富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

タグ:大砂走り ( 5 ) タグの人気記事

御殿場口を登るなんてやっぱり ~下山8~

しばらくすると無人小屋があり、たくさんの人が休憩をしていた。
そこから斜面がなだらかになり、大砂走りは終わりのようだ。

まだ走るように大股で早歩きをしてしまうが、
だんだん砂の深さがなくなり、
足に地面の硬さがズシンと響くようになってきた。

大砂走りが終わってもなお砂漠にしか見えないような広い道を、
クッションがきいた砂の多い場所を探しながら
ジグザグクネクネ歩いていく。
あ、足が痛い…足裏も膝も足先も…
もう少ししたら大石茶屋があるはず。
早く休憩したいよ~!

もうそんなことしか頭に浮かばなくなってきた。
楽しかった分、つらい。

6年間連続登頂を目指すなか、4回目にして余裕が出てきたせいか、
これまで絶対にありえないと思っていた御殿場口からの登山に、
少しずつ憧れを持ち始めていた。
せっかく何度も登っているのに、
登ったことの無い登山道があるのが残念に思えてきたからだ。

しかし、「来年どうする?登ってみる?」
なんて家族で話していたものの、
大砂走り以外上り下りが同じ道を、今回こうやって見てきて、
何をどう考えてもやっぱり無理!という結論が出た。

特に下のほう、
そう、今下山している辺りは本当に何も無い。
道のような道でないような、
少し草が生えている箇所があるだけで、
ただただ砂地が延延と広がっている空間。

まるで砂漠をさまようかのような登り。
距離も長いうえに、登っても砂でずり落ちる。
今の私たちが登っても、きっと10時間では登頂できないだろう。

次回→浮いているのはどっち?

a0219656_1172197.jpg
写真左側にある細い白いラインが、下山道の目印となるロープです。
そのさらに左側に登山道があります。
下山の大砂走りほど、深いザクザク砂地でなはいにしても、登りにくい砂地であることには変わりなく、下山しながら横目に見ていると、「かなりつらいだろうな~」と思ってしまいます。

ちなみに写真の雲の切れ間の先に見える白い点が
目指すゴールの駐車場!
近いように見えて、これがなかなか・・・(泣)



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-09-20 06:40 | 2010御殿場口下山

動画撮影会 ~下山6~

大砂走り、めちゃくちゃおもしろ~い!
それに、ジグザグしないで、
真っすぐ駆け下りて行けば良いから超気持ちいい!

なのにこの凄さ、おもしろさは
どうしても写真や文章では伝わらない。

ということで、デジカメで動画を撮ることに。
この大砂走りを撮影したいがために8年ぶりに今夏買い換えた
このデジカメはスゴイ!
ポケットに入るコンパクトながら、動画はなんとフルハイビジョン!
富士山の前に行った旅行でもたくさん撮ったが、
大画面液晶テレビで再生しても、
めちゃくちゃきれいで音もしっかりしている。

登りでの撮影に続き、いよいよ本当の出番がやってきた。
みんな楽しくて、どんどんどんどん下って行ってしまうから、
私が先に行くまで待ってもらって、いざ撮影。

手をふって合図すると、勢い良く二人が走って来た。
でもバランスを崩した旦那があえなく転倒。
もう一度撮るためにまた先に行き、
合図でスタート。
急斜面がわかるように、私を抜かして行ってもらったが、
いざ止まろうとしても勢い良すぎてなかなか止まれない。
はたして、おもしろいムービーが撮れた!撮れた!
これは迫力ある思い出が残せたぞ。

次回→体力と精神力

a0219656_2319539.jpg













どわ~っと走って行く姿は、かなりおもしろいです。
普段走るってことはあっても、こんなにはしゃぎながら
全速力で走るなんて、そういえばないもんなぁ。
大砂走りは少々長いので飽きてしまう人もいるようですが、
このときの我が家はそんなこともなく、
ただただ楽しく下っていけました。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-09-16 23:27 | 2010御殿場口下山

いよいよ大砂走り! ~下山5~

宝永山までの懐かしい道を過ぎ、
そろそろ砂煙が上がっていたあたりに突入するはず。

後から抜かして行く人たちが、
ザッザッザッと大股で軽快に走りはじめた。
でも、まだ想像していたようなザクザクな砂地ではない。

え~!こんなもんだったの?とがっかりしながらも、
下りて行かなければ解決しない現実に自然と早足になる。
何度かガスに覆われ、
目印の細いロープだけが頼りになっても、
元気な息子は待ちきれずダーッと走って行ってしまう。

「見えなくなるから先に行かないで!」
と私たちも走って追いかける。

11時を過ぎ、そうこうしているうちに、
いつの間にか、一度走り出すと急には止まれなくなってきた。
なんとか止まったその場所は、
姿勢をキープするのも大変な急斜面で、
周りはまったく何も無くただただ砂の世界が広がっている不思議な空間だった。

足はふくらはぎまでズッポリ砂に埋まっている。
その足を抜き、思い切って大股で一歩踏み出すと、
ザザーッザザーッと豪快に進む。
オモシロい!

