富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

タグ:下山 ( 23 ) タグの人気記事

まだまだ続くよ 長い下山 ~2008年吉田口下山4~

まだ?
本当に長い。
助けて!というくらい。

息子と数えていた角は、もう30をとうに越えていた。
修行だ。
まさに修行。
登りのときも精神修行のような状態に陥ったけれど、
下りも一緒。
本当にエンドレス。

ちょっと角らしくない場所もあるけれど、
最初から
「吉田口の下山道は、角〇〇個目で六合目に着きます」
なんていう情報がわかっていたら、
たとえ100個でもカウントダウンできて
精神的に参ることはかなり減るように思う。

さて、ずっと見えなかった下界だが、
途中一度だけ雲が一箇所ぽっかり穴があいた瞬間があった。
息子と「すご~い。何あれ?」と
足を動かしつつ見ていたのだが、
ぽっかり開いた穴の先に見える下界は、
町でもなく、森でもなく、草原とも言えない
ただただ広い空間が見える不思議な場所だった。

帰宅後に地図でも調べてみたのだけれど、
結局未だによくわからない。

登りほどの回数ではないが、
途中、何度かその「角」で休憩した。
やっぱり座ってしまうと立てなくなるので、立ったまま。

でもあまり記憶がない。
すぐに旦那に「もう行こう!」とせかされたくらいしか思い出せない。

途中、緊急避難小屋があったらしいが、見落としたらしく、
もう30いくつの角を数えたころだったか、
や~~~っと七合目の無人のトイレ小屋についた。

この時は他の人もいたし、
何時間ぶりかの景色の変化に本当にうれしくてうれしくて、
座って大休憩をすることにした。

何かを食べたような、会話をしたような気がするが、
やっぱり記憶がない。
それもそのはず、座ってすぐに、
いつの間にか気が遠のき、寝てしまっていたのだ。

次回→あと少しだと思ったら

a0219656_1313241.jpg


















これが「ぽっかり空いた」時の下界の様子です。手前の濃い緑の森の先に、薄緑のそれは広い広い大地が広がっています。実際の景色を見たときの感想は「日本にまだこんなところがあるんだ」というものでした。もちろん自然豊かな場所に行けばあると思うのですが・・・とても不思議な光景に思えたのです。
睡魔は、この寝不足なので当たり前ですね。もう自覚できないくらい限界でした(苦笑)

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-10-27 01:48 | 2008年吉田口下山

長い長い長~い下山~2008年吉田口下山2~

もうこの時間になると、
あれだけたくさん居た下山者の人数は落ち着いていた。

ガスが出てきて全体が見渡せないが、
くねくねと九十九折になった
何のへんてつも無い赤茶色の道が続いている。

「道の角が何個あるか数えてみよっか」
と息子と相談し、
数えながら下山していった。

こんな道は、まさに前回の富士山以来、1年ぶり。
まだまだ慣れなくて足取りがおぼつかない。
途中、かなり急な下りもあり、
テンポ良く下って行く旦那と違って、
また息子と二人でヨチヨチ、コワゴワ、ノロノロと
超スローに下っていた。

それなのに、たまに
「うわっ!!」
とどちらかがしりもちをつく。

足下ばかり見て、気をつけているのに、
どうしても大きな浮石を踏んでズルッとすべってしまうのだ。

しかも下山者が少なくなったとはいえ、砂埃がひどい。
マスクの代わりに泥棒のように
バンダナを口あたりに巻いていたが、
息が荒いので、吐いた息が目の辺りに上がってきて、
メガネが曇って困る。

右手で金剛杖を持ち、
左手はメガネが曇らないようにバンダナを押さえ、
ずぅっとこの姿勢のまま下ることになってしまった。

「次、何個目かな?」数えていた角が、
たまにわからなくなってしまい、
正しい数字ではなくなったけど、
何もやることが無いので、息子と数え続けていた。

次回→下山の危ない小学生

a0219656_13331159.jpg


















う~んと、これは何の写真だったかな・・・。前回の写真から、今度は上を見上げたものだったと思います。上のほうに登山者(トゲのように見える3つの影)が写っているのがわかるでしょうか。手前に写っている大きな石なんかは、もちろん踏まないんですが、トラップのように隠れているんですよ~程よい石が(泣)
さて、この数えていた角の数、最終的にはかなりの数になるわけですが、ほんと・・・ほんとに長いんです。そりゃ、何時間も下るんですから、もう、うひょ~って感じです。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-09-29 13:43 | 2008年吉田口下山

下山開始 ~2008年吉田口下山1~

息子は、小岩井さんにも
「よく頑張ったね~」とせっかく言っていただいたのに、
なぜ母がこの人と話しているのかがわからず
キョトンとしていた。

さて、今回は4つものお楽しみを見事達成!
ではでは、とにかく早く下山しましょう。

旦那が待つベンチに戻ると、まだ辛そうだった。
私も本当は頭が痛かったけど、
普段頭痛持ちの私は、良いのか悪いのか、
いつものこと程度にしか思えていなかった。


12時。
途中まで一緒の吉田口と須走口の登山道に移動する。
さぁ下山だ!

