている。
暗くならないうちに最初の林を抜けなければ。
さあ出発だ!

次回→暗くなる登山道

a0219656_22531130.jpg








こんなにきれいに見えているので、この写真を見る限りでは、いつもこんなにスッキリ見えているかのようですが、本当に一瞬でガスに隠れてしまいました。めまぐるしく変わる風景は、いつもの事のはずなのに、どうしても富士山の粋な演出のように感じられて、大勢の観光客や登山者が、みんな目をきらきらさせて笑顔で写真を撮っていました。我が家もその一員ですね。しかし、こうして五合目から見える富士山って、低く見えますよね~。簡単そうに見えますよね~。いやいや、結局大変だったんです。この年も・・・(泣)
そうそう、息子ってまたこんな変な格好してます。毎度おなじみの金剛杖あご乗せポーズです(笑)


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-03-01 23:06 | 2008登り始めまで

大事な仮眠 ~2008年登り始めまで6~

2007年は、その時乗っていたXトレイルの荷台を
フラットにして固い床に寝袋で寝たが、
「意外に快適じゃん!」
と感心していた。

ちょうど買い替えのタイミングだったこともあり、
この年、ファミリーカーで人気のセレナを選んだ。

これが大正解!
シートアレンジが豊富で広いため、
メタボぎみの三人家族でも
快適に足を延ばして仮眠を取ることができた。
しかも荷台の固さとは違って
シートのクッションが体に優しいからよく寝られる。

登山口のお店を探索した後、
さぁ、仮眠を取ろう!ということで三人で横になった。
「セレナ正解!楽だね。」
なんて話しながら、
いつの間にか旦那と息子は気持ち良さそうに眠りについた。


しかし…
着くまでの道中、運転を旦那に任せて
無責任にもおもいっきり爆睡していた私は、
どうしても目が冴えてまったく寝付けなくなってしまった。
(バチだ~)

まだこの当時は、山小屋で寝る勇気がなく
予約なんてしていなかったので、
おもいきり徹夜登山になる。
ちゃんと寝なきゃツラいのに、そう思えば思うほど、
車中で一人、冴えた頭ともんもんと戦うはめになってしまった。

富士山の雑誌を読んだり、
次々とやってくる人たちを人間ウォッチングしてみたり、
じーっと目をつむって眠りがやってくるのを待ってみたり…
じゃぁ外に出てみようか、とも思ったが、
ドアの開け閉めで、せっかく寝ている二人を起こしてはかわいそう。
そう思って、音を立てないようにそ~っと、じ~っとがまんしていた。

次回→しっかりご飯でいざ出発

a0219656_23155161.jpg

















しまった!写真の掲載配分を間違えた(泣)。前々回の登り始め4で、あんなに載せなくてもよかったなぁ。
ということで、載せる写真がなくなってしまったので、本当は次回に掲載予定だった写真をフライングしちゃいました。 メタボ気味・・・な我が家の感じがきっと伝わると思います。 って、伝わっても嬉しくないですけど~~(泣) そうそう、私のズボンってグレーなんですが、下山するころには土ぼこりで染色されて、なぜか深いグリーン??ぽい色に変化してしまうんです。 ちなみに息子はただのジャージです。(まだ成長期だし、この頃はやっぱり富士山だけって思ってたもので(笑)) あ、息子のポーズは、以前紹介した成長がわかる「あご乗せ」ポーズです。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-02-26 23:33 | 2008登り始めまで

同じようで違う金剛杖 ~2008年登り始めまで5~

今回大きな、というか
長い忘れ物をした。(またか?)
金剛杖だ。

2008年は前年のものを持ってきて、
2007年の反対側の列に焼印を押してもらうつもりだったのに、
いつものように直前になってバタバタと準備するもんだから、
最後の最後に車に積もうとして、すっかり忘れてしまった。

