富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

カテゴリ:2008年山頂( 7 )

山頂カメラマン小岩井さん ~2008年山頂7~

2回目のこの年は、
まだ今回が最後という思いで登っていたため、
家族のお楽しみをめいっぱい考えていた。

お鉢めぐりに剣が峰、山頂郵便局に続き、
最後のお楽しみは山頂カメラマンの小岩井さんの
写真集をご本人から買うことだった。

と言いながら、この最後のお楽しみは、
ほとんど私だけのお楽しみだったかもしれない。

7月のお山開きから、山と渓谷社のサイトには、
シーズン中、小岩井さんの山頂ブログがほぼ毎日掲載される。
小岩井さんは、山頂の山小屋「扇屋」で働きながら、
富士山を山頂から撮り続けている方だ。

雑誌で何度かその写真を目にする機会があり、
その美しさに感動していた。

そのブログを
毎日の長い通勤電車の中で読むのを楽しみにしており、
その記事に、この年初めての写真集を発売する
との話しがあったので、
是非ご本人から購入したいと思っていたのだった。

富士宮口山頂から吉田口山頂までお鉢を一周し、
目指す扇屋さんへ。
しかし、あれだけ元気だった旦那は
なぜか急に気分が悪いと言い出し、
ベンチで休憩していた。

息子と二人で写真集を見ていると、
「これ、僕が撮った写真なんです。良かったら、見てください」
と話しかけられた。

あ!よく見ると確かに小岩井さんだ!
もう真っ黒に日焼けしていて一瞬わからなかった。
「ブログ毎日見てます。今日はこれを買うために頑張ったんですよ。
 でも真っ黒でわかりませんでした(笑)」
と伝えると、笑顔で御礼を言われ、
快くサインと握手をしてくださった。

次回→下山開始

a0219656_14383774.jpg












写真集は山と渓谷社『Mt.FUJI3776 富士山頂の世界』です。サインをただいたのですが、山頂は砂埃がすごくて、ざらざらになってしまいました。でもこれも思い出ですね。 さて、小岩井さんの題名をつけておきながら、まったく関係のない写真です。右側の写真は、以前も紹介した「う〇ち石」(毎度のことながら、勝手に変な名前をつけてスミマセン)。ここは、成長記録として必ず撮るポイントです。 右は、富士宮口山頂からもう少し吉田口山頂まで歩いていく途中の道です。登山道につながる山頂付近以外は、こんな感じで異空間を味わえます。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-09-02 14:55 | 2008年山頂

日本一高所の郵便局 ~2008年山頂6~

そんな楽しいハプニングがあり、
頭は少し冴えてきたが、
体はいうことを聞いてくれない。

一度座り込んでしまうと、
立ち上がるのに時間がかかる。
でもなんとか頑張ってまた歩き出した。

10時40分、しばらく行くと、
今回のお楽しみの一つの山頂郵便局に着いた。

初回の2007年は、12時間以上かけて
やっとたどり着いた富士宮口の山頂では、
山小屋も郵便局も閉まっていて、
時間も夕方だったことから
吉田口の富士山銀座にも行く時間も気力もなく、
ご飯にもありつけず、
お土産物も買えずじまい。

何にも出来ずに、
1時間と滞在しないまま下山した。
それが残念だったので、
今回は山頂郵便局で息子に
「頑張ったねハガキ」を出したいと考えていた。

中をのぞくと、ものすごく狭かったので、
一度外に出てザックを置いて再び入った。
期待していた、木の板で出来た富士山ハガキは
売り切れていて残念だったけど、
賞状のようなデザインの
登頂証明書ハガキがあるとのことだったので、
250円だったか、350円だったかそれを購入。