火山の砂でざくざくした中に、
大小の浮石がある結構急な下りを進む。
この吉田口、一番メジャーで登りやすいのだが、
実は下山はかなりクセモノだといわれている。

事前に雑誌やWEBで読んだ情報では、
「行けども行けども同じ下り。同じ風景。山小屋もなく、
精神的には登りより辛かった」
というコメントがほとんど。

確かに初回の御殿場→宝永山→富士宮口の
下山も相当大変だったので、
下山を侮ってはいけないということは分かっていたつもりだった。
でも、今回は少々時間がかかったとしても、
明るい日中に下山できるので
「まぁ、大丈夫でしょう」とたかをくくっていた。

しかし、やはり現実はそんなに甘くはなかった。

次回→長い長い長~い下山

a0219656_0364169.jpg


















一見、ふかふかの砂で足も傷めずに下山できそうなんですが、例の浮石も表面や砂の中に隠れていたりと、何度もズルッとこけてしまう私。どんくさいけど、なかなか豪快に転びます。 そしてこれが実際にはかなりの急坂。 またまた写真が平地に見える~~(泣) いえいえ、最初のこの道からかなり下り坂なんです。私の写し方が悪いのか、どうして角度を表現するのって難しいんでしょうね。

さてさて・・・、気が付いたら今までにないくらい更新していませんでした。いつのまにか富士山シーズンはすっかり終わり、山頂は初冠雪まで済ましてしまいました(泣) 続けて読んでくださっていた方、本当にすみません。でも、来年以降の富士登山のお役に少しでも立てるのであれば、と勝手に思い込み、まだまだ懲りずに更新していくつもりですので、もし気が付いたら、また読んでやっていただければ嬉しいです。 2008年のレポもあと少し。 これが終わったら、更新がなかなかできなかった理由の我が家の一大イベントを書いていこうかな、感動を忘れないうちに。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-09-25 00:45 | 2008年吉田口下山

いつまでも記憶の中に ~下山18~

帰宅した週は、興奮覚めやらぬ状態で
写真や動画の上映会やら、
富士山専用のアルバムを作ってみたりと忙しかった。

私、自慢じゃないけど、息子のアルバムが出来ていない。
…ゴメン。
職業柄、どうしても凝ったものが作りたくて
結局前に進めていなかったからだ。

事ある毎に、あ~やらなきゃ~と思い、
ちょうど富士山に登り始めた時に出会った写真屋さんのフォトブック。
まるで写真集のような仕上がりに、
割高でも富士山は特別行事!とばかりにお金をかけていた。
(他はまだです。息子よゴメン)
そのフォトブックを超特急で作り、
昔のと一緒に家族で何度も眺めては、楽しんで幸せに浸っていた。


9月には息子の運動会がある。
たくさん誉めてあげたいくらい本気で練習してきた息子の記録を
しっかり残してあげなきゃ! と例の動画コンデジを準備。

ふと、
メモリーの残量が気になり、フォトブックも作ったし
消しても大丈夫だねと削除ボタンを押した。

が……が~ん!!!
ひゃ~~~動画も消してしまった~~~!!!
バカバカバカ~~!!!
新しいデジカメの動画をどうやってDVDに落とすかがわからなくて、
まだ保存出来ていなかったのにぃ(泣)

楽しかったなか、大変な思いをして撮った貴重な思い出は、
瞬きする間もなく一瞬で消え去った。

仕方ない・・・来年もう一回チャレンジするか・・・
数週間引きずる深い落ち込みのなか、
こうして4回目の富士登山は幕を閉じた。

                      <2010年富士登山 おわり>

次回→富士山のおかげ

a0219656_2216898.jpg





富士登山のフォトブックです。
2年目から作り始め、小さいのは2年目のプレゼントに応募したら当たったミニサイズ。これを1年目にしました。他にも3家族で行った、じいちゃんの70歳のお祝い旅行も、各家族分、記念にフォトブックにしました。
とても気に入っているのですが、文字が自動では入らない・・・フォトショで入れるしかないのがめんどくさいなぁと思っていたら、最近は、もっと「本」らしい、文字も簡単に入れられるタイプも出たんですね。
今年のは、その進化した本にするべきか、もともとのデザインに合わせるべきか、悩んでるうちに10月になってしまいました。
どうしよっかなぁ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-13 20:09 | 2010御殿場口下山