無くても良いかなぁ・・・
なんて家族で一応話し合ってみたものの、
あると無いでは登りも下りも負担があまりに違うので、
仕方なくまた三人分買うことになった。

長いので一本1000円、短いので800円もする。
しめて2800円なり!
あ~ぁ(泣)
初っぱなから要らぬ出費をしてしまったなぁ。
それでなくても富士山ではすべてが高いのに…。

吉田口で売っている金剛杖は、
鈴だけが付いたスタンダードなものから
日本やアメリカなどの国旗が付いたものと、
品揃えは富士宮口とほとんど変わらなかった。
しかし、よ~く見ると実はちょっとずつ違う!
と旦那が言いだした。

杖は六角柱になっているのだが、
その両端の角をちゃんと削ったものや、
多少長さが違うものなど、
確かにわずかだけど、いろいろ店によって工夫されていた。

あれがいい!いや、オレはこっちがいい!
と、そんなプチ発見を楽しみながら、
それぞれが好きな杖を選んだ。

次回→大事な仮眠

今回、写真がありませ~ん(泣) しかも、また外付けハードに接続ができない(泣) はぁ(泣)
金剛杖の写真は、2010年のレポートをご参照ください。
こんな感じなので、我が家にはこんな長いものが6本もあります。もちろん自分たちの思い出でもあるし、頑張って集めた焼印も押してあるし大切なのですが、そんな大きな家じゃないのに6本も・・・(しつこい?) まだこの時は、毎年富士山に登るとはまったく思っていなかったので、もちろん他の山にも登るなんてことは絶対にない!と思っていました。だから金剛杖ではなくストックを買うという発想がなかったんですね。 まぁ、これも思い出です(笑)
そうそう金剛杖って、マイカー登山じゃなかったら、もって帰るのってかなり勇気がいります。最初は誇らしげに持ち帰るんですけど、富士山からだんだん離れて現実社会に戻れば戻るほど、人の視線が気になります。いやいや、「すごいでしょ~」って自信持ってればいいんですよ~。頑張って・・・。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-02-20 22:42 | 2008登り始めまで

多国籍な吉田河口湖口 ~2008年登り初めまで4~

駐車場から階段を登り、
すぐ上にある案内所を抜けて行くと、
目の前には
バスロータリーのあるかなり広い空間に
何軒もの立派な店がずらりと並んでいた。

なんという活気だろう!

これまで富士宮口しか知らなかったので、
登山口なんて地味なものが当たり前だと勝手に思っていた。
特に人の多さはハンパじゃない。

次から次へと大型バスで
大量の人々が入れ替わり立ち替わりやってきて、
ぞろぞろぞろぞろと降りてくる。
すんごい数!
しかもここは日本?と思ってしまうくらい
多国籍な老若男女でひしめき合っていた。

私たち家族はまだ登山の服に着替えていなかったから
普段着で写真を撮っていたが、
後で友人に見せると、
馬車があったり、外国人の方がたくさん写っていたり、
広場にはびっくりするほどの人々がうじゃうじゃ写っていたりして
「どこか海外に行ったみたいだね」
と言われた。

現場を体験した私たちも、みょうにうなずける光景だった。

すぐ近くにある小御嵩神社で今回の無事をお祈りし、
各店舗がいろいろ工夫している商品を見にぐるっと店を巡ってみたが、
いろんなものがあって本当に楽しい!

登山グッズもたくさんあり、
少々忘れ物があってもお金さえ余裕があれば、
ここでほとんどのものが調達できるくらいだった。

次回→同じようで違う金剛杖

a0219656_23493866.jpg










ひゃ~、ブログ更新がいつもまにかこんなに遅くなってしまった!
あ、気を取り直して・・・さて、この写真、見えますでしょうか。後ろのほうに大型バスがたくさん。上の写真には馬車があり、左下の写真は人が多すぎてこの解像度では何が何だかわからない写真になっていますね~。結構広い空間なんですよ。なのにほんと、いつもながらすごい人です。
初めてこの光景を見たときは、さすがに観光地に来た!って感じで、すこしゲンナリした反面、富士山人気のすごさにだんだんテンションが上がってきました(笑)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-02-13 23:56 | 2008登り始めまで

