富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

<   2011年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

なぜか行けない宝永火口 ~宝永火口2~

実は2007年の最初の登山前に
富士宮口五合目に下見に行っている。

その時は六合目まであと少しという時に、息子が
「トイレ~!」
と言い始めてしまい、
まだ六合目がどんな状態なのかがわからなかったこともあり
なぜあなたはこのタイミングなのよ…(泣)
と最悪な気持ちで引き返した。

そこで、「もう一度六合目に行ってくる!」と言う旦那と息子を
五合目のベンチで待っていたら、
そのまま二人は火口まで回って来て、
私は延々と2時間近く待ちぼうけをくらってしまった。

また、おじいちゃんが来てくれた時に、
宝永火口でコーヒーを楽しんでもらうサプライズを企画していたのに、
行ってみると登山口は豪雨となり、
仕方ないので無理やり五合目の2400mの看板の前で
写真を撮っただけで断念してしまった。

なので家族で私だけがまだ宝永火口に行ったことがなかった。

2009年、
3回目の下山後もまたまた富士山熱が上がってしまい、
まるでアイドルに熱狂するファンのように、
自分でも笑えるくらい頭の中が富士山だらけになっていた。

イベント満載な夏休みだったこともあり、
9月は大人しくしなきゃ!
と言い聞かせていたのに、やっぱりしびれが切れてしまい
どっか行きたいよ~(泣) という状態になってしまった。

ならば宝永火口に行ってみよう!ということで
家族の意見が一致し、ある休日の朝、突然決めた。

次回→宝永火口ハイクに行こう!

a0219656_23215325.jpg










2007年の9月、おじいちゃんが息子の運動会に来てくれた時に、異空間な富士山を体験してもらいたくて、コーヒーサプライズを計画した時の写真です。
雨、写真では分かりにくいのですが、風もひどくてかなりなモンでした(泣)
でも、父の笑顔が嬉しかった! この後、御殿場口にも行ってみたのですが、雨がちょうど止み、なんと虹のサプライズが! そして前回「すすき」の回で書いた、広い広い広~いすすき野原にも出会うことができた、思い出の写真です。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-30 10:13 | 富士山周辺のお話

富士山の横ルート ~宝永火口1~

富士山の楽しみ方には、
遠くから眺めたり、縦に登るだけじゃなく、
実は横ルートもある。

横ルート(私は勝手にそう呼んでいる)とは、
吉田河口湖口の登山道から大沢崩れまで山腹をぐるっと向かう御中道や、
御殿場口から登れる双子山など
五合目あたりから行けるハイキングコースで、他にもたくさんある。

富士山の雑誌を読みあさっていると
必ず出てくる人気のハイキングコースだ。

その中に、1回目の下山で、
真っ暗闇のなかを延々と続く恐怖と戦いながら通った
宝永火口ルートがある。
初めての時はまだ、どうしても富士山に登ることにしか目が行かなくて、
周辺にある宝永山や火口は、ただの下山迂回ルートで、
人気のハイキングコースだとは気がついていなかった。

だから、下山の時にまさか何も見えない真っ暗な火口の底で、
歩くわけでもなくずっと座り込んでくつろいで話している人がいるなんて!
と、不思議で怖くて仕方なかった。

本当に真っ暗闇で、
自分のヘッドライトが照らす周囲2m程度しか見えなくて、
ものすごく長い長い道に感じられたあの恐怖以降、
宝永火口の実物がどんなものだったのか、
明るい時に全景を見てみたいと思っていた。

次回→なぜか行けない宝永火口

a0219656_2224827.jpg


















「富士山ブック2011」より
雑誌には、富士登山を経験したあとに、もう一度富士山へ!と提案してあり、富士山バカな我が家(というか私)はどうしても行きたいと、思うようになっていました。しかし・・・ハイキングとトレッキングの違いというか、ハイキング自体がどういうものかを全く理解していなかった私。この先、富士山が恋しくて突然行ってみたり、ハイキングの実際を知らない、その辺の甘さを痛感しながら経験したことやなんかを書いていきたいと思います。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-29 22:17 | 富士山周辺のお話

今日のヒトコト…京都出張

今、京都から帰る新幹線の中です。
京都~♪ と言っても、残念ながら出張…

でも、なんと用事は午後からだけ!
いつもは午前中から目一杯仕事が入っているから、こんな機会めったにないぞ!

