富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

<   2011年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

念願の影富士 ~山小屋6~

山小屋のご主人の知らせで
私たちも念願の影富士を見ることに。

先に食べ終わった旦那が外に見に行ったが、
しばらくすると、すぐ帰って来た。
山小屋の中はちょうど良い暖かさですっかり忘れていたけど、
どうやら外は寒いらしい。
上着を取りに部屋に戻りたいのだけど、
必要なものを手提げバックとかにまとめて持ち歩くなんて
気の利いた(基本だね)ことができてなく、
さっきもお菓子やカメラを何度も取りに行って同室の家族の邪魔をしているから、
もう行く勇気もない。
仕方ないから私も息子も薄着のまま外に出た。影富士はどこかな?

息子と断崖絶壁の先の下界に落ちる、日本一大きな影を探したいが、
同じように覗き込む人が多くて全体が見えない。
たまたま隣の土管のようなものの上に立って見ていた人が降りたので、
息子に「上ったら見えるかもよ」と勧めてみた。

見えた見えた!大きな大きなまさしく日本一の影!
期待していたくっきり三角ではなく、
右のくっきり境界線に対し、左側の影がフェイドアウトしているタイプだったけど、
すごくおもしろくて神秘的!見れて良かった~。
なんともスケールの大きな体験だった!

次回→お得~ポン

a0219656_22552433.jpg











すごいときは、本当に△の大きな影が見えます。
最初、「影富士って???」と
よくわかっていなかったのですが
WEBや本で写真を見て、あまりの大きさに
一度は本物を見てみたいと思っていました。
やっぱり大きいんですね~。


◎今日のヒトコト・・・
今日は何しようかな、なんて思っていましたが、めずらしくまじめな主婦してました(笑)
昔、母が「主婦業って、やればやるほどいくらでも仕事がみつかって忙しい」と言っていたことを思い出しました。そうんなですよね。さぼっちゃうとサボれるんですが、やり始めると、あ!あれも!こっちも!と、どんどん数珠繋ぎにエンドレス状態におちいります。
な~んて、そんなまじめな主婦じゃない私の場合は、毎日まじめじゃないからこそ、こんなときに忙しくなっちゃうだけなんですが。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-31 23:10 | 2010山小屋

山小屋の定番カレー ~山小屋5~

17時50分、食堂は宿泊客だけではないので、
相変わらずごった返していた。
とりあえず席を確保して、旦那と子供がチケットを持って注文しに行ってくれた。

私は今までに無いくらいの頭痛で、
早く胃に何か入れて薬を飲みたかった。
…っと思っている間に、もうカレーを持って帰って来た!早っ!

水が貴重な富士山では、器やコップは使い捨て。
ご飯とカレーがあるだけで野菜も無い超シンプルなメニューだけど、
なぜだか超ウマイ!
すんごく早く食べ終わってしまった。

山小屋ではカレーが定番!と言われるのが、なんか分かる気がする。
息子はすっかりハマっていて、自ら
「山小屋と言ったらカレーでしょう!」
とかわいい生意気を言っている。
そのカレーは足りなくておかわりしたいくらいだったけど、
持参したお菓子をデザートにして満足満足。

そうこうしていると、山小屋のご主人らしき人が
「影富士出てるよー」とお客さんに向かって大声で教えてくれた。

次回→念願の影富士

a0219656_22411461.jpg











山小屋で2食付の場合は基本的に、
本当に具のないカレーにご飯だけなんです。
(ハンバーグなんてところもありますが)
でも、万年雪山荘さんは雪解け水を使って
圧力釜でご飯を炊いているので白いご飯自体がおいしい!
手前にあるお茶も美味しかったです。


