富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

カテゴリ:2010富士宮口山小屋まで( 17 )

日本一の山だからこそ ~山小屋まで17~

正直、私は富士登山で毎回緊張している。
雨、落石、滑落、雷、高山病などなど、山頂まで諦めずにたどり着けるか、
無事、怪我なく帰って来れるのか…
私、相当な心配性なのかな?

毎年、滑落や落石、落雷や病気で何人も亡くなる方が出る。
日本一の山なのに、一大観光地になりすぎた富士山。
でもやっぱり山なんだよね。
それなりに心して、装備もしっかりして挑まないと。

富士登山は山頂まで無事登頂できるのは5割と言われている。
我が家は、毎年登頂しているとはいえ、
最初はかなりオススメ出来ない、ムリな登り方をしていた。
今思えば小さな子供を連れて、
ずいぶん危険な計画を実行していたのかもしれないと、
回を重ね、より良い登り方が分かってくる度に、強く感じてしまう。
(後で考えれば考えるほど、怖いと思うことがあります)

我が家は三人とも、たまたま体力がある家系だったのと、
単にラッキーが重なっただけ。
毎回気を引き締めて挑まなければと、
心配性な私は一人、またそう考えながら登っている。

次回→無事宿泊地へ

a0219656_0345483.jpg






今年、7月23日朝の山頂からの景色です。
今回も最高にきれいでした!

今回のブログ、少々偉そうですみません。
でも、真っ暗な中、誰も居ないプリンスルートの
下山で、親のほうがパニックになってしまったことや
日帰り御来光登山の帰り、ものすごい寝不足状態で
危ないと思いながら車で帰ったり、
実際に今思えば小さい子がいるのに
なんて無茶しているのかと
思い出すたびに反省してしまいます。



◎今日のヒトコト・・・
痛い・・・痛いよ~~~。筋肉痛がひどいです。悲しいのが昨日よりも今朝よりも、夜になるほど痛みがひどくなること(泣)。歳を感じます~。しかも太い足が更にむくんで太っっ!!!
明日(あ、もう今日だ)はコピー機までの数歩がしんどいだろうなぁ。あ、その前に、通勤って階段がめちゃくちゃ多いんです。ぜったい明日、歩き方ヘンな人で恥ずかしいだろうな。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-25 00:58 | 2010富士宮口山小屋まで

3250m八合目池田館 ~山小屋まで16~

山小屋の真下になるとだいたい、かなり傾斜がきつくなる。
しかもだんだん狭くなり、ちょっと横にそれて休む、
なんてことができる場所がなくなるから、
他の人の迷惑にならないよう一気にテンポ良く登らないといけない。

あと少し、あと少し、
ふぇ~着いた~!
14時42分、八合目池田館に到着。
息子と二人、とたんに笑顔になる。

すでにトイレを済ませて待っていた旦那と合流。
ちょっと愚痴をこぼしつつ、
すぐに二人のすごいお年寄りの話しで盛り上がった。

3250mかぁ、頑張ったなぁ。
今日泊まる万年雪山荘まであと一区間だ!
疲れもあるけど、今朝寝坊して焦っていたのが
ウソのように時間的にも挽回でき、景色もきれいで気分が良い。
高所恐怖症の私でも、この景色を見たい気持ちにはかなわない。
あぁ、本当にきれい!