さて、午前中はどうしていたかと言うと、北野天満宮に行って来ました♪
北野天満宮と言えば、学問の神様 菅原道真公をご祭神とした、
日本に一万二千社ある学問神社の中心。
受験生の甥っ子を持つ叔母としては、これは絶対行きたい!!
と、ちょうど思っていたところに、なんて素晴らしいタイミング。

さてさて、これだけ有名な場所だし、昔8年も住んでいたんだから
行ったことがあるだろうと思いながら行ってみたら、
あれれ?景色に見覚えがない。
うーん…確かに来たことあるはずなんだけどなぁ。
ま、新鮮でいいか…
と、物忘れの悪化から目をそらしてご祈祷受付へ。

ご祈祷していただくには、少し時間が足りないかな?
と心配していたら、なんと申し込みすれば私が居なくてもご祈祷していただけるとのこと!

さっそく申し込み用紙に甥っ子の名前やら住所やら志望校を記入し、受付に持って行くと、
お札や御守り、絵馬やハチマキ、鉛筆などのセットをいただきました。

そして驚いたのが、ご祈祷です。
申し込みすると、一度ご祈祷してくださるものだと思っていたら、
なんと!明日の朝から来年の3月末まで毎朝ご祈祷してくださるとのこと!
す、すごい♪ありがたいです。

めちゃめちゃ嬉しくて、ひたすら感心しながら、絵馬を奉納する場所に移動。
しかし、置いてあるのは小筆オンリー(泣)
しかも、筆ペンじゃあありません(泣)

ひゃー困ったなぁ…
でも、絵馬だけは私が書いて、ここに奉納しなければ!
覚悟を決めて、下手でも気持ちを込めて時間をかけて、真剣に書きました。
辛い受験勉強も、この先の彼の人生の糧となりますように。


a0219656_21555467.jpg


a0219656_21563566.jpg









人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-27 22:05 | 今日のヒトコト

今日のヒトコト…すすき

9月のお月見の時に、
関東ではすすきを見かけないような気がするなんて書きましたが、
ありました!ありました!

しかも、よくよく見れば毎日の通勤電車の線路沿いなんかにも、
それはそれはたくさん…

その話を書こうかなぁ、でも書くにはそこまでの話題性が無いなぁ
なんて思っていたら、
昨日、箱根の仙石原の「すすきの原」の前を通ることができたので、
ちょっと寄り道してみました。
(すすき野原…ではないんですね。)

もともと箱根あたりに用があり、雑誌ランドネの写真にあった、
一面すすきの原っぱの仙石原が近いかも!
と、ちょっと気になっていたのです。
しかし、きっちりした場所がわからず、ぐるぐる探して
もう諦めよう…と話していたら、ちょうど演出のように、
ぱぁっと現れました!

すごーい!きれい♪


昔、じいちゃんを宝永火口に案内したけど、
大雨にたたられて残念な思いをしていた帰り道、
富士山の裾野にずーっと広がる広い広いすすき野原を見て感動したっけ。

場所は違うけど、今回もなかなかの見応えっぷり!
観光客の方も、たくさんでした。

そんなことを忘れて、
関東ですすきを見かけないなんて書いてしまった私。
ほんと、失礼しました。

写真が下手くそで、広さが伝わりませんが
すすき、しっかりアートですね。

a0219656_21183048.jpg














そういえば、よく見ると、すすきの造りが違うような。
これまた未確認情報を書いてはいけないですが、葉っぱの出る場所が違うと思うのです。
今度実家に帰ったら、よく観察してみよっと。
ちなみに写真のポーズは風に揺れるすすきなんだそうです(笑)


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-24 21:40 | 今日のヒトコト

いつかみんなと行きたい ~2009上高地3~

途中、有名なホテルをちょっと覗いてみたり、
「日帰り湯だって!行ってみる?」なんて言いつつも、
やっぱり時間がなくて断念。
「じゃあ足湯くらいは?」
と思っても濡れていて座れない。

