富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

タグ:キャンプ ( 5 ) タグの人気記事

御中道へのベースキャンプへ ~御中道と大沢崩れ2~

ということで、またまた急に決めた。
もういい加減、あんまりお金もかけていられない!
けど、どうせならゆっくりしたいので、キャンプ場に泊まることに。

季節が良いこともあって、
ネットで予約できるPIAC富士吉田は我が家でラストだった!
危ない危ない。

土曜の朝イチからチェックインできる無料のハッピーフライデーで予約。
またまた急なイベントなので、
大した用意も中身の確認も出来ないまま車にキャンプセットを積み込んで出発~!
何度も行き慣れた道を通り、
最後に吉田河口湖登山口五合目に向かう途中にあるキャンプ場に、10時には着いた。


ここは初めて来たが、
林間のキャンプ場で、人工的過ぎず、
でも何でも揃って困らない。
管理棟にはカフェもある上に、エコやオーガニックにこだわった
小物やワインなどのショップがあって楽しい!
お店のスタッフの方にチェックインをお願いすると、とても感じが良く安心出来た。

予約がラストだったので、
一番人気のない場所に案内されるかと覚悟していたのに、
隣との空間が広くてのびのび出来るところだった。
大量に落ちているどんぐりを片付けて、さっそくテントを立てていると、
向かいのテントから息子と同じくらいの男の子が話しかけてきた。

息子と遊びたかったのかな?
そう感じたのだけれど、はにかむ息子とは話せず、
親の私たちとしばらく笑いながらお話しすると、
じゃあね、と言って帰ってしまった。

こういう出会いって大事にしたい、
そう思っているのに、静かな我が家はなかなか実現出来ない。

次回→準備の甘さと甘い考え

a0219656_2353652.jpg













前回、思いっきり10月!と書きましたが、写真をUPするときにデータを見たら、なんと9月でした・・・。
修正しようかと思ったけど、ま、いいか。ご了承ください。
キャンプは、年に1回行けるかどうかなので、貴重な1回です。PICAはとても良かったです。帰りに他のPICA(西湖だったかな?)にも見学に行ってみましたが、そこも雰囲気がよくて、いつか行ってみたいなと思いながら、2009年からまだ行けていません(泣)
あ、我が家のテント、またたるんでますね~。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-11-21 23:59 | 富士山周辺のお話

完璧に富士山にはまる ~きっかけ7~

ふもとっぱらでのキャンプでは初めての事が多く、
実際にはバタバタ片付けたり、
どうして良いかわからなくてちょっと戸惑ったり、イライラしたり、
この時間すべてが気持ち的に癒されていたわけではなかった。

でも、食事をするときも、移動するときも、片付けをしながらも
ず~っと富士山がそこにあり、あまりの美しさに目が自然にくぎづけになって、
いつまでもいつまでも眺めたくなってしまう。
家族で唯一富士山に登ったことのある旦那に、
「富士山ってのぼるの楽しいの?」 「苦しくないの?」
「危なくないの?」 「なんか特別な準備とかいるの?」
と次々質問がわいてきた。

富士山についてこんなに知りたいと思って質問したことはなかったし、
林間学校での登山の辛さ=登山は嫌なものと思っていた私は、
実はまだこの時点では、自分がこの先富士山に登りたいと思うようになるなんて、
まったく予想していなかった。

でもこの日を境に、頭の中でもう暇さえあれば
「富士山ってすごい!」「富士山見たい」「富士山って登ってみたらどうなんだろう」
と、連想ゲームのように想像しているうちに、完璧に魔法にかかってしまった。

結局今考えると、私が富士山にはまり、富士登山にはまったきっかけは、
このふもとっぱらだと断言できる。
それだけ素晴らしい場所であり、家族の大切な思い出だった。

a0219656_2102883.jpg









「写り込む富士山」
ふもとっぱらからどうしても離れたくなくて、
テントを片付けてからもしばらくは、
コーヒーを入れて飲んだりして
家族で富士山をずっと眺めてました。


◎今日のヒトコト・・・
家の中も庭も、センス良く空間演出がなされている姉の家。
“私、頑張りました!”感がなく、とても心地よくてついつい長居をしてしまいます。
そしてどーしても不思議なのが、たとえ子供が散らかしてもなぜか散らかっているように見えないこと!
なんで?どうして?ついでに我が家をなんとかして~(泣) →姉夫婦のブログLeon

次回→いきなり4回目準備の話から

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-15 21:55 | きっかけ

はじめてのテント泊1 ~きっかけ5~

それから息子のお友達を誘ってディキャンプに行ったりしたものの、
本格的なキャンプをしてみたい!
という気持ちがどうしても抑えられなくなってしまった。
息子も行きたいと言っていたこともあり、
旦那がネットで小川キャンパルの展示を兼ねたキャンプイベントをみつけてきた。
「うわわ、どうしよう。本当に予約する?行っちゃう?!よし!」
ということで、何だか不安を感じながらも予約。