次回→日本一の山だからこそ

a0219656_22619.jpg







ベンチの回で書きましたが、ここでは
下が網になっています。(コワイ!)
でも、これだけ天気が良くて
これだけ気持ちの良い景色が目の前にあったら・・・
やっぱり見ちゃいますよね~。


◎今日のヒトコト・・・
行って来ました!今年の富士山!3年ぶりの吉田河口湖口はものすごい人で、しかも富士登山l競争の日でした。皆さんあの富士山を走るんですよ。しかも五合目よりもはるか下の市役所から。それも驚きですが、遠足が多かったこと多かったこと。おかげで、昼間から大渋滞の富士登山となりました。
初参戦の息子のお友達は、高山病で頭が痛いなか、一人で我が家のイベントに参加し、最後まで頑張りました。そして、息子もちゃんとずっとお友達をサポートしていて、本当に二人を誉めてあげたいです。
今までで一番お天気にめぐまれました!そして暑かったし寒かった~。今回は私がその体力についていけず、今更ながらかなり辛かったです(泣)
今日は今これを書いているときも、寝不足と疲れでふらふらで頭が回りません(笑)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-23 22:32 | 2010富士宮口山小屋まで

先に行く父 ~山小屋まで15~

最初はつらくて、私たちのすぐ後ろか
ちょっと前とか近くにいた旦那は、
私がつらくなるのとは逆にだんだん元気になっていた。

すると最初は息子をみてくれていたのに、
やっぱり居なくなる!
はぁ?
どして???
頼むからグチグチ言う息子とつらい奥さんを
置いて行かないで欲しい(怒)

さっきのおばあちゃんと、スーパーおじいちゃんの話に
一切旦那が登場しないのはこういう理由だった。
息子と 「お父さんに、あのおじいちゃんと写真撮ったこと、後で自慢しよーね」
と、すでに遠い八合目の山小屋から
優雅に下を眺めている旦那を見上げながら、
ちょっとスネぎみに話した。

さてそんなことを言われている父の言い分はというと、
「お腹が痛くてトイレに行きたかった」
とのこと。
まぁ仕方ないけどさー、一言そう伝えて欲しいわ。

次回→3250m八合目池田館

a0219656_22184529.jpg


普段でもだいたい置いて行かれるのですが・・・
さすがにこういう場所で置いて行かれるのは
どうにも困ります。
でも、お腹が痛いなら仕方ないですね。

吉田河口湖口は山ほど山小屋があるので
トイレは安心ですが、他のルートは良く考えないと
いざという時、どこにも隠れる場所はありませ~ん(泣)
でも「小」のほうは、水分を一度にガバガバ飲まないで
一口ずつこまめに飲むと、汗で消費されて
あまりトイレを心配しなくて良いと本に書いてあり
その通りにしたら、見事に大丈夫でした!
ちなみに我が家は初回の下山で息子の小を
空きペットボトルでお持ち帰りした経験があります。
(こんな話しでスミマセン。でも神聖な場所なので)


◎今日のヒトコト・・・
今年の富士山、明後日22日出発の我が家は台風が気になって仕方ありません!しかも今日都内は雨の予報なのに、なぜか時々晴れ間まで現れ、逆に不気味な感じでした。
いよいよ出発~~(喜) いつものように、楽しみで仕方ない気持ちと、今回も怪我無く無事に帰って来れるかの不安がシーソーのようにゆらゆらしています。
それと、こんなに早い時期に登るのは初めてなので、下山後ってきっと「つまんないよ~」ってなってしまう予感がして今からすでに悲しい。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-20 22:43 | 2010富士宮口山小屋まで

すごい登山者2 ~山小屋まで14~

そんな親子の無事を祈りつつ、不機嫌な息子とまた岩場を登る。
狭い、きつい、息が苦しい。
でもとにかく今日の宿までは明るいうちに着かなきゃと頑張っていた。

そこへ、青いヘルメットにベストを着た見覚えのあるおじいちゃんが、
ポンポンポンッとリズミカルに下りて来た。
あ!あの人だ!富士山の雑誌に出ていた
毎日登ってるというあのスーパーおじいちゃんだ!
名前がすぐに出て来なかったけど、
こんにちは~と挨拶した時に話しかけてみた。
「あの、富士山の本に出られてた方ですよね。写真一緒に良いですか?」
と言うと、笑顔で
「いいよ!でもよく分かったね~」と言いながら、
こうしたら顔がよく写るよと息子の帽子を直して並んでポーズをとってくれた。