外に出て、持参したボールペンで
自宅の住所と息子への宛名、「おめでとう!よく頑張ったね」
というメッセージを書き入れて、
郵便局前にある赤いポストに投函。

下山のほうが早いけど、
「届くまで、ちょっとワクワクするね」
と話して下山後の楽しみとなった。

a0219656_064530.jpg


















この写真は、実は3回目2009年のものです。3年生になった息子が少し大きくなっています(笑) 郵便局の写真をいろいろ探したのですが、意外にも無い・・・。なんでだろ。 仕方ないのでこの写真を載せます。郵便局は正面神社の左側、小さな赤いポストが目印です。この郵便局って、実はものすごく古くて1906年(明治39年)開設とのこと。 んん??そういえば2009年にこの郵便局で開設100周年記念の切手シートを買ったような・・・。年はどれが正しいのでしょうか。 ちなみに郵便局は開山日の中でも期間限定で、時間も6:00-14:00なので、「やった~、着いた~!」と思っても、「あれ?閉まってる!!」なんてことになる可能性があります。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-08-27 20:30 | 2008年山頂

発見!驚きの登山者とブルドーザ ~2008年山頂5~

馬の背をなんとか下ると、広い場所に出た。
富士宮口山頂の手前のトイレがある場所だ。

トイレ休憩と、ちょっと早いけれど
下山準備をここですることにした。

広いけれど、ゴツゴツとした大小の石が転がっていて、
下山のために膝サポーターをつけるのに
座りたいが良い場所がない。

やっと座り込んでズボンの裾を膝まで上げるが、
たったそれだけのことなのに手足に力が入らず大変だった。

周りをぼーっと見渡していると、視界になんだか
???という面白い格好をした人がたくさん入ってきた。
何だったかなぁ。
はっきり思い出せないのだけど、
仮装!
そうそう仮装だ!

白タイツに何かかぶり物だったり、
シルクハットに燕尾服?だったかな?
とにかく山頂とは思えない寒々しい格好の人たちは、
目立っていたけれど楽しそうにしていた。
安全上は何とも言えないけど、
ほんと皆さん、いろいろ楽しんでいて
見ているほうもおかげで面白かった。

そんな時に、
ガーーッという轟音とともに、
荷揚げ用のブルドーザが目の前を通って行った。
遠くから見たことはあったが、
こんな目の前はなかなか無いので、
慌てて息子を立たし写真を取ったが、
オヤジくさいことがマイブームだった息子とブルドーザのセットは
まるで工事現場のよう(笑)

ブルドーザ専用の道(通称ブル道)があるとは言え、
そのブル道も結構な急斜面。
そんな大変な急斜面を
あんなに大きな車が登るなんて!
すごいなぁ。

次回→日本一高所の郵便局

a0219656_23404181.jpg












左が馬の背の斜面を上から下りていくところです。これ、やっぱり横から写真撮らないと、この急斜面は伝わらないですね。でも息子の横のおじさんの辛そうな登る格好で伝わるかな? 右はブルドーザーの写真です。本物はもっともっと大きい! これに山小屋のたくさんの荷物を積んで上がるのです。何年か前には、確か横転事故もあったはず。怖いですね。 写真はありませんが、仮装を楽しむ登山者は、毎年いますよ!今年2012年はアニメのコスプレ集団が多かった・・・。最初は、えぇ??と思いましたが、だんだん山頂で出会う彼らが楽しみになってきました(笑)
人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-08-25 23:52 | 2008年山頂

日本のてっぺん達成 ~2008年山頂4~

日本最高峰の剣が峰は、
意外にも一番人工的に見えた。

人工的に高さを作ったということではなく、
整備された階段や、
土台をコンクリートで固めた石碑、
レーダードームがあった場所は小屋だけがあるため、
火口の底まで見える一番高い場所なのに、
最高峰と書かれた場所からは
その小屋が邪魔してぐるっと360度見渡せないのだ。

自分自身の疲れと、
次に待っている行列がまだまだ多かったため、
石碑からの景色は
ほんの一瞬しか堪能できなかったのも残念。

旦那は、行列の待ち時間に
小屋の裏側にある展望台に行っていて、
「きれいだったよ!」と教えてくれたが、
なぜかその時は行く気がまったく起きず、
すぐに三人で急な馬の背を下ってしまった。

馬の背は、
「え~!こんなとこ下るの?!」というくらい、
びっくりの急坂でザクザクの砂。

ここを反対に登らなくて良かったような、
小さい子を連れて下るほうが危険なような、
そんな場所だった。

「こわいよ~!」
という息子を支えてあげたいのに、
私のほうがうまく行かない。

もたもた怖がらず
リズムよく下りたほうが良いようで
旦那は先に下り、途中で待つが、
私とは違う意味で息子への手助けなし。
まぁ、男の子だしね。

よし!なんとか頑張った!

