富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

富士山なヒトコト・・・富士塚

昨日、息子が久しぶりに部活が休みだったこともあり、
NBAショップに行きたいと言うので新宿まで出ました。
そのついでに、前から行ってみたかった富士塚の一つ、
西新宿にある、成子の富士塚(成子天神社)にいってみました。

富士塚とは、江戸時代に栄えた富士信仰から、
富士山に見立てて造られた人工の山や塚のことなのですが、
車も電車も無い時代、そうそう富士山に行けるものでは無い時代に、
富士山に行った代わりになる富士塚が、あちこちにあったそうです。

山、というか小さな丘のようなもので、
実際に富士山の溶岩で造ってあったり昔の古墳だったりします。
ほんの少ししか登らないにも関わらず、一部だけ見ると
本当に富士山の溶岩の登山道に見える部分もあったりと
雑誌やTVで見ていて、興味がありました。

さて、天気は真夏日!
気温も35度を超え、湿度も高く、家を出た時から頭がくらくら・・・
先にNBAショップに行き(しっかり買わされてしまった!)、
その近くにある塚を探して歩くのですが、本当につらい。

やっと目印になる西新宿中学校をみつけ、
やっとたどり着いた塚は「あれ???」という状態。
周囲は高層マンションに囲まれ、
すぐ横にはコインパーキング。
ぐるっと回ってみたけれど、結局中には入れず、登れず。

ちゃんと調べてくれば良かったです。
後で調べたら、この富士塚は、年に数日しか登れないそうです。
がっくり・・・

帰宅後、熱中症?なのか、頭は痛いしくらくらするし、
ずっと横になるしかできない状態に。

3連休なのに、つまんないなぁ。
でも、また今度、急に家族の時間ができたら
また行ってみたいな。
なんて、そう思っているのは私だけかもしれませんね(笑)

a0219656_16245540.jpg

a0219656_1627860.jpg

都会の中の異空間。こんなに小さな塚を高層マンションの中で探すのは少々大変でした。実際の塚は、草に覆われていて、写真ではよく見ないとどこにあるのかわからないですね。他のところでは、登頂記念の御朱印がいただけたりするところもあるとか・・・。我が家の近所には旧東海道もあるため、その近くの神社が富士塚だという話も聞き、意外にいろいろなところにあったりするんだなと、今さらながら驚いたりしています。しかしここ・・・ほんとぎゅうぎゅうにマンション並んでるのね。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2013-07-15 16:38 | 富士山なヒトコト

家族をその気にさせる術? ~2012開山日登山 登り始めまで2~

2012年の開山日が土日にかかることを知ったのは
ちょうど一年前の2011年の開山日記事。

最初は家族でも一番の富士山馬鹿な私が、
そんな記事を見てしまったのだから、
もう、羨ましくて羨ましくて仕方ない。
「その年一番のりかぁ・・・」
なんとか実現したい!と、一人で密かに盛り上がっていた。

しかし、思うだけでは実現は難しいなと、
いつからか、
ダメもとで家族の前で口に出すようになっていた。

我が家の男子たちはおもしろいことに、
私がとっぴょうしもないプランを言うと、
最初は必ず
「えー!(苦笑)」とか、
「何言ってんの?」などと反応し、
「また母さん無茶言ってるよ…」
くらいにしか扱ってくれない。

しかし、何度か口に出してみて、
私が諦めかけてしばらく黙っていると、
いつしか彼らのほうが前向きに考えていることがあり、
結局誰が言い出したかわからなくなるくらいになる。

なんだかベタな恋の駆け引きみたいで恥ずかしいが、
意図せず意外にも成功率が高いかもしれない。


次回→家族だけで登る理由


a0219656_1057314.jpg


















新婚旅行にスペインに行きたいと言った時も、息子の名前をこれにしたいと言った時も、その他いろいろなことを振り返っても、最初はまったく反応なし! なのに、私が忘れたころになると、なぜか旦那の口から「スペインがいいと思うんだど」とか「名前、〇〇(私が提案した名前)って名前、いいと思わない?」など、まるで初めて自分が提案するかのように話がでてくるので、いつも笑ってしまいます(笑)