◎今日のヒトコト・・・
圧力釜、いいですね~。実は、我が家には炊飯器がありません。8年前くらいに雑誌で無印良品のご飯炊き土鍋をみつけてから、その美味しさにはまり、それから今のオール電化に引越して土鍋が使えなくなってからもやめられず、専用の鉄鍋を探して毎日それで炊いています。
ちょっとめんどくさいんですけどね~、でも美味しいからやめられないんです。白いご飯だけでいただけちゃいます。(だから横に成長するんだよ~泣)
高いけど最近のIH炊飯器のご飯って美味しいって聞くのですが、ウン万円払って、もし鍋炊きご飯より美味しくなかったら・・・と思うと手が出ないんです。
でも、それよりも美味しいと思っているのは、実はガス炊飯器! 旦那のお母さんが使っていて、早いし圧力あるうえに本当に美味し~。 帰省の時、あのツヤッツヤのご飯を毎回楽しみにしています。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-30 23:06 | 2010山小屋

同居人とご対面 ~山小屋4~

ちょっとウトウトしていたが、次から次へと宿泊客が到着し、
その度に小屋のお兄さんがオウムのように
同じ説明を繰り返すから目が覚める。
唯一違うのは上か下か、手前か奥か、そして人数…
これがビックリ!
他の団体のほとんどが一部屋2畳弱に10名!
しかも大人ばっかりもある。
(注! これは誤りです。奥と手前に5名+5名だと、
 そのときは勘違いしていました。一部屋5名が基本のようです)


うちが3名で同居人が4名ってことは、
きっと家族同士の組み合わせか何かだね。
と思っていたら、下から
「すみませーん」という声がした。
下を覗くと小学生くらいの姉妹を連れた家族だった。

あ、奥の4人だ!と思い、
「ここの部屋の方ですか?よろしくお願いします」と挨拶した。
部屋に入りたい様子だったので、
じゃあ我が家は食事に降りますねと伝え、
先にハシゴを降りさせてもらった。
その時旦那さまに「何時に出発されますか?」と質問されたが、
まだご来光を山小屋前で拝むか、頂上で拝むかが決まってなかったので、
曖昧な返事になってしまったが、
同居人が子供連れのご家族で良かった。
こちらも子連れだしお互い気を使うポイントが同じだからね。

次回→山小屋の定番カレー


a0219656_231383.jpg
食事前だったか後だったか、
息子が寝ているときに唯一撮った写真です。
向かい側の2階建ての小部屋が見えますが
ハシゴとハシゴの間が一つの部屋の幅です。
「一部屋に10名寝るのか!子連れは少なく
優遇されているのね~」なんて
今この瞬間まで、喜んでいたのですが、
他の皆さんは一部屋5名なのに、
逆にたくさん詰め込まれていたんですね。
(冷静に考えたら、10名は無理!)
子供がいるとはいえ、同じ料金を払って7名とは・・・
いまさらながら、かなりショック~。



◎今日のヒトコト・・・
今日は、またママ友に頼まれて、先週富士山に一緒に登った息子の親友が泊まりに来ています!
先週はぜ~んぜん私としゃべってくれなくて、「もう、そんなお年頃なのかな」と寂しく思っていましたが、今日はとてもよくおしゃべりして、一緒に世界水泳で盛り上がりました。
やっぱり、富士山の時はかなり緊張していたのかな? でも二人とも本当によく頑張ったね!
ついでに、よそ様のお子さんを無事に連れて行くことができた私も、自分で誉めてあげちゃおう!
だって、だ~れも「よく頑張ったね」なんて、誉めてくれないんだも~ん(笑) 
うん、頑張った頑張った。(自己満足)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-29 23:46 | 2010山小屋

山小屋の寝床環境2 ~山小屋3~

敷き布団は両端が壁に当たり折り返されているものの、
横幅は十分ある。
足を伸ばさず小さくなるか、L字になれば寝られるかな?
壁がある分、知らない人とぎゅうぎゅうに密着して
寝返りできない去年よりかなりましだわ。

しかしこの2階部屋は本当にコワイ。
2階の床が下から約2mくらいの高さにありながら、
実は廊下側に柵が一切ない。
天井に吊した荷物を取る時などは、
約2m+身長の高さから見下ろす廊下にフラッと落ちてしまいそう。
しかも奥行が短い寝床のせいで子供がどうしても
ニョキニョキと廊下側に伸びようとしてしまう。