「今日で何回目ですか?」の質問に
「え~と、745回(←だったかな?)。お兄ちゃんは4回目かぁ、ベテランだね~。
おじさんは何回登ってもツラいけど、おじさんでも頑張ってるから、頑張って」
と辛そうな顔をしている息子を励ましてくれた。

別れ際、「万年雪山荘に泊まるなら、『佐々木小次郎』に会ったと伝えて!」
とカッコ良いセリフを残して去って行った。
ヤッター!今日はすごい日だ。

次回→先に行く父

a0219656_22511497.jpg



この方、超~有名な佐々木茂良さんです。
少しお話ししただけでも心の温かさを感じられる方。
(おじいちゃんって言ってゴメンナサイ。
 有名人ですが、お顔は許可をいただいていないので、
 一応隠します。)

64歳で初登頂して以来、厳冬期以外毎日毎日登って、
なんと800回を超えている鉄人です。
しかも下山してから金太郎伝説のある金時山にも
登られているとか・・・もう鉄人以上です。

先日本屋で「まいにち富士山」という佐々木さんの本を
発見し、しかも平置きされていて「すご~い!」と
息子と感激してました。


◎今日のヒトコト・・・
漏水事故、原因がわかりました!上の階の方のまだ新しいエアコンの排水管がはずれていたとのこと。
不注意の事故ではないのに、上の方も据付業者の方もすばやく対応してくださり、お互い気分を害さず進めることができました。ありがとうございます。
さて、実は我が家も数年前に漏水事故をやってしまして・・・こちらは温水器。
これも不注意ではなく、明らかにメーカー側しか触らない箇所のホースがたった数年でぼろぼろになって熱湯が漏れていました。すぐに据付業者の方に応急処置していただき、ご迷惑をかけたお宅に謝罪に回り、電機メーカー大手のT社にメールし電話もしましたが、新しいホースに交換しただけで、こちらから電話しないと連絡なし!謝罪もなく、どうしても補償の話しを一切無視する作戦のようで、数ヶ月本当に大変でした。
結局は、近くのマンションでも大量に同じような事案があったことがきっかけでPL法の適応となりましたが、リコールにならないのが不思議。ファンだった我が家にはT社家電がたくさんあり、見るたびに今だに悔しい気持ちを思い出してしまいます。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-19 23:43 | 2010富士宮口山小屋まで

すごい登山者1 ~山小屋まで13~

岩場、岩場、また岩場…
しかも急勾配だし手を使わないと上がれないところや、
下山の人はお尻をつかないと降りられないところが増えてきて、
いよいよ富士登山らしくなってきた。

時間的にも下山者が多く、山では本当は登り優先なのだけど、
足元のあまりの危なさと人数の多さに、
集団が通り過ぎるのを延々と待たなければならなくて、ちょっと困った。

そんなすごい状況の中、
一人のおばあちゃんが息子らしき男性に支えられながら下山しているのが見え、
明らかに目立って周囲の目が集まっていた。
おばあちゃんって言っても、ちょっと我が目を疑うくらいの、
失礼ながらヨボヨボのおばあちゃん!
支えられながら、でもゆっくりゆっくり確実に下山して行った。

下山ってことは、当たり前だけど、
この大変な道を登ったんだよね。ほんと???
親や兄弟、友人にこの素晴らしい富士山を体験してもらいたい。
いつもそう思うけれど、実際には自分自身が辛くて精一杯なのに、
ちゃんとサポートしてあげられるかどうか不安になって、なかなか誘えない。
きっとこのご家族も、富士山にいろんな想いがあって、
ご本人も息子さんも頑張ってここまで来たんだと想像すると、
何だか良い場面に立ち会えたことが嬉しくなった。