現実への帰宅 ~下山17~

贅沢ばかりなので、夕食は気楽坊のセルフサービスの食堂で。
初めて食べてみたけれど、
びっくりするほど美味しくなく、残念だった。
(食べてばっかりだ・・・)

年休無しの土日登山にしたので、当然明日は会社に学校。
あ~あ、やだなぁ(泣)
家族全員が同じ思いだった。

さっき熟睡 (気絶?) したおかげで、体力的にはつらくはなかった。
ただ、すでに痛めている足腰に加えて、
明日の筋肉痛がコワい。
楽しくて大満足だった分、現実に戻る辛さと肉体的な辛さがこたえる。

週末名物の高速の大渋滞を避けるために、
もう少し仮眠し、0時を過ぎてからチェックアウトした。
ここに来るといつも買う、
恒例の井村屋のあずきバーを買って車に戻るが、(まだ食べる?)
モワ~っとして暑い。
2010年の夏は本当に酷暑だった
寒かった富士山を思うとその分余計に離れるのが寂しかった。

真っ暗な駐車場から車を出す。
ふぅ、仕方ない、さあ家に帰ろう。
我が家でうさぎ君も待ってるし。

渋滞を避けたおかげで、家にはあっさり着いた。
見慣れた我が家でも、
長い長い旅から帰ったような感覚。
だけど、もう現実だ。
洗濯物を片付け、明日からまた家族で頑張ろう!

次回→いつまでも記憶の中に(2010年富士登山最終話)

a0219656_21364067.jpg

久しぶりの登場。うちのうさぎクンです。
いつも、自分と同じくらいの大きさのお友達(ぬいぐるみ)の間に入ってくつろいでいます。
部屋んぽ(部屋さんぽ)の時は、外に出て良いのに、なぜか出て良いのか不安なようで、いつも頭で押したり口にくわえて、先にお友達を外に出してから、自分も「な~んとなくお友達が出てるから、外に出ただけです」という顔をしてこっそり出てきます。
こ~んなかわいい子を置いて出ているのですから、
早く帰ってあげないと・・・ですね。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-12 21:47 | 2010御殿場口下山

どこでも熟睡できる人 ~下山16~

夕飯でしか来たことがなかった展望レストランからは、
ドドーンとでっかい富士山が見えていた。
(だから展望…なのね)

ついさっきまで、あのてっぺんに居たんだよね!
不思議だね。
なんて気分良く食事してよくしゃべった。
普段ほとんどしゃべらない旦那も最初は楽しく話していたが、
そのうちビールで眠くて反応がなくなってしまった。

「早く食べてくれよ~」
と訴える旦那はすでに真っ赤な茹でタコ状態。
元気なのは息子だけ。
もう15時近くになり私ももう限界。
先に休憩室に行った旦那を追って、私たちも向かった。

気楽坊で休憩する時はいつも、
小さなテレビが付いた一人用のリクライニングソファーがズラリと並んだ仮眠室で、
旦那のアルコールが抜けるまで仮眠する。
今日も息子と並んで毛布をかぶって横になった。

ふと、24時間テレビで、
はるな愛さんがゴール寸前なのに気が付いた。
あれ??!
生中継の画面は夜だ。
時計を見るとすでに20時近い!

すごい…
5時間近くも全く記憶がない。
我ながらなんという警戒心の無さ!
情けないほどオバサン化を認めるしかなかった出来事だった。

次回→現実への帰宅


このあたり、気が抜けて写真が全く無いですね~
そうそう、気楽坊なんかの入浴施設では、浴衣だったり作務衣のようなリラックスできる服が貸し出されます。
しかし、私はそれがどうしても嫌いなので、めちゃくちゃこういったお風呂に行っておきながら
一度くらいしか着た事がありません。
あ・・・、浴衣の時は着るかな?
作務衣やムームーはどーしても恥ずかしいんですよね。おばさんぽくって。
そういうこだわりを持ちながら、しっかりこんなところで熟睡できている時点でおばさん化している私でした。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-09 22:43 | 2010御殿場口下山