ただただ時間を気にしながら歩くだけ…
もったいないなぁと話しながら、それでも満足している我が家。

普段楽しいことばかりではなく、
それぞれ日々大小のストレスを抱えている。
でもたった3時間の癒やしのおかげで、
いつしか気持ちがほぐされているのを感じていた。

観光地だからではなく、
癒やされるこういう場所だからこそ、
親や姉家族、友達といった大切な人を連れて来てあげたい。
いつもそう思う。
旦那も息子も「今度はじいちゃんや、おばあちゃんと一緒にどう?」
と言ってくれる。

そんななかで富士山には一度は一緒に登りたい。
でも登りの辛さだけでなく、
きれいではない上にぎゅうぎゅうの山小屋、高山病、そして一番心配な下山。
富士山ほど大変なところもないと思うから、
大切な家族が怪我せず、登って良かった!
と良い思い出にしてあげられるだけの自信や体力が、
まだ我が家にはない。

なので、せめて上高地のような場所には
どうしても一緒に行ってみたいと願っている。

次回→富士山の横ルート

a0219656_23551032.jpg











もう一度「大正池」の写真(上)と、有名な河童橋からの写真です。この時の上高地には本当に癒されたのに、なぜか写真で見るとあまり良くないですね。やっぱりちょっと暗い・・・。
でも、気分は晴れ晴れしていたので、写真を見ないで思い出しながら携帯でレポートを書いている時は、ものすごくきれいな景色が広がっているんです。
いやいや、写真ではこんな感じですが、本物はきれいだった!と言うほうが正しいかもしれませんね。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-22 10:01 | 富士山以外のお山

たった3時間の癒やし ~2009上高地2~

時間配分を考えて、
河童橋のバスターミナルからぐるっと一周するのではなく、
バスターミナルより手前の大正池で下車して
河童橋まで歩くことに。

まだまだ降る雨のなか、傘をさして出発。
しかし、雨がだんだんとゆるくなってきた。

長い年月をかけて流れてきた砂で
すっかり覆い尽くされて
ほとんど流れる場所が狭くなった池には、
巨大な流木や、立っているが骨のように風化した木々があり、
なんとも不思議な光景。

また、「木道」というものに憧れがあった我が家は、
天気が悪くても、滑りそうな林の中の道でも
ただ歩くことが楽しかった。

富士山では泣いていた息子も、
ひたすらバスに乗って、ひたすら歩くだけの休日なのに
「気持ちいいね~!登らなくていいし楽だね~!」
と素直に自然を楽しんでくれた。

しばらくして川沿いに出たとき、
急にパァッと一気に晴れた。
空気が澄んでいて景色がまぶしい。
川の水の流れる音が心地良く、
雨が降っていたにも関わらず水が本当にきれいだった。

大げさではなく、ふぅっと気持ちが軽くなるのを感じる。
やっぱり自然はいいなぁ。

しかし、許された時間はたったの3時間。
残念ながら、急がなくては。
シンデレラのような心境になりながら、先を急いだ。

次回→いつかみんなと行きたい

a0219656_23193627.jpg








こんな巨大な流木(こういうのも流木って言うのかな?)、すごいですね~。
下の写真は、ぱぁっと晴れた時の写真です。
ちょっと分かりにくいのですが、本当に水がきれいでびっくり!
流れもけっこう早かったのに、底が見えてるし。
何よりも笑顔になっている息子が、景色のすばらしさを表現してくれました。

この時もそうでしたが、なんだか我が家って、いつもこうやって「時間がない~」って急ぎ足なんです。
おかげで、いろいろ一日で歩ける距離はかせげるんですが、もう少しゆ~っくりと、いろんな小さな発見をしながら家族で歩きたい、そう思いながら、いつも欲張って1日にたくさんのイベントを入れてしまうんです。
そういえば・・・この時はまだ、せっかくのレインウエアや登山靴を全く活用してないですね。今気がつきました。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-21 23:44 | 富士山以外のお山

上高地に行ってみよう! ~2009上高地1~

たまには富士山以外のお話を。

まだ富士山以外の山に
全く興味がなかった2009年の梅雨入りした5月末、
突然、上高地に行こうということになった。
カード会社のキャンペーンで日帰りバスツアーが安かったのだ。

