富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

タグ:テント ( 4 ) タグの人気記事

完璧に富士山にはまる ~きっかけ7~

ふもとっぱらでのキャンプでは初めての事が多く、
実際にはバタバタ片付けたり、
どうして良いかわからなくてちょっと戸惑ったり、イライラしたり、
この時間すべてが気持ち的に癒されていたわけではなかった。

でも、食事をするときも、移動するときも、片付けをしながらも
ず~っと富士山がそこにあり、あまりの美しさに目が自然にくぎづけになって、
いつまでもいつまでも眺めたくなってしまう。
家族で唯一富士山に登ったことのある旦那に、
「富士山ってのぼるの楽しいの?」 「苦しくないの?」
「危なくないの?」 「なんか特別な準備とかいるの?」
と次々質問がわいてきた。

富士山についてこんなに知りたいと思って質問したことはなかったし、
林間学校での登山の辛さ=登山は嫌なものと思っていた私は、
実はまだこの時点では、自分がこの先富士山に登りたいと思うようになるなんて、
まったく予想していなかった。

でもこの日を境に、頭の中でもう暇さえあれば
「富士山ってすごい!」「富士山見たい」「富士山って登ってみたらどうなんだろう」
と、連想ゲームのように想像しているうちに、完璧に魔法にかかってしまった。

結局今考えると、私が富士山にはまり、富士登山にはまったきっかけは、
このふもとっぱらだと断言できる。
それだけ素晴らしい場所であり、家族の大切な思い出だった。

a0219656_2102883.jpg









「写り込む富士山」
ふもとっぱらからどうしても離れたくなくて、
テントを片付けてからもしばらくは、
コーヒーを入れて飲んだりして
家族で富士山をずっと眺めてました。


◎今日のヒトコト・・・
家の中も庭も、センス良く空間演出がなされている姉の家。
“私、頑張りました!”感がなく、とても心地よくてついつい長居をしてしまいます。
そしてどーしても不思議なのが、たとえ子供が散らかしてもなぜか散らかっているように見えないこと!
なんで?どうして?ついでに我が家をなんとかして~(泣) →姉夫婦のブログLeon

次回→いきなり4回目準備の話から

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-15 21:55 | きっかけ

はじめてのテント泊2 ~きっかけ6~

次の日、鳥の声や風の音、太陽の明るさを感じ、
まだ夜が明けきらないうちに自然に目が覚めた。

私は早起きが自慢できるくらい、一番苦手。
なのに、私が朝5:00に自然に目が覚めるなんて、
私だけでなく旦那が驚いていた(笑)
トイレから帰ってきた旦那が
「外がきれい。もうすぐ日の出だよ」と教えてくれたので、
私も外を見に行った。
テントの目の前で起きている神秘的光景に驚き、
すぐに息子を起こして外に出た。

朝もやの草原を鳥が列をなして飛び、
まだ日がのぼっていない富士山が影絵のように聳え立つ。
そしていよいよ日の出。
富士山の頂上の少し右下からパァッと光がさしてきた。
だんだん大きくなる太陽。

なんなんだ!なんなんだ!この光景は!すごいすごいすごい!
「感動」 まさに感動という言葉はこういうことかと体感した瞬間だった。

a0219656_20295953.jpg














こちらも2回目の写真。前日は夜からかなりの土砂降り。
でもそのおかげで、朝はこの光景! 本当に感動しました。


次回→
完璧に富士山にはまる

◎今日のヒトコト・・・
4月に出したアンティークオメガがやっと修理から帰ってきました。うれし~!
去年の誕生日に旦那からもらったものの、たった3回でピクリともしなくなり早1年。
誰が修理代を出すのよぅっっと、なかなか決まらず、やっと解決(喜)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-14 20:40 | きっかけ

はじめてのテント泊1 ~きっかけ5~

それから息子のお友達を誘ってディキャンプに行ったりしたものの、
本格的なキャンプをしてみたい!
という気持ちがどうしても抑えられなくなってしまった。
息子も行きたいと言っていたこともあり、
旦那がネットで小川キャンパルの展示を兼ねたキャンプイベントをみつけてきた。
「うわわ、どうしよう。本当に予約する?行っちゃう?!よし!」
ということで、何だか不安を感じながらも予約。

さて到着したところは、朝霧高原の近くにある「ふもとっぱら」というキャンプ場。
名前のとおり「富士山のふもとのはらっぱ」な環境で、フリーサイト。
フリーと単に表現できないほど広大すぎる原っぱが視野以上に広がり、
大草原の先に裾野まで広がる大きな富士山がど~んと見える
何とも素晴らしいところだった。

ここではカメラマンが富士山を撮影したり、CM撮影なんかもあるという。
うなずける景色だった。
圧倒されながら小川キャンパルの方に到着を伝えると、
予約してあった貸しテントを持って来て、設営の方法を教えて手伝ってくれた。
親子3人でぴったりなちょっと小柄なテントだったけど、
子どものころの秘密基地を作るようなわくわく感と、出来上がってからの安心感があり、
皆テンションが上がった。
寒すぎて夕食を手伝わない息子に愚痴をこぼしたりしつつも、
寝る前にはトランプをして盛り上がり、
「寒い~!風がきつくて飛ばされそう~!」などと騒いだりしながらも、
心が満たされながら眠りについた。

次回→
はじめてのテント泊2

「きっかけ3」で登場した写真の場所は、そう、この「ふもとっぱら」です。我が家の大好きな場所。
残念ながら、当時の写真が無い(泣)ので、2年前2009年に再び行ったときのを載せています。


◎今日のヒトコト・・・
今日の夕飯、ご飯炊くのを忘れて素麺にしたのに、めんつゆが無かった・・・。がーん。
仕方ないので、カレイの煮付けの余り汁でアレンジしたが、魚くさかった。(当たり前だろ~)
やっぱり横着はダメですな。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-13 23:20 | きっかけ

キャンプの思い出 ~きっかけ3~

私はもともと外があまり好きではなく、頑丈な見た目に反して
大の運動嫌いどころか、体を動かすこと自体が嫌いだった。

近くの山で秘密基地を作ったり、探検したりは好きで友達とよく遊んでいたけれど、
肌が弱くて何かとすぐかぶれたり、蕁麻疹が出て大変なことになってしまうため、
だんだん自然満載の環境を避けるようになってしまっていた。

おまけに小・中学の林間学校って、
常設の汚いテントにノミやら臭いやら、
好きじゃないクラスメートとも同室で雑魚寝しなければならず、
野外活動の登山もオリエンテーリングも、
ちっとも楽しいと思えない最悪な記憶しかない私。

こんな子ども時代の記憶はかなりしつこく、
大人になってからもアウトドアという分野をあえて知ろうとすることは一切しなかった。

a0219656_19481298.jpg









家族でこんな広々空間でのんびり~なら、最高!ですけどね。あらら、我が家のテント、たるみすぎ(笑)

◎今日のヒトコト・・・
タイトルイメージを変更できた!(やっとだ、疲れた~)
今年五年目となる富士登山に、息子のお友達を誘ってみました。楽しみ楽しみ。
なので、午後からカモシカスポーツに行ってきま~す。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-12 11:55 | きっかけ