次回→すごい登山者2

a0219656_1101847.jpg










残念ながら、そのおばあちゃんは写っていませんが、
出会ったのが、これよりもきつい岩場だったから
かなり驚きました。

そういえば、息子が長袖着てますね。
この辺から少し寒くなって来たようです。



◎今日のヒトコト・・・
連休の最終日。何もなくてつまんないな~なんて思っていたら、友達ママが遊びに来てくれました(喜)!
友達親子が到着してしばらくして、ふと異変を察知。 なんと壁にシミが!!!
水漏れだ~~。大変だ! 原因は我が家?上の階?何?何?何?
マンションの漏水事故は超大変です。 早くなんとかしないと!
すぐに管理センターの設備担当の方に見ていただき、我が家のエアコンかなと思っていたけど違うみたいだし、量としては染み出ている程度なので、とりあえず明日以降に原因究明することになりましたが、この時間もまだ静か~に染み出ています。怖いよ~~~。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-19 01:33 | 2010富士宮口山小屋まで

山小屋のベンチ ~山小屋まで12~

山小屋のベンチって、
高所恐怖症の人にはかなりツラいかも。
なぜならかなりな断崖絶壁、というか、
人工的に斜面にせり出して造ってあるベンチだから。

もともと急勾配の斜面に山小屋を建てているのに、
更に小屋の前に通路と休暇が出来る空間(庭)を作って、
その外側ギリギリに下界を背にして座れるように
ベンチがあるところがほとんどだ。

しかもベンチと言っても簡易的な造りで、
普通の樹脂のベンチもあれば、木の板もあるし、斜めは当たり前で、
ベンチがなくても足元が網になってたり(八合目とか)、
場所が断崖絶壁にあるというだけでなく、
何とも壊れそう!座るとオォッ!とおっかなびっくりになってしまう。

でも毎年ウン万人が通って座ってても平気なんだから、
ある意味丈夫なんだよね、きっと。

次回→すごい登山者1

a0219656_23435455.jpg
崖っぷちのベンチ(元祖七合目)

って、やっぱり写真だと
大したことないように見えるなぁ。
ほんとに足元って崩れないのかしら、
と思ってしまう感じです。
でも、しんどいし、人が多くて
なかなかチャンスが無いから
空いていれば、高所恐怖症の私でも
できれば座りたいんです。



◎今日のヒトコト・・・
今夏はどうしても旦那との休みが合わないので、せっかくのこの3連休も、どこも家族で遊びに行くことが出来ずじまいの我が家。これだけは行こうね、と息子と約束していたハリポタに、今日行ってきました。
初めのころ、流行りものが嫌いな私は全く興味なし。でも何年かして、古本屋さんで売っていた「賢者の石」の100円という価格に惹かれ、本好きの息子のために買おうかなと思ってちょ~っと立ち読みしたら、なんと3行くらいですごく続きが読みたくなってしまいました。
いつもはその本のリズムに慣れるまで、なかなか入り込めないのに、こんなにもすんなり入り込めた本って初めて! 息子に渡す前に先に読みふけってしまった私でした(笑)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-18 00:10 | 2010富士宮口山小屋まで

3010m元祖七合目 ~山小屋まで11~

3000mの看板前後からずっと急な岩場だったけど、
13時にはなんとか元祖七合目山口山荘に到着。
珍しくベンチが空いたので少し休暇を取る。

私たち家族の両隣には、
おじいちゃんと低学年の小学生数人を連れた三世代の家族がいた。
すでに下山して来たその家族に、山口山荘のご主人が
「ちゃんと登って、てっぺん見てきたか。」
「一番高いところまでいったか」などなど、
チビッコたちと楽しそうに話していた。
どうやら昨日はここに泊まったようで、
チビッコたちとすっかり仲良くなっていて何だか微笑ましい。

「疲れた~」と言う息子の代わりに焼印を頼みに行った際、
私も山小屋の人に
「毎日どれくらい焼印押すんですか」と話しかけてみた。
若いお兄さんは、ちょっとその数に悩んだものの
「もう、わかんないくらいっス(笑)」と笑顔で答えてくれた。
感じの良い山小屋だなぁ。

