富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

カテゴリ:2008年吉田口下山( 7 )

明日は仕事だ ~2008年吉田口下山7~

普段静かな我が家も、
やっぱり興奮ぎみでおしゃべりに。

車を停めている駐車場は、
大きな駐車場の中でも一番近い場所だったが、
賑やかで大きな河口湖口の五合目では、
登下山道口から意外に歩く。

到着したとたん
急に足腰の痛みを感じはじめた。

アスファルトの上だからだろうか、
足の裏も、ふくらはぎも、膝も、太ももも、腰も、
すべてが痛い。

「うぉ~痛い~」
と足をひきずりながら、へっぴり腰で歩く。

駐車場への最後の難関、長い階段が一番つらかった。
もう手すり無しでは無理。
一歩一歩降りるしかなかった。
そんな親を横目に、息子だけは元気!
え?なぜ?若さか?

すでに雨の止んだ道を、
えっちらおっちらと歩きながらも、
大興奮の我が家は家族であーだこーだと
今までいた富士山の話を話していた。

「もういい!もう登りたくない!」
下山後の感想は前回と同じだけど、
前回、数週間かかってやっと実感した達成感は
今回はなぜか、皆もうこの時点で満ちていた。

車に戻り、レインウエアを脱ぎ、
靴を脱ぎたいが体が動かないので苦労した。
足の指がふやけて真っ白!
みんな真っ白だった。
こんなに頑張ってきたんだね。

今回、土日の休みしかないから、
明日、旦那も私も仕事だ。大丈夫かな。
とにかく、急いで帰りましょう。

この後、
そういえばどこかお風呂屋さんに行ったっけ?
どうしても思い出せない。

五合目から車で下る途中、
旦那が居眠りをしてしまってはいけないと思い、
頑張って話しかけるのだが、
いつの間にか私が寝てしまっていた。

お父さん、最後まで無事に家まで運転してくれてありがとう!


                      <2008年富士登山 おわり>


a0219656_2349492.jpg


時間がめちゃめちゃかかりましたが、やっと7回の登山のうち2回が終了しました。偶然にもたどり着いてこのお話を読んでくださった方がいらっしゃいましたら、本当にありがとうございます。(結局、ほとんど誰にもブログをやっていることを話していない私です)
さて、この最後の写真は、帰宅して2日目くらいだったかに、カステラの切れ端を買ってきて作った(というか、組み立てた?)富士山ケーキです。まったくボロボロなケーキですが、息子と富士山ケーキで登頂をお祝いしようと約束していたので、平日の仕事帰宅後の時間がないなかで、苦肉の策で作りました(苦笑)
2008年、息子2年生の2回目の富士山は、本当にいろいろなドラマがあり、濃い二日間でしたが、5年たった今でもとても記憶に残っている回です。 小さな子連れでの夜間日帰り登山を強行してしまったことは、とても反省。3年目からはようやく山小屋デビューするようになり、体力的な楽さに驚き、我が家のグチだらけの富士登山の話に変化がでてくるようになります。続きも頑張るぞ!


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2013-06-17 00:04 | 2008年吉田口下山

さわやかに下山したい ~2008年吉田口下山6~

私たちも前日の登山開始の際、
六合目までにすれ違う下山者の方の
真っ黒で疲れ果てた姿を見て、
「すごいなぁ。あんなになっちゃうのかな」
と驚いていた。

でも、今まさに我が家がその状態。
あまりにもひどい。
別に知った人がいるわけではないけれど、
出来れば誰ともすれ違いたくないよ(泣)

事前情報収集のために、数々の富士山雑誌を見ると、
モデルさんや芸能人がたくさん登っていて、
誰もが達成感に満ちた素敵なさわやかな顔で写っている。
どうして???

自分たちが撮った写真を見ても、
我が家だけでなく、ひどい状態の人は多いのに、
やはりプロはちゃんと途中途中も
撮影に耐えられるようなケアをしているのだろうか。

まだ、寝不足日帰り強行登山をしていたこの頃は、
そんなことを不思議に思っていたが、
なんてことない・・・結局は、強行しなければ
身キレイにする余力が出てくるものだと、後になって理解した。

そんなことを家族で話しているうちに、
馬糞の香り漂う懐かしい賑やかな空間が見えてきた。

午後4時40分。
4時間40分かけて下山。

「五合目だ!やった~!今回もよく頑張ったよね~。
 でも富士山はもういいや(泣)」

普段クールな我が家が
初めて親子三人でハイタッチをして喜んだ。

次回→明日は仕事だ(2008年富士登山最終話)


