富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

<   2011年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

御殿場口の人々(2) ~登り始めまで5~

売店前に山口ナンバーの白いワゴン車が来た。
そこから降りて来たのは岩国基地の自衛官数人と、その家族らしき方々。
ここに来る途中で陸上自衛隊の演習場の横を通るのだけれど、
今日は年に一度?の全国合同演習 (詳細わからない) があるようで、
かなり異空間な場所と車両と人をたくさん見た。
この方々はその参加者らしく、女性の自衛官の方が「ここ、訓練で登った?」
なんて会話を楽しそうに話していた。
(一番キツい御殿場口を訓練で登るのか…しんどそう)

そうそう、2007年の初めての富士登山の時も8月最後の土日で
ちょうど合同演習の日だった。
未知の富士山、隠れる場所のない登山道で一番怖れていたのが、
上からだけでなく横や地面からも這ってくるという雷だったから、
時々聞こえてくるドーン!という低い音に家族で真剣にビビっていた。
見かねた知らないおじさんが「これは自衛隊の演習だよ」と
親切に教えてくださって安心した。
また、3回目の時にはウワサに聞く訓練登山中の自衛官の方々の隊列とすれ違って、
おぉ!これが!
とよくわからない感心をしたのだった。

次回→地元では遠足?!

a0219656_22395195.jpg



3日連続で同じ場所の写真でゴメンナサイ。
富士山の裾野にはいくつかの演習場があり、
普段でも登山道に向かう途中で珍しい車両などが道路から見えます。
この日は本当に「ここは日本???」と思うような
すんごい車両と人がたくさん!
演習のドーンという音だけでなく、
煙もしっかり見えます。



◎今日のヒトコト・・・
明日は富士山のお山開きの日。
さっきYahooで明日の御来光を目指す方たちの写真ニュースを見ました。う~、いいなぁ。いいなぁ。
息子小1から6年連続登頂を目指す我が家にとって、6年目となる来年のお山開きの御来光は
記念に頑張ってみたいな~と私一人、密かに考えたりしています。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-30 23:11 | 2010登り始めまで

御殿場口の人々(1) ~登り始めまで4~

なかなか来ないタクシーを待っている間に、若い男性二人が下山して来た。
これから御殿場駅までの登山バス(大人1,080円・小人半額)に乗るようで、
下山口の鳥居のすぐ横にある私たちの並びのベンチに座って
足を靴から解放しながら話し始めた。
「あ~疲れた。今までの下山の中で一番疲れた~」
「とにかく長かったよな。足、膝がおかしくなった。もうこのコースはいいや」
「うぇっ!顔真っ黒!すげぇ」
などなど。
服装やらザックやらストックなんかもバッチリカッコ良くキマッていて、
一人はどうやら何度か経験しているらしき二人は、
もう懲り懲りだ~という内容をさんざん話しながら、でもとても満足げ。
まるでこの達成感を周りに伝えたいかのように声も大きく、ちょっと興奮していた。
(周囲って私らだけだけど)

でも、うんうん、わかるわかるその気持ち!
なんか分からないけど、めちゃめちゃしんどかったはずなのに、
すご~く笑顔で盛り上がっちゃって、
この達成感をたくさんの人に伝えたくなっちゃうんだよね。

次回→御殿場口の人々(2)

a0219656_21354465.jpg















屋根のあるバス停の右側がうちの旦那と息子です。
その左側にいる方々が、こんな感じで本当に楽しそうにお話しされてました。
そうそう、もっと左側の鳥居の奥から歩いている方々は、前回書いたフツーの格好で
お土産を持って下りてきた人の例(笑)
御殿場口は、本当に自然満載!他の登山口とはまた一味違います。


◎今日のヒトコト・・・
ず~~~っと頑張っていましたが、とうとう今日エアコンをつけてしまいました。
3.11の震災以来、寒くてもエアコンは封印し、トイレの温便座もOFF、共働きの我が家にとって
一番「魔法の家電」だった乾燥機付の洗濯機も、洗濯オンリーで・・・と頑張っていたら、
通常18000円前後かかるオール電化割引での電気代が10000円前後になっていました(喜)
でも、留守番の息子とうさぎの健康を考えると、今日はつけるしかない!とONすることに。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-29 22:07 | 2010登り始めまで