次回→山小屋のベンチ

a0219656_21272324.jpg







その家族は写ってないのですが、
山口山荘の写真です。
山小屋って、やっぱり怖いイメージがあるんです。
でも、そんなこと無いじゃん(喜)って思えた
ほっこりするやり取りでした。



◎今日のヒトコト・・・
5月に行ったばかりだったけど、この落ち込みから少しでも気分転換になればとの思いで、今日また美容院へ行ってしまいました。
もともと先月かけたパーマが落ちてしまったのでかけ直したかったものの、なじみの美容師さんと相談しているうちに、とりあえず「切ってみよっか!」ということに。
私にしてはバッサリ・・・!?でもないか。ちょっと短くなったかなぁ。なんだか気分も少し軽くなりました!
仕事上派手にはできませんが、ついでにネイルもまつ毛も、一度どど~んと盛ってみたいわ~
(えぇ、えぇ、地味なアラフォーですけど、なにか?(笑))

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-16 22:07 | 2010富士宮口山小屋まで

富士登山の動画記録 ~山小屋まで10~

この年、勤続丸15年のリフレッシュ休暇をいただくことが出来たので、
富士山の前に、8年ぶりの海外旅行が実現できたことから、
お金も無いくせに思い切ってカメラを新調した。
決め手はコンパクト&10倍ズーム&フルハイビジョン動画機能があること。
新調した理由には、動画が撮りたいということが大きかった。

なぜなら、
毎年富士登山の大変さというかリアルな状況を写真に収めているのに、
プリントを見ると、どうしても大変そうに見えない・・・。
そこで去年、古い機種ながらコンパクトデジカメで動画撮影したら、
意外におもしろかったので、今回どうしても動画記録がしたかった。
一番楽しみにしていたのは、大砂走り!
ものすごいスピードで、ザッザッザッと大またで降りる様子は、
下山後の上映会でもすごく面白かった。

さて、登りの撮影はというと、
動画の場合、私が一人先に行き、二人が登って来る様子を撮影。
今回体力があったとはいえ、これが結構つらい。
でも自分が撮りたいって思ってるんだから、
自分で撮るしか無いのだけど、
たまには私の動画も見て見たいよ~。

次回→3010m元祖七合目

a0219656_2215737.jpg





前回、すでに岩場の写真を出しましたが、
これはその前の写真です。
そう、写真ではこんなに緩~い斜面に見える・・・
でも実際は、二人が下を向いているように
けっこうキツイんです。
コンデジの動画機能は面白いですよ~!


◎今日のヒトコト・・・
昨日、久しぶりにかなりガツンとくることがあり、家に帰ってから落ち込んで何もする気になれませんでした。
家族や周囲の誰かが悪いわけではないのですが、旦那が休みだったこともあり、ほとんどフテ寝状態。
今日もあんまり考えないように普通にしていますが、当分はダメかもな~。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-15 22:35 | 2010富士宮口山小屋まで

3000m超え ~山小屋まで9~

さて息子がずーっと訴えているこの気持ち悪い状態、
本当は親として心配なきゃいけないのだけど、
実は気持ちの問題だったりもする。

彼は毎回必ず同じ事を訴え続ける。
けれど、次の目的地が見えたりすると、
とたんにパッと元気になってさっさと行ってしまうから、
最後には旦那や私に怒られる。
精神的な弱さから来る気持ち悪さなのも、親だからこそわかっているので、
さて、どう対処するべきか。
本当に頭が痛くて吐きそうなら、高山病だし気を付けないと。