更には窓がなく、奥に向かって屋根が低くなっている。
小さな裸電球が点いているけど薄暗く、
ものすごーい圧迫感。

小屋の方がどうやって部屋割りを決めるのかは分からないけど、
閉所恐怖症の私は、
廊下側で本当に良かったと思った。
壁の無い大広間状態だった前回でさえ、
ぎゅうぎゅうで軽くパニックになって怖かったから、
奥だと大袈裟じゃなくダメかも。

次回→同居人とご対面

詳細は前回の下手な絵をご参照ください。
窓は隣の小部屋にはあって、うらやましい!と思っていました。
ザックなどの荷物は、両方の壁の天井付近にフックがあり、
そこに吊るすのですが、本当にめちゃくちゃ高くてコワイ!!
要領の悪い私は、お財布や行動食、カメラやヘッドランプなどの手荷物を
しっかり一度で準備して吊るさないから、何度も上げ下げしてコワイ思いをしてしまいました。


◎今日のヒトコト・・・
昨日、会社のお祝い会で久しぶりに飲み会に行きました!私、お酒は強い家系なので、めったなことでは酔わないし、酔っても30分くらいですぐに醒めてしまう悲しい人。 
でも、なかなか子供を置いて飲み会に参加できないので回数も減り、普段ほっとくとついつい水分を摂るのを忘れてしまうタイプなので、そんな状態でグビ~~ッとジョッキ(?個)を飲み干したら、あらあら・・・珍しく帰ってからも、何だかフワフワして気持ちよく、そのままPCも開かずしっかり寝てしまいました。 たまには酔った感覚もいいもんだわ~。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-28 22:56 | 2010山小屋

山小屋の寝床環境1 ~山小屋2~

山小屋のお兄さんが2階部分の小部屋を指し、
テキパキと説明する。
この部屋の奥を頭にして4名の方が寝るので、
お客様はこちらの廊下側を頭にして
3人で寝てくださいとのこと。
見るところ、廊下側の幅は畳の長い辺くらいはある。
おぉ!もしかして広い?やった~!
と靴を脱ぎながら話していた。

部屋へはハシゴを使う。
2階は旦那の身長より高く、長いハシゴは垂直に付けられているため、
重い荷物を背負い、更に疲れた体で登るのはますます怖かった。
まず旦那が登り、子供、私と続いて登った。
…が、狭っ!狭い!ここって2畳ある?
奥の4名は荷物だけ残して姿はなかったが、
どこにどうやったらこの空間に7名が入るの???

驚きのあまり何だか変に盛り上がる我が家。
とりあえず今のうちにどうやって寝たら良いか
3人であーだこーだと横になってみたが、
どこまでが我が家の陣地か分からないので掛け布団をはがしてみると、
シングルの敷き布団が奥と手前に1枚ずつ。
なるほど!敷き布団一枚を横にした中に3人が寝るのか。

次回→山小屋の寝床環境2

a0219656_022093.jpg















写真が撮れなかったのでイラストで説明します。
(よけいに、分かりにくいか???下手でスミマセン)

描いてみたものの、まず、真ん中廊下は、
こ~んなに広くない(この半分くらい)で、
その左右に小部屋が2階建てであります。
他の山小屋も2段ベッド方式なんですが、仕切りが
ほとんどなく、大部屋が2段になった感じなのに対し、
こちらは一つひとつがちゃんと部屋になっています。
なので「やった!」と喜んでいたら、奥行きがなかった・・・。
でも、壁がある分こちらのほうがよかったように思います。
(3名で使わせていただいたからかもしれません。5名だと怖い)


◎今日のヒトコト・・・
ひとまず病院はクリア!今日もたっぷり採血され(前回5本!今回3本)、またもやフラフラに
なりながらの帰宅。
2週間後にまた他の検査が入ってしまいましたが、「念のための検査」という、少し安心できる
お言葉をいただいたので、えぇい!この際中途半端に終わらず、何でもかんでも調べてくれ~
という、開き直り状態です。
ま、人間ドックに行ったと思えばいいもんね~。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-27 00:25 | 2010山小屋