タクシーが来ない ~登り始めまで3~

何度か、ん?渋滞?と思う場面があったものの、
意外にあっさり(寝てたくせに)御殿場口に着いた。
思ったより駐車場が混んでいる。
とりあえず上のほうに行って無ければ仕方ない、下に停めようと探していたら、
なんと登山口の目の前が一台分空いていた。
なんてラッキー!あまりのラッキーさに「ここって停めていいの?」とビビる小心者夫婦。
だが全く問題なかった。

先にタクシー呼んどく?すぐ来たら困るから着替えてからにする?
とか言いながら、ある程度準備出来たところで電話した。
やはり慣れた感じの窓口の方が
「はいはい御殿場口ですね。売店見えます?10分くらいで行きますから、その前で待っててください。」
と教えてくれた。
10分だって!急いで急いで。
トイレも済まし、車のすぐ目の前にある小さな売店横のバス停ベンチで待つ。

…が、来ない。

ベンチに座って待つが、まだ低い朝日が正面から直に当たって暑い暑い。
15分たち、20分たち…やっぱり来ない(泣)
やっと来た~と思ったら、お客さんを乗せていたり…
旦那に何度か「電話したら?」と言われるが、
「お父さんが電話してよ!」と電話嫌いの夫婦では事が進まない(泣)
仕方ないので、しばらく人間ウォッチをして暇をつぶしていた。

次回→御殿場口の人々(1)

a0219656_2313548.jpg



我が家の車から撮影
※写真右側の雲に隠れているのが富士山です。

このお店が御殿場口新五合目にある唯一の売店です。
売店左側にある登山道から、スーパーのビニール袋に入ったお土産物を
ぶらぶら持って下りてくるフツーの格好の人がやたらと多くて
???と思いましたが、ここから10分ほど登ったところにある大石茶屋や、
その先の二ツ塚(双子山:写真左側にある二つのこんもり山)までは、
皆さん気軽に観光されているようでした。
かなり富士山らしい空間なので、登山は勇気無いなぁって方でも、
ここまで行って、富士山を体感してみるっていうのもオススメです。



◎今日のヒトコト・・・
記事UP20話を超えました!本当に富士山馬鹿なこんなつたないブログにご訪問いただき、
本当にありがとうございます。
コメントもトラックバックも公開にまだ迷いがあって、ほんと一方的で自己満足状態m(_ _)m
しかも、ブログを始めたことを伝えたのは、まだうちの家族と離れて暮らす姉家族といとこ1人だけ。
友達に伝えて近況報告にしようかな、とも思ったりするものの、
書けば書くほど「私って、富士山馬鹿すぎる・・・」ので、どーもまだ恥ずかしいのです。
(いやいや、もうバレてるってば)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-28 23:31 | 2010登り始めまで

登山仕様のコンビニとゆで玉子 ~登り始めまで2~

あわてて朝ご飯も食べずに出てきたから、当然みんなお腹がすいていた。
ゴメンね。
とりあえず登山道へ向かう途中のコンビニに立ち寄った。

この辺のコンビニ、我が家はもっぱら飲食系でお世話になっているが、
実は他のコンビニとちょっと違う。
携帯酸素や軍手、夏でも使い捨てカイロ、簡易レインコートなどなど、
あ!忘れた(泣)という方に最適な富士登山コーナーが、
どこのコンビニでも入口付近にセットされていて、最初驚いた。

さて、朝食用に各自好きなものと、富士山で食べる用の
おにぎりや大好きなゆで玉子を調達。
ゆで玉子くらい自宅で作って持って来たら?と思われがちだけど、
殻付きなのに絶妙な塩味と半熟度合いは
家庭では絶対真似できない(やってみた)メチャウマな玉子!
これまた大好きな温泉玉子と間違えて買ったら
衝撃を受けるほどハマってしまった。
だけど、メーカーによって当たり外れがあるのよね~。