次回→発見!驚きの登山者とブルドーザ

a0219656_21421597.jpg













右の写真は、長い間並んで待った日本最高峰「剣ヶ峰」での写真です。ガスっていてなんにも見えないですね。左の写真は、その山頂から見た富士山の火口(お鉢、お釜)です。こうして見ると、そんなに深く見えないんですが、確か高低差200mもあったはず。どこかのツアーのガイドさんのお話しでは、冬にこの中でスノーボードをする人がいるとか・・・えぇ??って感じです。すごいですね。
いつものことですが、息子、小2のくせしてオッサンくさいです(泣) 手ぬぐいの巻き方も含め、どこかの工事現場の人のよう・・・でも、このキャラが当時好きみたいで、ほんとおもしろい子だわ(笑)


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-08-06 21:55 | 2008年山頂

日本最高峰のルール ~2008年山頂3~

火口のほうへ少し降りると、金明水という、
富士山の貴重な水が湧いている場所があるが、
そこまで行く元気はなく、
「まぁ、剣が峰行ければいっか」
と簡単に断念。

その目指す「剣が峰」に行く方法として、
超急斜面の馬の背を登ることは避けて
反対から行ったつもりだったが、
一番高い場所なだけに、
やっぱり直前は思い切り斜面を登らないといけない。

き、きつい…

相変わらず旦那だけは元気で、
私と息子はダラダラ状態。
どうしてこんなに足が動かないの~(泣)

ちょびちょびと、それでも頑張って登って行き、
やっと剣が峰に通じる階段まで来た。

しかし、なんとたくさんの人が並んでいるではないか!
え~!こんなところで並ぶの~(泣)

よく見ると
「日本最高峰 剣が峰」という石碑で
写真を撮るための列だった。

仕方なく我が家もじっと並ぶものの、
元気な旦那はじっとしていられずに
あちこち見て回っていてほとんどいない。

息子は相変わらず座り込んで寝てしまい、
私は私で階段に立っているのに、
ふと気を失って寝てしまう。
フラッと倒れそうになり、
「あぶない!」と起きるのだけど、
すぐにまた気を失う。

まったく寝るつもりが無いものだから、
「座る」という考えにもならず、
何とか気を引き締めて立って順番を待つが、
すぐに意識が遠のいてしまっていた。

そうこうしながら、10時前になり、
やっと私たちの前の方の番になった。

ここでは、
「後ろの人が前の人の写真を撮る」
という流れが自然に出来ていて、
お互い挨拶して、私も前の方の写真を撮った。
そして、私たちの写真も後ろの方にお願いして撮っていただいた。

次回→日本のてっぺん達成

a0219656_22402391.jpg


















右下の写真の先にあるのが、日本最高峰の剣ヶ峰です。 ものすごい急斜面をずり落ちながら登らなければならない「馬の背」を避けたつもりでした。でも、そりゃあ同じところを目指すんですから、当たり前ながら登りが続き、寝不足で疲れた体にはこたえます。 右上の写真は山頂から見る大沢崩れです。この時はまだ2回目の富士山でしたから御中道めぐりはしていない時。 ざっくり切り崩れた大沢崩れがとても怖く感じました。
人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-07-30 22:58 | 2008年山頂

日本一高いハイキング ~2008年山頂2~

前回、まったく行く気力がなく断念したお鉢巡りを
今回はとても楽しみにしていた。

日本一の富士山頂の火口(お鉢)の周囲を
約1時間半かけて、ぐるっと一周するハイキングだ。
そして、正真正銘の日本最高峰
3776mの剣が峰に立てる。


8時20分。
時計回りだと、剣が峰直前の馬の背と言われる
めちゃめちゃ急な砂の斜面を、
ずり落ちながら登ることになるので、
我が家は反時計に回ることに。

歩き出しは、割と平坦で下り坂もあったりして
「平らって楽だね~」
とあまりの楽さに盛り上がっていた。
しかし、下りがあれば当然登る。
今までに比べたら何てことない坂なのに、
登りになったとたん足が前に進まない。
あ~もうやだ~(泣)