無事宿泊地へ ~山小屋1~

ふぅ、息が続かないよ~。 頭も痛いよ~。
でもあと少しあと少し・・・。

この区間はこんな調子で一生懸命だったから、
みんな無口でさすがにあまり記憶がない。

16時8分、やった~着いた~!嬉しい!!!みんな頑張ったね。
早く落ち着きたい、その一心で
とりあえず万年雪山荘と書いてある巨大な石の前で写真を撮り、
そそくさと山小屋の中へ。

山小屋の食堂はすでに満員御礼!すごい人・人・人!
超忙しそうな山小屋のお兄さんを何とか捕まえて
予約をしている事を伝える。
台帳に記入して3名分24000円を払った。
夕食と朝食のチケットを受け取り、いざ寝床へ!
さて今回はどんなんかな?

無事到着した興奮と寝床環境への不安のなか、案内されたのは、
通路を真ん中にして両側に2階建ての小さな部屋がずらりと並ぶ空間。
前回より個室っぽいけど、
この一つの部屋に何人寝るのかが問題…ドキドキだ。

次回→山小屋の寝床環境1

a0219656_21322339.jpg




さすがに九合目を宿泊先にしたのは
辛かった~。
なんとか明るいうちに到着し、ほっとしました。
この先、山小屋の話が続きますが、
どうしても中の写真って、他の人の
迷惑になりそうで撮りづらい・・・
なので写真があんまり無いんです。

でも、我が家がまだ山小屋に泊まったことが無かった頃、
どんなところか本当に不安で、いろいろ検索して
心の準備ができました。
我が家が体験した萬年雪山荘さんのレポートも
どなたかの心の準備に役立つことができたら嬉しいです。


◎今日のヒトコト・・・
もう行かないで済むのかと思いきや、明日はまた午後病院です(泣)。
今年富士登山のために数ヶ月前から日を決めて仕事のお休みをいただく準備をし、なるべくこの日の周辺は休まないように一生懸命調整して来たのに、ものの見事に通院で休みを取りまくっています。
よくしてくださる上司に迷惑をかけたくないし、私の事で休みがなくなって、息子の学校行事になかなか参加できなくなってしまうのもイヤ・・・。困ったな。
さてその病院、当分まだいろいろあるらしく、いったいいつまで行くことになるのやら。大したことなのか、大したことではないのか、病院はやっぱり気分的にイヤです。 あ~憂鬱だ~。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-25 21:58 | 2010山小屋

日本一の山だからこそ ~山小屋まで17~

正直、私は富士登山で毎回緊張している。
雨、落石、滑落、雷、高山病などなど、山頂まで諦めずにたどり着けるか、
無事、怪我なく帰って来れるのか…
私、相当な心配性なのかな?

毎年、滑落や落石、落雷や病気で何人も亡くなる方が出る。
日本一の山なのに、一大観光地になりすぎた富士山。
でもやっぱり山なんだよね。
それなりに心して、装備もしっかりして挑まないと。

富士登山は山頂まで無事登頂できるのは5割と言われている。
我が家は、毎年登頂しているとはいえ、
最初はかなりオススメ出来ない、ムリな登り方をしていた。
今思えば小さな子供を連れて、
ずいぶん危険な計画を実行していたのかもしれないと、
回を重ね、より良い登り方が分かってくる度に、強く感じてしまう。
(後で考えれば考えるほど、怖いと思うことがあります)

我が家は三人とも、たまたま体力がある家系だったのと、
単にラッキーが重なっただけ。
毎回気を引き締めて挑まなければと、
心配性な私は一人、またそう考えながら登っている。

次回→無事宿泊地へ

a0219656_0345483.jpg






今年、7月23日朝の山頂からの景色です。
今回も最高にきれいでした!