次回→タクシーが来ない

a0219656_22112183.jpg


写真が無いなぁ、でも、ゆで玉子なら
我が家のいろんな行事で出番があったはず、
と探したら、ありました。2008年の運動会。
たまには良い親しなきゃと頑張って作ったのに、
最後の最後で卵焼き用の卵が無い!!と気がつき
仕方なく、朝途中のコンビニで
いつものめちゃウマゆで玉子を購入。
右下のいかにも「買いました!」的な容器が悲しい(泣)



◎今日のヒトコト・・・
予感的中~、というか、予想以上でした。病院の待ち時間。
6時間ですよ6時間!!! 出発から帰宅まで入れると8時間半(勤務時間じゃん、これじゃぁ(泣))。
せっかくの休日、ひたすら病院の中で過ごしただけ。
おまけに最後にたっぷり採血され、パトロールに間に合わないよ~って急いで帰るのにフラフラでした。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-27 22:33 | 2010登り始めまで

慌てつつ、いざ出発! ~登り始めまで1~

私か旦那が目覚ましを消したらしい(泣)はぁ。
せめて5時に起きて5時半に出発ならまだしも、
これからじゃ頑張っても6時半だ(泣)

息子を起こし、ワァワァ言いつつ、バタバタしつつ、泣きそうになりながら
なんとか車に荷物を積んで6時30分にいざ出発!
もう外は明るいけど、こうなれば仕方ない。
頭を切り替えて家族で楽しみましょう。

さて御殿場口には何時に着くかな?
九合目の山小屋には寝床の良い場所確保のために16時までには入りたい。
我が家のペースは去年やっと雑誌のコースタイムの1.5倍に近づいた。
なので逆算して7~8時間くらい引けば良いかな?
8時半には御殿場口からタクシーに乗って、
9時には何としても富士宮口五合目を出発したい。
あ~でもこれじゃあ高度順応できない。さぼったらダメ、高山病になっちゃう。
だから早く出発しようと思ってたのにぃ。私のバカバカ!

しかし…ダメだ眠い(泣)
運転してくれる旦那に申し訳ないと思いつつ、しばし睡眠を取らせてもらった。


次回→登山仕様のコンビニとゆで玉子

こんなことなら、寝ずに出発して登山口の駐車場で仮眠を取れば良かったです(泣)
だから自由度が高いマイカー登山にこだわったのにぃ。
疲れていると頭が働かないですね。
それでなくても、山小屋では寝られません!!
 (イビキかいて寝ているタフな方もいらっしゃいますが(笑)
  「暖かいところで体を休める」 という表現が正解かもと思います。)
寝すぎた~~っってくらい寝ておいたほうが絶対良いと痛感した日でした。(泣)



◎今日のヒトコト・・・
明日は病院と学校のパトロール当番で久しぶりに一日休み~(喜)
でもその病院が、前回予約していたにもかかわらずびっくりの5時間!!!も待たされたところなんです。
行き帰りの時間も含めて考えたら、明日、パトロールに間に合うかなぁ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-26 21:32 | 2010登り始めまで

いよいよ出発!なのに ~準備11~

いよいよ待ちに待った前日になり、最後の荷物チェックをしたが、
連日の宿題疲れで皆アタマが働かない。

明日の朝は4時起床→5時には出発だ!ということで、
とにかく学校が始まって疲れている上にスイミングをこなして帰って来た息子は早々に寝かせ、
運転手の旦那にもある程度の時間で限界と思い、寝てもらった。
私ももう寝たら良いのにと思いつつ、
帰って来て部屋が散らかってるのは更に疲れるので…と片付け始めてしまい、
挙げ句の果てには、今回お留守番の我が家のアイドルうさぎが撫でて~と頭を出すから
ついつい可哀想で撫でていた。
(またこれが長いっっ!何十分といつまでも撫でろと頭を押し付ける)
そんなこんなで気が付くと深夜2時近くに(泣)

あぁ少しでも寝なきゃ、と布団に入ったものの、
富士登山のワクワクと不安で頭が興奮して寝られない。
……と、ふと、そういえば目覚ましってかけたっけ?と思って目が覚めたら、
ロクジ? 
ん?6時~?!
ひゃ~!寝過ごした!!!