メジャーな吉田河口湖口から ~2008年登り始めまで3~

2008年7月26日出発と決めたが、
休みが取れずに土日登山となってしまった。

前日の金曜日、会社の人に
「明日また富士山なんですよ!」というと、
前回旦那に置いてけぼりにされ、
私が相当怒っていたのを知っていたその人から
「また行って大丈夫なんですか?夫婦の危機を起こさないで下さいよ~(泣)」
と心配されてしまった。 (ご心配おかけしました。)

前回は初めてな上に、
子連れのくせして夜間日帰り登山を強行したため、
かなり痛い目にあった。
なので今回は昼間に五合目に入り、
車で寝てから夕方明るいうちに登り始め、
途中か山頂でご来光を見ることを目指すことにしていた。

当日、
「土曜日だし駐車場は満車だろうなぁ(泣)」
と、13時過ぎに覚悟して行ってみると、
なんと!登山口に一番近い広い駐車場の、そのまた一番近いところ、
案内所の真下に余裕で停めることが出来た!

到着した時間は、たまたまほとんどの人が下山して帰り、
次の登山者がやってくる前の、
ちょうど入れ替わりの時間帯らしかった。

仮眠を取るとはいえ出発には時間があるので、
超メジャーな吉田河口湖登山口をぶらっと見て回ることに。

しかし、富士宮口しか知らなかった私はめちゃくちゃ驚いた。

次回→多国籍な吉田河口湖口

a0219656_2255243.jpg

















残念ながら駐車場の写真がありません。 駐車場は2010年の回でも書いた通り、この回の前年2007年に金曜日の夜中に行ったら、長い長い駐車待ちの渋滞にはまり、順番がやっと来たときには五合目からはるか下になってしまってい、渋滞で時間がかかり、仮眠もほとんど取れないままの出発となってしまいました。なので、土曜日にこんなにあっさり停められるなんて!めちゃくちゃラッキー! 今後のために時間帯覚えておかなきゃ・・・って、この時だけかもしれません。
写真は、吉田河口湖口五合目の登山口(ゲート前)のものです。左の方は多分観光の方、右側は外国人登山者の方、いつものことですがほんと軽装ですね~。めちゃくちゃ寒い夜中でも、明け方の山頂でも、こんな人をたくさん見るのですから、寒さに対する体の造りが違うのでしょうか。すごいです。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-02-08 23:14 | 2008登り始めまで

リベンジ富士山のきっかけ ~2008登り始めまで2~

2度とゴメンだと思いつつ、
何かにつけ富士山ネタは目や耳に入ってきた。

そんな中、リベンジのきっかけとなったのは、
きっと7月1日の富士山のお山開きをきっかけに、
山と渓谷社がやっている携帯の富士登山サイトを
チェックしたことだったような気がする。

そのサイトは前の年、2007年もチェックしていた。
通勤時間の長い私は、
よく暇つぶしを探して何か面白いものがないか
チェックする癖がある。
そこで、写真家の小岩井さんが、
もう何年も山頂の山小屋で働きながら、
山頂でしか味わえな神秘的な富士山の写真を撮りつつ、
毎日ブログを書いている。
それが楽しみなのだ。

      ・・・

そんなこんなで、
なぜスイッチが入ったかの確かな記憶はないけれど、
行きたくなってしまったら、もう止まらない!!

さっそく本屋に行き、
2008年の富士山特集の本を探す。
あったあった!

今回は、小岩井さんの写真が表紙を飾っていた
自遊人の別冊 「Buckcountry 今年こそ富士山」 に決定。
あれだけ不安だった気持ちはどこへやら、
超ウキウキしながら買って帰った。

その雑誌を息子に見せて、勇気を出して相談してみると、
「えええ~~~!!」との返事。
そりゃそうだよね…

でも
「1年生に続いて2年生でも登ったらカッコイイよ~!!」
と自尊心をくすぐると、
「イヤだけど、やっぱり登りたいと思ってた」
という頼もしい返事!