いつも、「どうすんの?どうすんの?」と言って
誰も決断しないので物事が前に進まないのに、
この時はなぜかパッと決まった。

ちょうど仕事が忙しい時期に決めたのもあり、
10年以上昔に行った事がある、上高地のきれいな水や空気、
そして空や景色が楽しみで楽しみで仕方なかった。

しかし当日はすんごい土砂降り…
なんで~(泣)
行きの道中ずーっと雨、雨、大雨。
なんなんだかなぁ。

しかもバスに乗っている時間の長いこと長いこと!
朝8時発で現地13時着。
もちろん帰りも5時間かかるから、現地滞在はなんと3時間のみ!
だから安かったのね(泣)

もうこれ以上寝れません!っってくらいバスで過ごし、
途中の休憩も土砂降りであんまり満喫できず、
それでもやっと到着した。

次回→たった3時間の癒やし

a0219656_22522375.jpg



く・・・暗い。なんだか全く気が晴れない景色・・・。
でもこの後、思わぬ癒しを体験することになります。
上高地は10年以上前、新婚当時に旦那と初めて行って空気の綺麗さにびっくり。その後すぐまた大学時代の友達との旅行でも行きました。
でも、2009年も昔のときも、まだ私自身は目の高さの景色にしか気がついておらず、もっと壮大な自然・山には気がついていませんでした。もったいないですね~。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-18 22:42 | 富士山以外のお山

山が好き!と素直になれない ~富士山なヒトコト2~

美大出身の影響からか、なぜか
「オタク」と見られそうなものを避けるようになっていた。
本来は「オタク」になれるほどの、強いこだわりがないと
この系統の仕事には向かない、と、分かっているのですが・・・。

社会に出た当初、周囲にたまたま山好きな人が多く、
どこどこの山が良かったとか、百名山がどうのとか、
仕事中にめちゃくちゃ盛り上がっているのをよくみかけていた。
当時は、それをちょっと冷ややかに見ていたせいで、
実はそういうカテゴリーに入るもののような気がして、
富士山にはまってからも
どうしても山好きになりたくない自分がいた。

富士山に登ると言うと、登山しない人からは
「山、好きなんだねぇ・・・」
となぜかちょっと変わった人のように驚かれる。
また、登山をする人からは
「富士山は変化がなくて面白くないから、ぜひ他の山に登ってみて」
と言われ、いつも私はどちらも
「いえ、富士山だけです!」と答えてしまっていた。

実際に富士山以外には全~く興味がなかった私。
でも長年のアウトドア嫌いが180度変わったように、
いつの間にか究極の大自然である
「山」という存在への憧れを、口に出さずにはいられなくなっていた。

次回→上高地に行ってみよう!

a0219656_2173247.jpg
今年、初めて登った北アルプス・燕岳山頂です。私、どうしちゃったの???というくらい、今は家族で大好きと明言できます。毎日人だらけの通勤ストレスで自分がどれだけ嫌な人間になっていたことか・・・。自然に身を置くことで、自分を客観的に見ることができ、心を落ち着かせて人と接することが少しずつできるようになって初めて、嫌な自分に気がつくことができました。でもまだまだ息子からすると、毎日キーキー怒ってる鬼母なんですけどね~。親離れカウントダウンの始まってしまった息子と一緒に、今こんな体験をいろいろできることを本当に良かったと思います。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-17 20:39 | 富士山なヒトコト

富士山のおかげ ~富士山なヒトコト1~

ここまで100話近くにわたり書いてきた、我が家のつれづれ。

もともとは、ブログを始めた姉から勧められて興味を持ったものの、
ブログなんてそんな、恥ずかしい~と勇気がないまま
でも何だかまぁ、ちょっとずつ書いてみようかしらと
記録として書き始めたのがきっかけで、
毎日毎日、片道1時間半の通勤中の暇つぶしとして、
携帯でコツコツ書いてずっと貯めていた。
(本を読んだり、勉強したり、音楽聴いたりといろいろするんですけど
結局は、毎日のこの時間が本当にもったいないんですよね)