お鉢巡りの一周には、
〇〇岳とか〇〇岩など、それぞれ名前がついているのだが、
その名前を覚えてくるとか、地図を持つとかの
準備をしていなかったから、
まったくよく分からないまま通り過ぎてしまった。

途中、何度か休憩を入れた。
大休憩をとった場所は大沢崩れの少し手前だったかな。

岩場に座り込んで、昨日五合目でおにぎりがなくて
代わりに買ったゴマせんべいを食べた。
なんて美味しいの~!
旦那と私は、手が止まらなくなってしまった。

ゴマの香ばしさに醤油のしょっぱさが
めちゃめちゃ美味い!

息子にも勧めたが、完全な爆睡中。
よくこんな格好で・・・と笑ってしまった。

次回→日本最高峰のルール

a0219656_2235753.jpg




















ブログトップに掲載している写真は、そう、この2度目息子2年生の時のお鉢めぐりの写真でした。まさに雲上!もうふらふらでしたけど、とても気持ちがよかったです。 前にも書きましたが、山頂ってなんだか平らなイメージを持っていました。最高峰の剣ヶ峰だけ突き出ていて・・・。でも、当たり前ですがそんな訳はなく、寝不足の疲れた体に、アップダウンはかなりこたえました。 下りは元気なのに、ほんの少しでも登りになると、もう前にすすみません(泣) 途中休憩して、ゴマせんべいを食べた右下の写真。息子は変なかっこうしていますね。本当に熟睡しているんです。ほんとこのまんま! この時も一瞬芸状態でストンと寝てしまいました(笑)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-07-24 22:16 | 2008年山頂

山頂を楽しむ人々 ~2008年山頂1~

しかし、つらいなぁ(泣)
どうでも良いくらい疲れてしまった。

息子と旦那がトイレに行っている間、
どっと疲れが出て一人放心状態となってしまった。

ふと、横にいるカップルが
バーナーでなにやらお湯を沸かしているのが目に入った。
ぼーっとしながら眺めていたら、
コーヒーを入れるところだった。

「山頂ってバーナー使ってもいいんだ。あ~いいなぁ。」

そう思って周囲を見渡すと、ラーメンを作っている人や、
なんだか優雅に料理している人など
いろんな人が、思い思いに山頂を楽しんでいた。

もうクタクタのこの時は、
どうして他の人にそんな余力があるのか、
なぜ元気なのかがどうしても理解出来なかった。

結局は難しい話ではなく、
単に私たちが夜間日帰りを強行し、寝不足がたたっただけだけど、
当時はまだ勉強不足で
ただだだ皆さんタフだなぁ…としか思えなかった。

旦那と息子が戻ってから、
「忘れてた!」と山頂の石碑の前で登頂写真を撮り、
吉田口にある久須志神社で御朱印をいただくことに。

300円払うと、金剛杖の一番上に
朱肉をつけた金属のハンコを、かなづちでカーンと叩き込んで
御朱印を捺してくださる。
神社のパンフと紐のついた小さな御札もいただけるのだが、
我が家はこの御札が楽しみだったりしている。

「2枚目、よく頑張ったね!」
去年の御札と並んで息子のザックにぶら下がった
新しい御札が誇らしげだった。

次回→日本一高いハイキング

a0219656_229470.jpg












よく見ると、空が青くて気持ちいいですね。たぶんこの時は辛くてそんなこと、気が付いていなかったかもしれません。 山頂でのほかの皆さんのイベントは、私自身に気力がなかったとはいえ、本当にうらやましかったです。でも、このときはまだ、富士山に来年も登るとは思ってなく、もちろん山にも目覚めていなかったので、「次回は山頂でコーヒーだ!」なんてことは考えていませんでした。 2009年の下山後に初めて「やっぱり登り続けるぞ!」と思えるようになって、2010年に初めて山頂でのイベントを予定したのに悲しい結果となったレポートは、よかったらこちらをご覧ください(笑) ちなみに、山小屋の中やその付近では、バーナーを含む火器使用は禁止されている場合があるので、ご注意くださいね。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-07-10 22:28 | 2008年山頂