今回のブログ、少々偉そうですみません。
でも、真っ暗な中、誰も居ないプリンスルートの
下山で、親のほうがパニックになってしまったことや
日帰り御来光登山の帰り、ものすごい寝不足状態で
危ないと思いながら車で帰ったり、
実際に今思えば小さい子がいるのに
なんて無茶しているのかと
思い出すたびに反省してしまいます。



◎今日のヒトコト・・・
痛い・・・痛いよ~~~。筋肉痛がひどいです。悲しいのが昨日よりも今朝よりも、夜になるほど痛みがひどくなること(泣)。歳を感じます~。しかも太い足が更にむくんで太っっ!!!
明日(あ、もう今日だ)はコピー機までの数歩がしんどいだろうなぁ。あ、その前に、通勤って階段がめちゃくちゃ多いんです。ぜったい明日、歩き方ヘンな人で恥ずかしいだろうな。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-25 00:58 | 2010富士宮口山小屋まで

3250m八合目池田館 ~山小屋まで16~

山小屋の真下になるとだいたい、かなり傾斜がきつくなる。
しかもだんだん狭くなり、ちょっと横にそれて休む、
なんてことができる場所がなくなるから、
他の人の迷惑にならないよう一気にテンポ良く登らないといけない。

あと少し、あと少し、
ふぇ~着いた~!
14時42分、八合目池田館に到着。
息子と二人、とたんに笑顔になる。

すでにトイレを済ませて待っていた旦那と合流。
ちょっと愚痴をこぼしつつ、
すぐに二人のすごいお年寄りの話しで盛り上がった。

3250mかぁ、頑張ったなぁ。
今日泊まる万年雪山荘まであと一区間だ!
疲れもあるけど、今朝寝坊して焦っていたのが
ウソのように時間的にも挽回でき、景色もきれいで気分が良い。
高所恐怖症の私でも、この景色を見たい気持ちにはかなわない。
あぁ、本当にきれい!

次回→日本一の山だからこそ

a0219656_22619.jpg







ベンチの回で書きましたが、ここでは
下が網になっています。(コワイ!)
でも、これだけ天気が良くて
これだけ気持ちの良い景色が目の前にあったら・・・
やっぱり見ちゃいますよね~。


◎今日のヒトコト・・・
行って来ました!今年の富士山!3年ぶりの吉田河口湖口はものすごい人で、しかも富士登山l競争の日でした。皆さんあの富士山を走るんですよ。しかも五合目よりもはるか下の市役所から。それも驚きですが、遠足が多かったこと多かったこと。おかげで、昼間から大渋滞の富士登山となりました。
初参戦の息子のお友達は、高山病で頭が痛いなか、一人で我が家のイベントに参加し、最後まで頑張りました。そして、息子もちゃんとずっとお友達をサポートしていて、本当に二人を誉めてあげたいです。
今までで一番お天気にめぐまれました!そして暑かったし寒かった~。今回は私がその体力についていけず、今更ながらかなり辛かったです(泣)
今日は今これを書いているときも、寝不足と疲れでふらふらで頭が回りません(笑)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-23 22:32 | 2010富士宮口山小屋まで

先に行く父 ~山小屋まで15~

最初はつらくて、私たちのすぐ後ろか
ちょっと前とか近くにいた旦那は、
私がつらくなるのとは逆にだんだん元気になっていた。

すると最初は息子をみてくれていたのに、
やっぱり居なくなる!
はぁ?
どして???
頼むからグチグチ言う息子とつらい奥さんを
置いて行かないで欲しい(怒)

さっきのおばあちゃんと、スーパーおじいちゃんの話に
一切旦那が登場しないのはこういう理由だった。
息子と 「お父さんに、あのおじいちゃんと写真撮ったこと、後で自慢しよーね」
と、すでに遠い八合目の山小屋から
優雅に下を眺めている旦那を見上げながら、
ちょっとスネぎみに話した。

さてそんなことを言われている父の言い分はというと、
「お腹が痛くてトイレに行きたかった」
とのこと。
まぁ仕方ないけどさー、一言そう伝えて欲しいわ。

次回→3250m八合目池田館

a0219656_22184529.jpg


普段でもだいたい置いて行かれるのですが・・・
さすがにこういう場所で置いて行かれるのは
どうにも困ります。
でも、お腹が痛いなら仕方ないですね。

吉田河口湖口は山ほど山小屋があるので
トイレは安心ですが、他のルートは良く考えないと
いざという時、どこにも隠れる場所はありませ~ん(泣)
でも「小」のほうは、水分を一度にガバガバ飲まないで
一口ずつこまめに飲むと、汗で消費されて
あまりトイレを心配しなくて良いと本に書いてあり
その通りにしたら、見事に大丈夫でした!
ちなみに我が家は初回の下山で息子の小を
空きペットボトルでお持ち帰りした経験があります。
(こんな話しでスミマセン。でも神聖な場所なので)