心と体にしみる ~下山15~

午後1時すぎに駐車場に着き、
足を引きずりながら気楽坊に向かう。

すると、
入口に誰かの金剛杖があり、
受付にも富士山から下山してきた人々がちらほらいて、
汚れている我が家も安心して入ることができた。

お腹すいた~!
でもまずはお風呂が先だ。
早くスッキリしたい。

出る時間を約束してお風呂に入った。
しかし体を洗っている時から足の指や足首が痛い。
やっと湯船に浸かったが、痛い!
強烈にしみる~(泣)

よく見ると、足の爪だけでなく、親指と小指の外側にできた豆がむけ、
さらにはサポートタイツで足首がこすれ、
リング状に皮がむけていた。
そりゃあ痛いはずだわ。

疲れと眠けに耐えながらお風呂を出て展望レストランに向かうと、
いつもは長風呂の二人がすでに席についていた。
お楽しみのアラスカピルスと息子のジュース、
お気に入りのステーキ重にラーメンを頼むと先に飲み物が到着。

この瞬間を待ってました!
ではでは4回目の無事の富士登山を祝って、カンパ~イ!!
うーーん、やっぱり美味しい!
空っぽの胃に、少しシャリシャリと凍ったビールがきく。

ケガもなく家族全員で無事に下山できた今回の富士山に大満足できたうえに、
こんなに美味しいご褒美をいただくことができるなんて、
本当に幸せが心にしみいった。

次回→どこでも熟睡できる人

a0219656_233318100.jpg
すでに真っ赤に出来上がった旦那と、定番のヘン顔をする息子。
私、お酒はめっぽう強いのですが、お酒を美味しいと思えない残念な人。 飲み会と言えば 「まずビール」・・・となりますよね。 そのビールは一口目の口を離したらだめ、もう美味しくない! あとはお付き合い飲酒をしていました。それがこのアラスカピルスを飲んでからは、困ったことに生ビールが美味しくて美味しくて! でも缶ビールはダメって、わがままですね~。 このお話しは去年のネタですが、あれから生ビールを自ら頼むことが格段に増えた私でした。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-05 06:26 | 2010御殿場口下山

気楽坊に行くぞ ~下山14~

やっと車を出し、最後の楽しみの「気楽坊」に向かう。
ここは、御殿場高原ビールで有名なリゾート「時の栖」の
広い敷地内にある日帰り入浴施設。

スーパー銭湯にはちょっとお高いのだけど、
お風呂の良さもさることながら、マッサージ機が無料だったり、
エスプレッソが100円な上に無人の木箱にお金をポトンと入れるだけの信用商売、
自販機の値段も普通、雑誌読み放題で、休憩場所も充実。
なにより食事が美味しい!

こういったお客をもてなす企業精神が
従業員の隅々まで行き渡っているから食事も美味しいんだな
と感じる気持ち良い施設。

出掛けると必ず銭湯や温泉に入って帰るほど外湯好きの我が家は、
当たり外れで毎回違うところを探していたが、
ここに出会ってからは、
ここに行きたいがために外出先を選ぶことが増えたくらいだった。

それに加えて強烈にハマったのが氷点下ビールのアラスカピルス!
時の栖の施設には他にも宿泊施設やイベント、
地ビールレストランなどなどリゾートと言えるものがたくさんあるが、
このアラスカピルスは気楽坊にしかないので、
他は全く行ったことがない。(笑)

ちなみに去年までは同じ「時の栖」経営で
サービスの良い「天恵」に行っていたが、
ピルスに出会ってからはなかなか行けなくなってしまった。

そんな気楽坊は、いつか親や姉妹と一緒に行きたい大好きな場所だ。

次回→心と体にしみる


しまった、時の栖の話しはすでに下山10でしてしまいました。
でも、何度でも紹介したいくらい良いところ!
御殿場地ビールだけでなく、光のトンネルなどのイベントをやっていて有名で、、よくバスツアーなんかも
設定されたり、社員旅行だったりして行かれたことがある方も多いかなと思うのですが、
いろいろある施設のなかの、「気楽坊」にお風呂に入っても食事は地ビールレストランへ行くのがほとんど。
もったいな~い。 いやいや、地ビールレストランももちろん良い場所なんですけど
アラスカピルスと美味しい食事のある展望レストランもオススメなんです。 皆さまぜひ~。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-04 23:25 | 2010御殿場口下山