な・・・なんと! 半年ぶりのアップです。ごめんなさいっっ。 改めて見ると、この2008年の話はあと2話だったのに。なんだかスッキリしない休眠状態でした。そんなこんなしているうちに、富士山が念願の世界遺産になるというビッグニュースまであり、この半年の長さを実感しています。
さて、今回の話のテーマ「さわやかに・・・」なんですが、これまで7回登ってみて、さわやかをキープできる時とできないといと、いろいろだということがわかりました。砂埃の状況や、お天気の具合、そして自分の体力の具合によりけりです。経験積んできて余裕ができてきたはずなのに、去年6回目の登山の時は、まだ梅雨が明けない開山日登山で、しっかり雨にさらされてしまい、私はすっかりすっぴんな上に、疲れ顔に。(泣) あるハプニングがありながら強行した登山だったので、いつもより長い下山に果てしなく疲れていました。 そんな状態の時に、五合目の中国人観光客の方に、一緒に写真を撮って!と言われました。別にいいかなと思って応じたものの、イエ~イ!と妙にハイテンションなその方の横で、疲れた我が家が静かに並ぶという変な写真に。(あまりにも登って来ました感がしたんでしょうか。他にも下山者いたのに・・・泣)
この6回目(2012年)の我が家らしいハプニング話もいつかアップできるかな?途中まで書いてます。がんばろっと。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2013-06-01 10:48 | 2008年吉田口下山

あと少しだと思ったら ~2008年吉田口下山5~

こんな具合だから、
残念なことに下山中の写真は極端に少ない。

前年は途中で暗くなってしまったとはいえ、
もっと撮っておけばよかったと後悔したのに、
いざ下山となるとついつい忘れてしまう。

いつの間にか、角が何個目だったかがわからなくなり、
とうとう数えなくなっていた。
(後でパンフの写真を見て数えてみると48個くらいあった。)

でも、トイレ小屋を出発してしばらくすると、
左に曲がったのを最後にやっと角がなくなり、
明らかに下りがゆるくなって
「もうすぐだ!」と思える場所に変わった。

落石避難用のトンネルを何個か通り、
横へ横へと進むが、
これがどうしてなかなか見覚えのある場所に着かない。

な~~が~~い~~~っっ(泣)
あぁもうイヤだ、カンベンしてください。

息子よりも私のほうが半泣きになりそうになりながら、
それでもまだまだ歩いて歩いて歩き続けた。

するとようやく見覚えのある場所が見えてきた。
これは!
六合目の安全指導センターだ!
やった~~。

そう思ったが、
ここからもう少し先に行くと、残念なことに登りになる。

途中、雨がザーッと降りはじめ、
慌ててレインウエアを着たりしたが、
すでに砂埃でガシガシの髪の毛と顔では、
この雨でよけいぐちゃぐちゃになり、三人とも見る影もない。

六合目から先は登山者と同じ道ですれ違う。
たまに今から登る方から
「何時間くらいかかりました?大変ですか?」
と聞かれるが、
倍以上かかった事を話すと、
私たちのあまりにすごい格好に皆うなずいていた。

次回→さわやかに下山したい

無理やり写真を絞り出していましたが、とうとう下山の写真がなくなりました(泣) なので今回は写真無しで・・・。今書いている2012年から4年前となるこの吉田口の下山道は、本当に嫌であれ以来使っていません。今はもっぱら御殿場口からです。 寝不足だったのと、なんにも楽しくなかったのでこんなにグチグチ言っていますが、御殿場口に替えてから3回、一番長距離なのに一番早く下りてこれるので、楽しみながら下山できています。 さて、そろそろもう一度吉田口から下山してみても・・・・今なら体力的には辛くなく下山できる自信は付いたものの、う~ん、楽しいかどうかは悩ましいなぁ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-10-30 22:29 | 2008年吉田口下山

まだまだ続くよ 長い下山 ~2008年吉田口下山4~

まだ?
本当に長い。
助けて!というくらい。

息子と数えていた角は、もう30をとうに越えていた。
修行だ。
まさに修行。
登りのときも精神修行のような状態に陥ったけれど、
下りも一緒。
本当にエンドレス。

ちょっと角らしくない場所もあるけれど、
最初から
「吉田口の下山道は、角〇〇個目で六合目に着きます」
なんていう情報がわかっていたら、
たとえ100個でもカウントダウンできて
精神的に参ることはかなり減るように思う。

さて、ずっと見えなかった下界だが、
途中一度だけ雲が一箇所ぽっかり穴があいた瞬間があった。
息子と「すご~い。何あれ?」と
足を動かしつつ見ていたのだが、
ぽっかり開いた穴の先に見える下界は、
町でもなく、森でもなく、草原とも言えない
ただただ広い空間が見える不思議な場所だった。