一歩、また一歩と加速していき、
慣れてくるとコツがわかってきて、
片足ずつジャンプするように、また豪快に下りていく。
まるで、砂だらけの月面で、ジャンプしながら走っているようだった。

次回→動画撮影会

a0219656_2314533.jpg








以前、大砂走りの写真を掲載してから、早3ヶ月!
この話をやっとUPできました!長すぎですね。

下界が見えればなんてことないですが、
もしガスで全く視界がきかなかったら・・・
な~んにもないこの砂の斜面は、それはもう永遠に思えるくらい
長く感じるかもしれません。
でも、この時はガスは時々で視界良好だったため
楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。
少々こけたって大丈夫。砂がクッションになってくれます。
親子3人して、かなり子供のようになってはしゃいでました(笑)



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-09-14 06:00 | 2010御殿場口下山

富士登山の動画記録 ~山小屋まで10~

この年、勤続丸15年のリフレッシュ休暇をいただくことが出来たので、
富士山の前に、8年ぶりの海外旅行が実現できたことから、
お金も無いくせに思い切ってカメラを新調した。
決め手はコンパクト&10倍ズーム&フルハイビジョン動画機能があること。
新調した理由には、動画が撮りたいということが大きかった。

なぜなら、
毎年富士登山の大変さというかリアルな状況を写真に収めているのに、
プリントを見ると、どうしても大変そうに見えない・・・。
そこで去年、古い機種ながらコンパクトデジカメで動画撮影したら、
意外におもしろかったので、今回どうしても動画記録がしたかった。
一番楽しみにしていたのは、大砂走り!
ものすごいスピードで、ザッザッザッと大またで降りる様子は、
下山後の上映会でもすごく面白かった。

さて、登りの撮影はというと、
動画の場合、私が一人先に行き、二人が登って来る様子を撮影。
今回体力があったとはいえ、これが結構つらい。
でも自分が撮りたいって思ってるんだから、
自分で撮るしか無いのだけど、
たまには私の動画も見て見たいよ~。

次回→3010m元祖七合目

a0219656_2215737.jpg





前回、すでに岩場の写真を出しましたが、
これはその前の写真です。
そう、写真ではこんなに緩~い斜面に見える・・・
でも実際は、二人が下を向いているように
けっこうキツイんです。
コンデジの動画機能は面白いですよ~!


◎今日のヒトコト・・・
昨日、久しぶりにかなりガツンとくることがあり、家に帰ってから落ち込んで何もする気になれませんでした。
家族や周囲の誰かが悪いわけではないのですが、旦那が休みだったこともあり、ほとんどフテ寝状態。
今日もあんまり考えないように普通にしていますが、当分はダメかもな~。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-15 22:35 | 2010富士宮口山小屋まで

登山のお楽しみを考える ~準備4~

初め登った時は、ただ八合目まで行けたらいいや!
という程度の欲を持ち、山頂までクリア。
2度目は御来光とお鉢巡りをして剣が峰に行くこと。
山頂郵便局で登頂記念ハガキを息子に出し、
山頂カメラマン小岩井さんの写真集をご本人から買うこと。
3度目は初の山小屋体験と山頂郵便局から
家族や友達にハガキを出すことと、砂走り体験…
というふうに、毎回何かしらのお楽しみというか、目標を家族で決めていた。

ただ、息子に関しては、もう登りたくないというのが本音だったので、
気分を盛り上げるために、頑張って山頂に無事着いたらそこで開けて良い
小さなオモチャを持って行かせていた。

今年は?というと、
まだ見ぬ影富士と、山頂でコーヒーを入れること。
それとやっぱり憧れの大砂走りでしょ~!
大砂走りとは御殿場口の下山道にある砂だらけの急斜面。
数々のガイドブックに
「飛ぶように下山し、一歩が2mにも3mにもなる!」と書いてあり、
ちょっとホント~??と疑いつつ、誌面に登場する誰もが笑顔で楽しそう。
我が家もいつかは体験したいなぁと家族で話していた。

a0219656_22203631.jpg








憧れの大砂走り!めちゃくちゃ面白かったです。
でもかなりな急斜面、調子に乗ると急には止まれません。
今年も下山は大砂走りの御殿場に決定です!


◎今日のヒトコト…
今日は土曜参観でした。
そういえば、前回の参観では授業中に保護者の携帯からいっせいに緊急地震速報が・・・
子供たちはちゃんと机の下に隠れてたけど、親はそのまま、
「おぉ!ゆれてる~(怖)」って見守るしかありませんでした。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-18 22:33 | 2010登山準備