次回→慌てつつ、いざ出発!


a0219656_10443465.jpg








我が家のアイドル(ホーランドロップイヤー♂)
家の中で、誰が一番強いとか、誰に甘えれば良いかを
よ~く観察して知っています。
超小心者のくせして、気が強い(笑)
かわいい、わがまま王子です。
注!)普段、こんなに大人しく抱っこさせてはくれません。



◎今日のヒトコト・・・
昨日、姪っ子の大学入学祝いに初「叙々苑」してきました!部位によって当たり外れはあるものの、
やはり王道のロース&カルビ系は美味でした~。アワビのおかゆも(喜)
しかし食事内容よりも感心したのは、主役の姪っ子。
私、彼女がまだ小学生の時以来の再会だったので、緊張させてしまうかなと心配していたのですが、
人見知りせず楽しい話題をたくさん話してくれ、でも、私達に負担を感じさせないような気遣いを
常にしていて、考え方もしっかりしている大人。一緒にいて楽しいとても良いお嬢さんでした。楽しかった!


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-26 10:55 | 2010登山準備

夏休みならではの問題 ~準備10~

2010年の計画は8月28~29日だった。
いろいろあったものの、お盆も過ぎ、いよいよだ!遠足の前みたいに超楽しい(笑)。

なのに・・・子供の夏休みの宿題が終わらないよ~はぁ(泣)
毎日毎日学童行って、みんなが宿題する決まった時間、一体何をしていたの!!(怒)
という状態。
習い事や塾の宿題もそれぞれどっさり…あぁなんでこんなに多いのか。
宿題自体に親が手を出すことは出来ないが、
作文などの文字の間違いをいちいち書き直させたりする時間はすでに全くなく、
子供が書いてるそばから漢字の間違いをチェックして直させ、
完成までの時間配分を見てあげないと、もう絶対ムリ!というくらい切羽詰まってしまった。

こうして、夏休み終了前の10日間くらいは、
お弁当は旦那に作ってもらい、夕食は毎日お店のお惣菜となり、
私は会社から帰宅後夜遅くまで付きっきり、朝も会社に行くまで付きっきりで
息子の宿題が進むよう頑張っていた。
当然、家族全員が寝不足になり、私はイラつき、息子は泣き、
家の中は殺気立って旦那は帰宅が憂鬱に…。
最悪な家庭環境のなか、とうとう夏休み最終日の8月26日を過ぎてしまい、
学校が始まる27日深夜までこれが続いてもうヘトヘト。
富士山には28日早朝に出発だと言うのに、これじゃぁ体力もたないよ。

結局、夜でも明るい都会で曇り続きでは2回も星の観察はできず、
1枚は白紙で事情を説明させることに。
あと、計算ドリルが全部出来てないけど、もー知らん(泣)。来年は絶対自分で管理させるぞ!
でもまぁ、なんやかやと大変だったし完璧じゃないけど、とりあえず終わった~(喜)。
みんなに笑顔が戻った!
さあ急いで買い物だ!準備だ!楽しみだ!

次回→いよいよ出発!なのに

a0219656_22445354.jpg




宿題でダンボールウクレレを作る息子。
(まだこの時は、7月で余裕~だったんですけどね)

富士登山シーズンは7月1日のお山開きから8月末の閉山までが一般的。
それ以外は危険なので子連れはやめたほうが良いです。
2ヶ月ある!と思いきや、梅雨が明けるのが7月中旬なので
そうなんです。結局はもろ夏休み中なんです。
だから、自由研究を富士山で・・・とか、うちの2010年のように
夏休み最後に設定しているなら、
ぜひぜひ「宿題」という名の落とし穴にご注意を(泣)



◎今日のヒトコト・・・
暑い!暑すぎる!!今日は埼玉の熊谷で39度越え(驚)と聞いただけでグッタリ。
我が家は熊谷ではないのですが、「今日外学習の時、37度で、帰ったら38度だったよ」
と息子が言っていました。あんまり変わらないじゃんっっ。暑~~~。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-24 22:50 | 2010登山準備