盛り上がる真っ黒家族 ~下山13~

真冬の山頂から、
一気に真夏の現実に戻り、暑い暑い。
茶色にそまった靴やズボンなどの洗い物をひとつにまとめ、
エアコンのきいた車内に乗り込む。

手を洗いたかったが、行きには開いていた売店は、
シーズン終了で店じまいしていて水道がなく、
駐車場にあるトイレにも手洗い場所がなかった。

仕方なく、車内のウエットティッシュで手をふく。
当然真っ黒。
続いて顔を拭くと真っ黒。
2枚目でも真っ黒。
耳も、耳の中も真っ黒。
ついでに鼻の中も超真っ黒!
毎年のことながら、マスクしてたのにすごいね。

今からお風呂に入るのだから適当で良いのだが、
ある程度普通の顔と汚れ具合で行かないと
店に申し訳ない。
そう思うくらい、どこもかしこも砂や土埃で全員真っ黒な上に汗まみれ。

だけど、自然にみんなが笑顔になるくらいの満足感が家族にあった。
ただいま我が家はアドレナリン大放出中!(笑)

心のどこかで、
真っ黒になった我が家を誰かに見て欲しいという気分になっている。
それはまさしく昨日御殿場口で出会った
下山の男性
の気持ちと同じだった。

見て見て聞いて!
私たち、家族で山頂まで行って、今無事に下山してきたんだよ!

っと、そんなウザい事を聞いてくれる人はいないけど、
車内で家族だけで盛り上がったのも楽しかった。

次回→気楽坊に行くぞ


晴れが続いた後、地面が乾いているときの登下山では、本当に笑えるくらい真っ黒になります!!
まぁ、みんながそうなので、少々見ただけでは分からないので、別に気にしなければ良いのですが、
よくテレビや雑誌などで、モデルさんや芸能人の方が、とても爽やかに清潔に画面に出ているのを見ると、
「やっぱり途中途中のお手入れなんかの、ちょっとした心がけが違うのかなぁ」 と不思議になります。

そうそう、満遍なく黒いから、黒っぽいファンデをつけているのと同じと思えば
逆にこすったりしないほうが目立たないのかも・・・あ、ダメですか(笑)


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-09-30 06:55 | 2010御殿場口下山

本当に砂だらけ ~下山12~

2010年の下山はなんと約3時間40分!
一番長い距離なのに今までで一番短時間!すご~く成長したぞ。

そんな会話をしながら、
脱いだ靴やらスパッツなんかの汚れを車に積んでしまわないよう、
靴同士をボンボンと勢い良くぶつけて払う。

富士山は溶岩の砂つぶは黒いが、土はほとんど赤土。
みんなの靴はどれも違う色なのに、
おそろいで茶系の靴を買ったっけ?というほど
見事きれいに変色している。

先に脱いだ旦那と私の靴の土を払い終え、
息子の靴を取りに行くと、脱いだ靴の近くになぜか2箇所、
こんもり砂つぶの山があった。
駐車場にはそこまでの砂はないはず。

不思議がっていたら、息子が
「靴に入ってた砂だよ!」と言うので驚いた。
「え?こんなに靴に入ったまま下山してたの?」
確かに、息子の砂よけのスパッツ(ゲイター)は途中でヒモが切れ、
何度か直しながら、砂が入ってないか確認しながら下山していた。
砂と言っても直径が数ミリあるので、靴に入るとかなり痛い。
でも明るく大丈夫!と言うので安心していたのだった。

びっくりするほどたくさんの砂で重くなった靴をはいて下山した息子は、
裸足で下山したようなもの。
でも何ともないって、若いなぁ。

次回→盛り上がる真っ黒家族

a0219656_0214649.jpg













息子のトレッキングシューズ
右から3年生(23センチ)、4年生(24センチ)、5年生(25.5センチ)です。1年生は確か21センチで、2年生は22センチだったから、毎年1センチずつの成長ですね(笑)
以前にも書きましたが、これまでは富士山のための、たった1回しか履く機会がなかったので、靴は重要!と知りながらも、ご覧の通りの安いものを探していました。最近の山ブームのおかげか、今年はABCマートで防水ながら手ごろなものがあったのでそこで購入。ゴアテックスではありませんが、8月に燕岳の登りで初めて大雨にたたられたものの、大丈夫!助かりました~。
でも、今後はもう少し親子とも靴にお金をかけたほうが良いかもしれないと、自分の足を見るたびに思います。あぁ、またお金かかるなぁ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-09-29 20:02 | 2010御殿場口下山