それを、どうせなら離れて暮らす親への毎日のメールネタにしよう!
と、ある日思い立ったものの、
でも普段から離れていて親のことを見てあげられていないのに、
こんな自由気ままな、のん気なメールを送って良いものか・・・
長く長く悩んでいた。
でも、勇気をふりしぼって、まずは親とついでに旦那の携帯に、
勝手にメルマガ?として送りはじめ、
結局、最後の勇気を振り絞って、ブログを始めた。

ブログ用には何話か削ったが、
先に書き溜めていたレポートはジャスト100話!
約7割がたった丸1日の出来事となる長い長いお話は、
飽き性の私にしてはよく続いてるなぁと
自分を誉めてみたいと思う(笑)

自己満足な記録だけど、
控えめな我が家でも、唯一遠慮なく自慢できる体験。
それだけ富士山が大好きで、
こうやって残せたことは、とても良かったと思う。

さてこれから何を書こうかな!
そんな楽しみなライフワークが私にもできた。
もちろん今年、5回目の富士山も書くぞ。
それにまだ書きかけの1~3回目も、記憶が薄れる前に残したい。
そして富士山のおかげで我が家共通の楽しみとなった
登山についても書いて行きたい。

次回→山が好き!と素直になれない

a0219656_1435654.jpg







毎年山頂の神社でご朱印をいただく際に一緒にいただくことのできる御札と、山頂の山小屋で売っている山頂バッジ&キーホルダーを、息子のザックにそろえてみました。(ピンボケだ)
今年2011年は、息子も金剛杖を卒業したので、御朱印をいただくことはなかったのですが、御札だけはいただきたいので同じ300円を払ってお願いしました。
シンプルな御札ですが、息子の気持ちの上で、とても達成感を得られる大切なものなので、毎年1枚ずつ増やしながら、御札だけはこうして吊るして登っています。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-16 14:17 | 富士山なヒトコト

いつまでも記憶の中に ~下山18~

帰宅した週は、興奮覚めやらぬ状態で
写真や動画の上映会やら、
富士山専用のアルバムを作ってみたりと忙しかった。

私、自慢じゃないけど、息子のアルバムが出来ていない。
…ゴメン。
職業柄、どうしても凝ったものが作りたくて
結局前に進めていなかったからだ。

事ある毎に、あ~やらなきゃ~と思い、
ちょうど富士山に登り始めた時に出会った写真屋さんのフォトブック。
まるで写真集のような仕上がりに、
割高でも富士山は特別行事!とばかりにお金をかけていた。
(他はまだです。息子よゴメン)
そのフォトブックを超特急で作り、
昔のと一緒に家族で何度も眺めては、楽しんで幸せに浸っていた。


9月には息子の運動会がある。
たくさん誉めてあげたいくらい本気で練習してきた息子の記録を
しっかり残してあげなきゃ! と例の動画コンデジを準備。

ふと、
メモリーの残量が気になり、フォトブックも作ったし
消しても大丈夫だねと削除ボタンを押した。

が……が~ん!!!
ひゃ~~~動画も消してしまった~~~!!!
バカバカバカ~~!!!
新しいデジカメの動画をどうやってDVDに落とすかがわからなくて、
まだ保存出来ていなかったのにぃ(泣)

楽しかったなか、大変な思いをして撮った貴重な思い出は、
瞬きする間もなく一瞬で消え去った。

仕方ない・・・来年もう一回チャレンジするか・・・
数週間引きずる深い落ち込みのなか、
こうして4回目の富士登山は幕を閉じた。

                      <2010年富士登山 おわり>

次回→富士山のおかげ

a0219656_2216898.jpg





富士登山のフォトブックです。
2年目から作り始め、小さいのは2年目のプレゼントに応募したら当たったミニサイズ。これを1年目にしました。他にも3家族で行った、じいちゃんの70歳のお祝い旅行も、各家族分、記念にフォトブックにしました。
とても気に入っているのですが、文字が自動では入らない・・・フォトショで入れるしかないのがめんどくさいなぁと思っていたら、最近は、もっと「本」らしい、文字も簡単に入れられるタイプも出たんですね。
今年のは、その進化した本にするべきか、もともとのデザインに合わせるべきか、悩んでるうちに10月になってしまいました。
どうしよっかなぁ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-13 20:09 | 2010御殿場口下山