何かにつけてお金がかかる ~準備9~

私たちは子供連れなので、登山時間に制限があるツアーは難しいと思い、
一度も使ったことが無いので分からないが、
もしかしたらツアーのほうが交通費も山小屋代も下山のお楽しみの温泉代も
込み込みで安いのかもしれない…(泣)
山小屋だけで2食付8000円×3=24000円、(土休日は8500円のところも)
途中の金剛杖に押す焼印200円×数回+山頂ご朱印300円、トイレ200円×数回、
下界の数倍する飲食代、下山後に必須の温泉代1500円×3+食事代。
などなどざっと見積もっても…うーん…40000円以上はしてしまうかもしれない(泣)
それに加えて、都度足りない装備の補充に、プラスして今回のタクシー代。
家族の一年のメインイベントとはいえ、かなり贅沢登山すぎるかしら。
とりあえず、タクシーが少しでも安いところがないか、旦那がネットで調べてくれた。

数あるタクシー会社の中でも伊豆タクシーはなんと6000円くらいしかかからず、
送迎料金も取らないという情報をゲット(喜)
さっそく旦那がその会社に電話すると、慣れた感じの対応で説明してくれ、
当日に御殿場の登山口の売店から電話すれば迎えに行きますとのこと。
やった~!これで行きは一安心。

じゃあ他に節約出来ないか考えてみることに…
山小屋毎にデザインが違う金剛杖に押す焼印と、山頂の神社のご朱印は
スタンプラリー効果が必要な息子だけにする。
山小屋で買うと600円以上するカップラーメンは持参して、山頂でお湯を沸かして作る!
うーん、これはすごくやりた~い(喜)
コーヒーも入れるつもりだったし!
最後に下山後の温泉…これだけはどこをどう考えても、ぜったいに外せない。
お気に入りの場所があるので、割引率の良い購入手段を探すしかないな。

次回→夏休みならではの問題

a0219656_22125731.jpg












金剛杖の焼印です。
いろんなデザインがあって、子供のためだけでなく、
大人もスタンプラリー効果バツグン!
登下山では杖が無いとかなり辛いです。
なので一生に一度なら、金剛杖は良い記念になります。
でもこの金剛杖、短いので800円、長いので1000円なり~。
上に行けば行くほど何でもかんでも高くなります。


◎今日のヒトコト・・・
今朝、久しぶりに揺れました。
大震災以来、会社でも家でも「揺れてる?」かどうかの判断となる
“ゆれる”目印アイテムを探してしまいます。
たとえば会社だと温度計。これで判断しないと自分がドキドキして揺れているのか、
本当に揺れているのか、たまにわからなくなってしまうのです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-23 22:42 | 2010登山準備

マイカー登山の悩み ~準備8~

この回の計画では、登山(富士宮口)と下山ルート(御殿場口)が違うから、
マイカー登山の我が家は当然車をどこに置くのかに迷った。
うちのように行き帰りのルートを変えて、
下山のみ御殿場口の大砂走りを楽しむ人は多いと本にもネットにも書いてあるのに、
じゃあ下界では駐車場までどう移動したら良いかの記述がどうしても見つからない(泣)
皆さんマイカーは諦めてツアーとか高速バスなのか?
公共交通機関を使うことも考え、いろいろ調べてみたが、
山頂では歩いて行けるくらい近くにあるこの二つのルートも、
裾野の広い日本一の富士山だけに、下界では当たり前だけど遠い!
乗り換えも多く、時間だけでなく費用がびっくりするほどかかることがわかった(泣)

お盆には富士宮口と御殿場口をつなぐバスが出ていたが、
我が家は残念ながら期間外。
悩んだあげく、じゃあタクシーで全部行ったらどうなる?と贅沢な方法を検討することに。
ナビタイムで富士宮口←→御殿場口のタクシー代を計算した。
うーんざっと8000円くらいかかるかも~!高っ(泣)。
でも最寄駅までの登山バスは高いし、乗り換えする公共交通機関の三人分よりは断然安い!
さらには、バスとタクシー半々でもあんまり変わらない!よし、タクシー案行けるかも!