よ~し!それじゃあ行くぞ~!
忙しい夏休みと富士山の開山時期はほぼ同じ。
急いで準備にとりかからなきゃ。

でもまた去年と同じように、
人の居なくなった真っ暗な下山道を帰ることだけは本当に避けなければ。
超~ゆっくりペースの我が家でも、
何とか明るいうちに下山できるルートと時間配分などを練りに練った。

次回→メジャーな吉田河口湖口から

a0219656_2335163.jpg




こちらは2008年7月26日、富士登山のために訪れた吉田河口湖口五合目でのヒトコマ。着いてから先に五合目を観光したので、まだ普段着です(笑)
うちの息子、同じ学年のお子さんより、いつも大きい大きいと言われていて、親でもそう思っていたけれど、今思えばこんな小さな時もあったのよね~。 当たり前かぁ。 まだウルトラマン大好きで、そういえばいつもフィギアを持ち歩いてました。ほらポケットに、ウルトラマンが逆さまです(笑)
さて、一回目の富士山からずっと、家族で熱烈な富士山ファンになったものの、以前にも書いたように、ずっと旦那だけが 「来年も登るぞ!」 と言っていて、私たちは本気で 「もういい(泣)」 と言い続けていました。そんな私が急にまた決心したものだから、息子だけでなく旦那もびっくり!したました。
ちなみにお隣で座り込んでいる人、顔をぼかしてますが、下山したてだったようで、本当に疲れた顔をされていました。そりゃ、疲れます。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-02-04 23:57 | 2008登り始めまで

突然また登りたくなった! ~2008年登り始めまで1~

2007年に初めて登った富士山は、
期待と不安の中、
ガイドブックに載っていた倍以上の時間をかけて登り、
いろいろな「食べ物」から見放され、
気力も体力もなく御鉢巡りもできず、
誰もいない御殿場→宝永山→富士宮口下山では、
途中日が暮れパニックになり…

と、2010年のレポートにも書いたようにかなりサンザンな具合。
けれど、
その後の我が家の人生感を大きく変え、
家族の絆を深めてくれた大切な思い出になった。

一回目の下山後、
最初の数日は嫌だった思い出のほうが強烈で、
期待していた達成感というものがまったく無く、すごく残念に思っていた。

なのに一週間たち、10日たち、1ヶ月たち…
時が過ぎれば過ぎるほど、
大変だったなか、頑張った自分たちに満足できるようになり、
景色や場面が愛おしい思い出になってジワジワと達成感の波が大きくなった。
後からやって来たこの達成感は、本当にすごい!

「でももう、ゼ・ッ・タ・イ・ニ! に登らないもんね~!」
2008年になってもそう息子と話していた。

しかし2008年、
2回目の富士登山チャレンジの日をさかのぼること約3週間前、
どうしたのか突然、「今年も富士山に登りたい!」 と思った。
もう2度と登らないと頑なになっていた私の
登山スイッチを押したのは何だったのか・・・。

次回→ リベンジ富士山のきっかけ


PCの調子がすごぶる悪いです(泣) 外付けハードへの接続がうまくいかず、写真が取り出せません(泣)
このPC、実はすでに8年目。う~ん頑張ってくれています。 でもそろそろ何とかしないと・・・。
さて、本題に戻ります!
1回目に散々な思いをした富士登山のリベンジとなる2回目。「急にまた行きたくなった」なんて言っていますが、正直なところ、心のどこかではずっと気になっていたんですね。
でもほんとに懲りていたのも本心だし、もし順調に登れたとしても、あの登りの辛さったら・・・それを考えると、もう一度!・・・なんて勇気がなかったんです。 しかし、この先また家族で盛り上がってしまいました(笑)
最初にアップした2010年よりは、レポート回数は短めですので、よろしかったら読んでやってくださ~い!


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-01-30 23:44 | 2008登り始めまで