◎今日のヒトコト・・・
今年の富士山、明後日22日出発の我が家は台風が気になって仕方ありません!しかも今日都内は雨の予報なのに、なぜか時々晴れ間まで現れ、逆に不気味な感じでした。
いよいよ出発~~(喜) いつものように、楽しみで仕方ない気持ちと、今回も怪我無く無事に帰って来れるかの不安がシーソーのようにゆらゆらしています。
それと、こんなに早い時期に登るのは初めてなので、下山後ってきっと「つまんないよ~」ってなってしまう予感がして今からすでに悲しい。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-20 22:43 | 2010富士宮口山小屋まで

すごい登山者2 ~山小屋まで14~

そんな親子の無事を祈りつつ、不機嫌な息子とまた岩場を登る。
狭い、きつい、息が苦しい。
でもとにかく今日の宿までは明るいうちに着かなきゃと頑張っていた。

そこへ、青いヘルメットにベストを着た見覚えのあるおじいちゃんが、
ポンポンポンッとリズミカルに下りて来た。
あ!あの人だ!富士山の雑誌に出ていた
毎日登ってるというあのスーパーおじいちゃんだ!
名前がすぐに出て来なかったけど、
こんにちは~と挨拶した時に話しかけてみた。
「あの、富士山の本に出られてた方ですよね。写真一緒に良いですか?」
と言うと、笑顔で
「いいよ!でもよく分かったね~」と言いながら、
こうしたら顔がよく写るよと息子の帽子を直して並んでポーズをとってくれた。

「今日で何回目ですか?」の質問に
「え~と、745回(←だったかな?)。お兄ちゃんは4回目かぁ、ベテランだね~。
おじさんは何回登ってもツラいけど、おじさんでも頑張ってるから、頑張って」
と辛そうな顔をしている息子を励ましてくれた。

別れ際、「万年雪山荘に泊まるなら、『佐々木小次郎』に会ったと伝えて!」
とカッコ良いセリフを残して去って行った。
ヤッター!今日はすごい日だ。

次回→先に行く父

a0219656_22511497.jpg



この方、超~有名な佐々木茂良さんです。
少しお話ししただけでも心の温かさを感じられる方。
(おじいちゃんって言ってゴメンナサイ。
 有名人ですが、お顔は許可をいただいていないので、
 一応隠します。)

64歳で初登頂して以来、厳冬期以外毎日毎日登って、
なんと800回を超えている鉄人です。
しかも下山してから金太郎伝説のある金時山にも
登られているとか・・・もう鉄人以上です。

先日本屋で「まいにち富士山」という佐々木さんの本を
発見し、しかも平置きされていて「すご~い!」と
息子と感激してました。


◎今日のヒトコト・・・
漏水事故、原因がわかりました!上の階の方のまだ新しいエアコンの排水管がはずれていたとのこと。
不注意の事故ではないのに、上の方も据付業者の方もすばやく対応してくださり、お互い気分を害さず進めることができました。ありがとうございます。
さて、実は我が家も数年前に漏水事故をやってしまして・・・こちらは温水器。
これも不注意ではなく、明らかにメーカー側しか触らない箇所のホースがたった数年でぼろぼろになって熱湯が漏れていました。すぐに据付業者の方に応急処置していただき、ご迷惑をかけたお宅に謝罪に回り、電機メーカー大手のT社にメールし電話もしましたが、新しいホースに交換しただけで、こちらから電話しないと連絡なし!謝罪もなく、どうしても補償の話しを一切無視する作戦のようで、数ヶ月本当に大変でした。
結局は、近くのマンションでも大量に同じような事案があったことがきっかけでPL法の適応となりましたが、リコールにならないのが不思議。ファンだった我が家にはT社家電がたくさんあり、見るたびに今だに悔しい気持ちを思い出してしまいます。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-19 23:43 | 2010富士宮口山小屋まで