富士宮口の駐車場は登山前日の夜に入っても確保が大変(泣)なのは経験済み。
五合目の駐車場がいっぱいになると、上から順に路駐となるため、
タイミングが悪いと四合目だの三合目だの遥か下から登山しなきゃいけなくなるし、
大砂走りで全身砂まみれなのにタクシーに乗るのは申し訳ない。
ということでめったに満車にならないという御殿場口に車を置き、
身綺麗なうちにタクシーで富士宮口に移動することがベストとなった。


富士宮→御殿場プランは近いからまだ良いほうなんです。
今年は息子のお友達が初参加なので、一番楽しいルートを!と思い
吉田河口湖→御殿場プランを立てたものの、
こちらはもしタクシーなら・・・20000円以上なり~(泣)今年は大人しくバスにします。



次回→何かにつけてお金がかかる


◎今日のヒトコト・・・
先ほど、新宿からの高速バスを予約しました。初めてのバス計画です。
今まで車に置いていた、着替えとかの余分な荷物、どうしよっかなぁ。それが一番の悩みです。
しかし、今年の計画もそうですが、毎年登っていても、ほんとにまぁ、
よくこんなにいろいろな問題が出てくるもんだ(泣)
(そんなこんなで登り始める話まで、まだあと3話もあります~~(長っっ)スミマセン。)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-22 22:50 | 2010登山準備

プリンスルートが気になる ~準備7~

毎年GWを過ぎた頃から、いろいろな出版社から富士山の専門雑誌や本が
続々と店頭に並び始める。
去年のとだいたい同じ事しか書いてないのに、どうしてもウズウズしてガマン出来ず、
普段雑誌なんて買わない私が、思わずまた買ってしまう。(しかも数冊…)
そこにプリンスルートが人気!注目!と書いてあった。

2008年、皇太子様が念願の登頂を果たされたルートで、
富士宮口から宝永火口経由で御殿場ルートを登るというもの。
「準備3」の地図にある富士宮と御殿場をつなぐ横の道です」)
あれ?前回の須走口の山小屋では確か「皇太子様ご宿泊」という看板があって
記念写真を撮ったはず…
あれは以前チャレンジしたけどご登頂を果たせなかった時のかな?
寝床はさすがにホテルのような特別室ではなかったけれど、
私たちが寝た大部屋ではなく、カーテンがついた空間だった。

山小屋を予約した後の、7月くらいになってから、だんだんプリンスルートが気になって来た。
超難関だけど、いつかは達成したい夢の御殿場ルート。
それを全部登るのは本当に大変!無理!
でもこのルートなら御殿場は半分だし、山小屋は多分他よりはすいていて、
寝返り出来ないほどギュウギュウに押し込められず、酸欠にはならないで済むかも(喜)。
真冬の寒さのなか、寝不足日帰り登山のキツさに比べたら、
やっぱり山小屋で休憩するほうがずっと良いので今回も予約したのだけれど、
前回の初山小屋では、うわさに聞いた通り本当にギュウギュウで、
閉所恐怖症の私はパニックになるかと思った。

7月をとうに過ぎ、せっかくルートが決まって予約も出来たのに、
今さらプリンスルートに憧れを持ち始めた勝手な私に、旦那は全く反応してくれない(そりゃそうだ)。
諦めの悪い私も仕方なく富士宮口での準備に本腰を入れることに。

a0219656_22123365.jpg







小さな山小屋に、ウン百人が寝ます。
「枕一個分がお客様の幅です。」
と言われてビックリしたら、その枕が
A4用紙サイズでさらにビックリ!!
写真2段目の空間に10人が寝ると
思ってください(泣)
これでも昔より改善されたんだそうですよ。


◎今日のヒトコト・・・
息子が「あれって、アスパラだよね」と私に聞いたので、てっきり食べ物の話かと思ったら
テレビに映っていたのは「アルパカ」でした・・・。
「上を向いて歩こう」が流れてきて言った一言が、「坂本九太郎って~」だった。もう笑うしかないです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-21 22:37 | 2010登山準備