12時50分、ウニャウニャぐちぐち言う息子を励まし、時には叱り、
状況を伺いながら登った岩場の途中にちっちゃな看板を発見。

「3000m」

おぉ!すごい!前はこんな看板無かったぞ!しかもめちゃ急な岩場に。
すごい達成感だ!
そういえばじっくり辺りを見ると、
看板だけでなくロープやいろいろなものが、前回よりきれいに整備されている。
きっと登山者が困らないよう開山前に整備してくださっているのだろう。
本当にありがたいな。

次回→富士登山の動画記録

a0219656_227625.jpg












出てきました岩場!
階段状になっているところもありますが、
その途中、ほんとに急な斜面に小さな3000mの看板が。
(右下の写真、右側)
2007年に登ったとき、
「今、何mなのかわかるものが途中あればなぁ(泣)」
と話していたので、と~っても嬉しかったです。


◎今日のヒトコト・・・
我が家では、オイシックスの食品宅配を取っています。仕事が忙しくなると、ついつい外食がちになるため、せめて家食はなるべく無添加、無農薬、低農薬のものでバランスを取らなければ・・・というのがきっかけで探し、宅配の日時が自由なオイシックスに決めたのですが、これが美味しいんです!
今日はとうもろこしが当たりでした。甘~い(喜) 他にも炒めてもシャキシャキの沖縄のピーマンも最高に好き。あと、春キャベツの時期も待ち遠しい。
なので「素材がおいしいから、凝った料理しないほうが良いの!」と、超横着主婦の私は、さも自分が正しいかのように、毎度手抜きをさせていただいております(笑)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-13 22:20 | 2010富士宮口山小屋まで

いろんな酸素 ~山小屋まで8~

いよいよ少しずつ傾斜がきつくなり、富士山らしい岩場も何度か登場。
いつもより辛くない!なんて言ってたけど、
やっぱり富士山は甘くない。
確かに楽に登れるようになって来たとは言え、
さすがに息が続かない場面が増えて来た。

水分補給と合わせて缶の携帯酸素を吸ったり、
今回は初めて「食べる酸素」なるものにもチャレンジ。
珊瑚からできているというラムネのような粒を何粒か口にいれてみる。
うーん…
何粒かを噛まずに舐めている間は意外に効果あるような……
気がする。多分。

息子は最初からずっと頭痛いだの気持ち悪いだの言っていたから
食べる酸素を勧めてたけど、珊瑚だと教えると、
急にマズイと失礼な事を言って食べなくなってしまった。
そうそう、水に入れるタイプの液体酸素も試してみた。
でも、安易な私たちらしく、たくさん試した結果、
いったいどれが効いたかわからなくなってしまった。

次回→3000m超え

a0219656_21353927.jpg







「我が家の酸素たち」
右から、
数年前から人気の水「酸素プラス」
これは実感あります!
155円くらいでそんなに高くないし今回も買いま~す。
次に「携帯酸素」缶。コンパクトなのに大容量で
荷物にならず、不思議なくらいいつまでも無くならない。
次が「食べる酸素」で、最後が飲み物に入れる
「飲む酸素 オーツープラスダイレクト ミニ」
でも、結局私的には、息をすべて吐いて
その反動を使って鼻からたくさん息を吸う。
これをゆーっくり5回くらい繰り返すのが一番でした!


◎今日のヒトコト・・・
仕事で、ある内容のプレゼンを3社にお願いし、今日3社目の面談でした。
各社ともさすが!と、どれも納得の内容を提示していただいたのですが、今日の方が一番心に響きました。
単に良い会社さんに出会えたというより、なんだか今日は良いセミナーを受けたなぁ!というような充実感。
いつもジェスチャーの少ない私が、やたらとうなずいていて、きっとはたから見たら変だったろうな(笑)

※今日、ブログスタートから1ヶ月を迎えました。皆様ありがとうございます~!
 富士山シーズンが終わったら、読んでもらえなくなるかも・・・と心配しつつ、
 やっぱり富士山馬鹿なので、え~い!このまま続けてしまえ!なんて思ってます(笑)


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-12 22:35 | 2010富士宮口山小屋まで