帰宅後に地図でも調べてみたのだけれど、
結局未だによくわからない。

登りほどの回数ではないが、
途中、何度かその「角」で休憩した。
やっぱり座ってしまうと立てなくなるので、立ったまま。

でもあまり記憶がない。
すぐに旦那に「もう行こう!」とせかされたくらいしか思い出せない。

途中、緊急避難小屋があったらしいが、見落としたらしく、
もう30いくつの角を数えたころだったか、
や~~~っと七合目の無人のトイレ小屋についた。

この時は他の人もいたし、
何時間ぶりかの景色の変化に本当にうれしくてうれしくて、
座って大休憩をすることにした。

何かを食べたような、会話をしたような気がするが、
やっぱり記憶がない。
それもそのはず、座ってすぐに、
いつの間にか気が遠のき、寝てしまっていたのだ。

次回→あと少しだと思ったら

a0219656_1313241.jpg


















これが「ぽっかり空いた」時の下界の様子です。手前の濃い緑の森の先に、薄緑のそれは広い広い大地が広がっています。実際の景色を見たときの感想は「日本にまだこんなところがあるんだ」というものでした。もちろん自然豊かな場所に行けばあると思うのですが・・・とても不思議な光景に思えたのです。
睡魔は、この寝不足なので当たり前ですね。もう自覚できないくらい限界でした(苦笑)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-10-27 01:48 | 2008年吉田口下山

下山の危ない小学生 ~2008年吉田口下山3~

長い!
長いなぁ。長すぎる!

ガスってて、下界は何にも見えないし、
行けども行けどもずっと同じ景色。

まさに雑誌やWEBに載っていた感想通りの展開で、
自分が今どれくらい下りてきたのかがまったく感じられず、
だんだん精神的に参ってくる。
ただただ足下を見て下るのみ。
つらいつらい作業が延々と続く。

そんななか、ワーワーと騒ぎながら猛スピードで下りてくる
小学生3人組と何度か出くわすようになった。

猛スピードなのだけど、何度も休憩するので、
そのたびに我が家が抜かし、
また3人組が猛スピードで下りて我が家を抜かしていくを繰り返していた。

しかしこの小学生、
ただ猛スピードで下るだけではなく、
ジグザグの下山道をまっすぐショートカットして行くから危ない。

ジグザグの上の道と下の道の高さがある程度まで低くなると、
大小の石まじりの土の崖をすべって降りていく。

最初はそこまでひどくなかったのだが、
小学生が3人も集まると、
だんだんヒートアップしてしまうようで、
最終的にはこんな危ない下り方をし始めた。

「こら!!危ないでしょ。やめなさい!」 

見知らぬよそ様の子供であってもダメなものはダメ。
思わず注意したが、
そうそう大人しく聞くような世代ではない。

「あなたたちだけじゃなくて、他の人にも危険なんだから、やめなさい!(怒)」

息子のほうがビビるくらい、
かなり大きな声でかなりな叱り方をしたつもりだったが、
完璧に無視された。

相当腹が立ち、彼らの親はどこにいるのか、
辺りを見渡したが居ない。
も~~~~~!!
親も親だ!!

彼らは無視はしたが、ちゃんと聞こえてはいるようで、
危険な下り方のまま、それ以降は出会うことが無かった。

次回→まだまだ続くよ 長い下山

a0219656_22132026.jpg


















これはまだ上のほうで傾斜がゆるいのですが、実際にはもっと傾斜のきついジグザグ道の時にこれをやるのです。当然大小の石が砂と一緒に落ちていきます。幸いショートカットする傾斜よりも道幅のほうが広いために、落石は運良く止まってくれるのですが、もし道幅がなかったら、そのまま落ちて行き、止まらずに加速して凶器となりえます。また、勢いあまって自分が道から外れ、傾斜のきつい場所まで転がってしまえば、そうそう簡単に誰かが助けに行けるものでもありません。 富士山で亡くなる方の中には、やはり誤って登山道を外れてしまい、滑落。また、どうして?と思うような大きな石が落ちてきて巻き込まれるケースも。 はっきりはわかりませんが、小さな落石から影響を受けて、大きな石まで動かしてしまうこともあるのではないかと思うこともあります。 我が家にも言えることですが、こういう場所だからこそ、何をしたらその先にどんな影響が出るのか、想像力を働かせ、危機管理を身に着けさせる、マナーを身に着けさせる良い機会だととらえて、親がしっかりしなければと思います。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-10-06 22:33 | 2008年吉田口下山