さて、この写真は、去年2012年9月に、これまでの集大成として行った槍ヶ岳への途中、大天井岳から西岳に向かう途中で見えた富士山です。ビックリ平を過ぎてどれくらいなか?本当にきれいな台形の富士山が遠く遠くに現れた時のものです。辛い道のりも、大好きな富士山が、こんな遠くからでもはっきりと見え、やっぱり他の山とは違う美しさと存在感に、本当に感動しました。こんなに距離があっても、「富士山山頂から、向こうもこっちが見えるんだね」と、なんだか不思議な気持ちになりました。(閉山後ですが、登る方はきっといたはず)


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2013-07-13 11:15 | 2012開山日登山 登り始めまで

開山日登山への憧れ ~2012開山日登山 登り始めまで1~

2012年の富士登山は、
このブログでもしつこく書いてきたが、
小1から登りはじめた息子が6年生になり、
家族で6年毎年登りきることができるという
我が家にとって特に大切な年だった。

--------------

さかのぼって2010年、
この年も、4回目の富士登山の日を毎日毎日楽しみにしていた。
7月1日の朝、仕事で新聞チェックをしていたら、
各紙に富士山の開山日記事として、
山頂の登山者と美しい御来光の写真が掲載されていた。

それを鮮明に記憶していた2011年、
5回目の年は、開山日の様子が気になって
自分から記事をチェックした。
開山日前日の6月30日の夜には、
Yahooニュースで御来光を楽しみに
深夜富士山に登っている登山客の記事が載っていた。

心底富士山馬鹿の私としては、
そんな記事を見てしまったらうらやましくて仕方ない。
「その年一番のりかぁ・・・」

“お山開き”という期間はあるが、
正確にはそれ以外の期間も富士山には登れる。
だが7月8月の開山期間以外は、
それなりの装備と技術などなどがなければ自ら命を縮めに行くようなもの。
特に積雪のある期間は、プロも雪山の練習に行くくらい
富士山は別レベルの山に変身する。

もちろん我が家は開山期間派。
信仰の山、富士山の開山日に興味がわいてきた。
しかし共働きの我が家は、基本的に土日登山で平日は無理。
そう諦めていたところに、なんと!幸運?にも、
記念すべき6年目・6回目の年が、土日と重なるということがわかった!

こうなりゃ、開山日の御来光を家族で拝みたい♪
そう思ったのが2012年の開山日のちょうど一年まえだった。

次回→家族をその気にさせる術?

今年2013年の開山日登山をTVで見ました。さすがに世界遺産登録後の開山日、すごい人でしたね。TVでは連日特集が組まれ、御来光や独立峰ならではの景色、美しすぎる雲海などなど、富士登山の醍醐味の数々が放映されています。良いことばかり紹介しているのが怖いくらいです。弾丸登山をやめるようにという告知もされていますが、TVでの紹介を見る限りでは、逆に弾丸で行っても大丈夫だろうと思えるほど、気軽な印象です。我が家も富士登山の厳しさを知らないときは、大人の無茶に子供をつき合わさせてしまっていたので、TVを見るだびに反省してしまいます。

さて、2012年に無事6年間の目標を達成し、息子が中学になったら家族で行くことは難しいと予想していたので、今年2013年は実は最初、登らないつもりでいました(旦那は一人で登ると言い張っていましたが)。でも・・・でも・・・だめですね。結局3人とも「登りたい!!!」という気持ちが抑えられず、5月には山小屋に電話して8月の宿泊を予約してしまいました。しかしその後に世界遺産登録・・・う~ん・・・嬉しいけど、今年、激混みで大変だろうなぁ。すでに、楽しみと不安が頭を占領しています。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2013-07-07 15:05 | 2012開山日登山 登り始めまで