さて到着したところは、朝霧高原の近くにある「ふもとっぱら」というキャンプ場。
名前のとおり「富士山のふもとのはらっぱ」な環境で、フリーサイト。
フリーと単に表現できないほど広大すぎる原っぱが視野以上に広がり、
大草原の先に裾野まで広がる大きな富士山がど~んと見える
何とも素晴らしいところだった。

ここではカメラマンが富士山を撮影したり、CM撮影なんかもあるという。
うなずける景色だった。
圧倒されながら小川キャンパルの方に到着を伝えると、
予約してあった貸しテントを持って来て、設営の方法を教えて手伝ってくれた。
親子3人でぴったりなちょっと小柄なテントだったけど、
子どものころの秘密基地を作るようなわくわく感と、出来上がってからの安心感があり、
皆テンションが上がった。
寒すぎて夕食を手伝わない息子に愚痴をこぼしたりしつつも、
寝る前にはトランプをして盛り上がり、
「寒い~!風がきつくて飛ばされそう~!」などと騒いだりしながらも、
心が満たされながら眠りについた。

次回→
はじめてのテント泊2

「きっかけ3」で登場した写真の場所は、そう、この「ふもとっぱら」です。我が家の大好きな場所。
残念ながら、当時の写真が無い(泣)ので、2年前2009年に再び行ったときのを載せています。


◎今日のヒトコト・・・
今日の夕飯、ご飯炊くのを忘れて素麺にしたのに、めんつゆが無かった・・・。がーん。
仕方ないので、カレイの煮付けの余り汁でアレンジしたが、魚くさかった。(当たり前だろ~)
やっぱり横着はダメですな。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-13 23:20 | きっかけ

初島でキャンプもどき体験 ~きっかけ4~

本で研究している間に惹かれてしまった私は、
「キャンプしてみたい!」と旦那に打ち明けた。
突然なに?・・と少々驚いていたものの、
何度も言うのでだんだん旦那が興味を持ってくれるようになった。

もともと旦那のほうは大学で山登りの経験があり、
実は私なんかよりはるかに詳しい。
はれて夫婦共通の興味対象となったキャンプ。
そのグッツを見に、毎週末のアウトドアショップめぐりが始まった。
しかし、虫、特に蚊だとか血を吸う奴らが超嫌いな私は、
まだまだテントに泊まるなんて事が怖くて仕方なかった。

そこで、旦那が見つけた初島のアジアンガーデン「R-Asia」を体験してみることに。
関東のリゾートアイランド初島らしく、お値段もキャンプとは言えない高さだったが、
環境もさることながら、常設のテントはもちろんキレイ!
ホテルに泊まるようなつもりで、キャンプ用品が無くてもOK。
TVも何も無く、海の見える露天風呂に入り、ハンモックにゆられ、
ゆっくりとした時間を家族で過ごすことが出来た。

蚊が気になって、蚊取り線香を入口左右に焚くほどダメだったけど、
違う意味でだめだ・・・本当にはまりそう。
何も考えず自然を感じることが、こんなに心地良いとは。

次回→
はじめてのテント泊1

a0219656_22451447.jpg






あれ以来行けてないけど、
また行ってみたいなぁと思わせる空間です。
ちなみに、富士山はまだまだこのとき
私の頭には全くありませんでした。



◎今日のヒトコト・・・
昨日、今年の富士山の当日スケジュールを考えてたら、寝られなくなった。
というのも、行きは河口湖→帰りは御殿場口にしたいけど、交通手段が難しい~。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-13 19:34 | きっかけ

キャンプに目覚める ~きっかけ2~

そう思い始めると、キッチンに立つたび、
「いいのかなぁ?」という自問自答が止まらなくなってしまった。

我が家はマンション全体がオール電化。ローンは今まさに始まったとこ!
ってことは、今更ガスコンロは無理じゃん!
じゃあ、火がどんなもんか小さい頃から見せてあげられる機会を見つけなきゃ。

ということで、単純に外でバーベキューするべし!という案に至った。
本屋好きな私はさっそく本屋に行き、
ガイドブックで近場でバーベキューが出来るところを探したが、
意外にあるようで無い。
いやいや、あるんだけど、「近場」のキーワードでは、
数ヶ月前から要予約というものばかり。

普段行動がのろまなくせに、やりたいことが見つかると
「思い立ったが吉日」タイプの私は、すぐ行動できない事に悩んでしまった。
でもしつこく本屋を探し歩き、アウトドアの本をたくさん読んでいるうちに、
だんだん「キャンプ」というキーワードに心惹かれるようになっていった。


◎今日のひとこと・・・
実は、姉の仕事用ブログのデザインをすることになり、
勉強しなきゃ!と自分ので頑張ってみようとしています。とりあえず、まずはアリもので。
って、プライドないんかいっ。
  ↑
追記:無事タイトルイメージが変えられました。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-12 03:43 | きっかけ