長い長い長~い下山~2008年吉田口下山2~

もうこの時間になると、
あれだけたくさん居た下山者の人数は落ち着いていた。

ガスが出てきて全体が見渡せないが、
くねくねと九十九折になった
何のへんてつも無い赤茶色の道が続いている。

「道の角が何個あるか数えてみよっか」
と息子と相談し、
数えながら下山していった。

こんな道は、まさに前回の富士山以来、1年ぶり。
まだまだ慣れなくて足取りがおぼつかない。
途中、かなり急な下りもあり、
テンポ良く下って行く旦那と違って、
また息子と二人でヨチヨチ、コワゴワ、ノロノロと
超スローに下っていた。

それなのに、たまに
「うわっ!!」
とどちらかがしりもちをつく。

足下ばかり見て、気をつけているのに、
どうしても大きな浮石を踏んでズルッとすべってしまうのだ。

しかも下山者が少なくなったとはいえ、砂埃がひどい。
マスクの代わりに泥棒のように
バンダナを口あたりに巻いていたが、
息が荒いので、吐いた息が目の辺りに上がってきて、
メガネが曇って困る。

右手で金剛杖を持ち、
左手はメガネが曇らないようにバンダナを押さえ、
ずぅっとこの姿勢のまま下ることになってしまった。

「次、何個目かな?」数えていた角が、
たまにわからなくなってしまい、
正しい数字ではなくなったけど、
何もやることが無いので、息子と数え続けていた。

次回→下山の危ない小学生

a0219656_13331159.jpg


















う~んと、これは何の写真だったかな・・・。前回の写真から、今度は上を見上げたものだったと思います。上のほうに登山者(トゲのように見える3つの影)が写っているのがわかるでしょうか。手前に写っている大きな石なんかは、もちろん踏まないんですが、トラップのように隠れているんですよ~程よい石が(泣)
さて、この数えていた角の数、最終的にはかなりの数になるわけですが、ほんと・・・ほんとに長いんです。そりゃ、何時間も下るんですから、もう、うひょ~って感じです。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-09-29 13:43 | 2008年吉田口下山

下山開始 ~2008年吉田口下山1~

息子は、小岩井さんにも
「よく頑張ったね~」とせっかく言っていただいたのに、
なぜ母がこの人と話しているのかがわからず
キョトンとしていた。

さて、今回は4つものお楽しみを見事達成!
ではでは、とにかく早く下山しましょう。

旦那が待つベンチに戻ると、まだ辛そうだった。
私も本当は頭が痛かったけど、
普段頭痛持ちの私は、良いのか悪いのか、
いつものこと程度にしか思えていなかった。


12時。
途中まで一緒の吉田口と須走口の登山道に移動する。
さぁ下山だ!

火山の砂でざくざくした中に、
大小の浮石がある結構急な下りを進む。
この吉田口、一番メジャーで登りやすいのだが、
実は下山はかなりクセモノだといわれている。

事前に雑誌やWEBで読んだ情報では、
「行けども行けども同じ下り。同じ風景。山小屋もなく、
精神的には登りより辛かった」
というコメントがほとんど。

確かに初回の御殿場→宝永山→富士宮口の
下山も相当大変だったので、
下山を侮ってはいけないということは分かっていたつもりだった。
でも、今回は少々時間がかかったとしても、
明るい日中に下山できるので
「まぁ、大丈夫でしょう」とたかをくくっていた。

しかし、やはり現実はそんなに甘くはなかった。

次回→長い長い長~い下山

a0219656_0364169.jpg


















一見、ふかふかの砂で足も傷めずに下山できそうなんですが、例の浮石も表面や砂の中に隠れていたりと、何度もズルッとこけてしまう私。どんくさいけど、なかなか豪快に転びます。 そしてこれが実際にはかなりの急坂。 またまた写真が平地に見える~~(泣) いえいえ、最初のこの道からかなり下り坂なんです。私の写し方が悪いのか、どうして角度を表現するのって難しいんでしょうね。

さてさて・・・、気が付いたら今までにないくらい更新していませんでした。いつのまにか富士山シーズンはすっかり終わり、山頂は初冠雪まで済ましてしまいました(泣) 続けて読んでくださっていた方、本当にすみません。でも、来年以降の富士登山のお役に少しでも立てるのであれば、と勝手に思い込み、まだまだ懲りずに更新していくつもりですので、もし気が付いたら、また読んでやっていただければ嬉しいです。 2008年のレポもあと少し。 これが終わったら、更新がなかなかできなかった理由の我が家の一大イベントを書いていこうかな、感動を忘れないうちに。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-09-25 00:45 | 2008年吉田口下山