富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

タグ:宝永山 ( 8 ) タグの人気記事

火口でランチ ~宝永火口7~

宝永山に登る人、
すぐ下にある第二火口あたりまで歩く人、
バーナーを使ってベンチでお茶する人などなど、
火口付近には意外に大勢の人がいた。

私たちもランチをしようと場所を探した。

一番底よりも
下界が見えるところが気持ちよく、人も少なくて良いので、
大きな石の陰にレジャーシートを敷いて座った。

9月の空気は思ったよりも冷たく、
予測して着込んで行った服ではじっとしていると寒いくらい。
晴れで視界が開けたり、ガスに覆われたりと、
ころころ変わる天気は山の高さを実感させる。

さっそくおにぎりや果物、お茶、
途中で仕入れたゆで玉子なんかを、
ゴミが風で飛ばされないように注意しながら広げ、
ランチタイムを始めた。
何てことないランチだけれど、なんか落ち着くんだよね。
楽しいなぁ(笑)

いろいろなイベントを楽しんでいる人がいるのに、
大きなレジャーシートを広げているのは我が家だけだ。
ちょっと目立っていたけれど、
まぁ気にしない気にしない。

いつもの小心者の我が家なら、
周りを気にして、悪いことじゃないのにやりたいことも出来ないでいる。
でもこういうところに来ると、
なぜか気持ちがおおらかになって、
ちゃんと家族イベントを楽しめる余裕が出てくる。
もちろん自然や周囲に迷惑をかけないのは鉄則だけど。

自然の持つ癒やしは、
やっぱり本物の自然の中にいてこそ得られると思った。

次回→未知なる大沢崩れ

a0219656_2321102.jpg









あれれ?写真がアップされないっっ(泣)なぜ??後ほどチャレンジしてみます。
(↑ん~~??プレビューでは出なかったのに、送信したら出た・・・)
ちなみに写真は、コールマンのレジャーシートを敷いてランチしている写真です。
このレジャーシートは、御殿場のアウトレットで購入し、この大きさと半分のと2種類持っています。運動会はもちろん、ちょっとした公園行きも車に積んでいるので使ったりして何かと便利!
って、そういえば、最近は息子もお友達と遊ぶばかりで、遠出の時しか付き合ってくれないから、ちょっと出番が少なくなってしまっているかも・・・。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-11-15 23:31 | 富士山周辺のお話

恐怖と現実のギャップ ~宝永火口6~

岩場や砂地を下ってお鉢の中、
つまり火口の底に近い場所まで行く。

全体的に赤茶色のこの広い空間には、
登れるくらいの大きな石があちらこちらに転がっている。

以前も書いたように、下山で真っ暗闇を通った時は、
御殿場から宝永火口経由で横に富士宮口の六合目まで向かう道は、
目指す場所も自分の周囲も見えず、
全く距離感がつかめないからとにかく長かった。

また、進行方向の道に対して左から右に下がるように斜面があり、
全く全貌が見えないその左の斜面から
大きな岩が落ちて来たらどうしようと、
本気で泣いてしまいそうになりながら焦っていた。

では実際は?
というと、距離は想像より遥かに短く、
落石を心配していた道の左(宝永山)側には
潰されそうになるくらいの大きな石はほとんどなく、
底には休憩出来るベンチまであって和やかムード。

え?こんなもん??
もちろんすぐ登れる距離ではないし、
右(富士山)側のえぐれたところには今にも落ちそうな岩がたくさんある。
しっかり体力を使う本格的なハイキングコースなので、
簡単お気楽!などとは思わないけれど、
精神的に追いやられると、
人ってこんな地獄のような恐怖を自ら作ってしまうのだな、
と納得してしまった。

昔話しで、妖怪や百鬼夜行などが出てくるのもうなずける。
本当の暗闇とはこれくらい人を恐怖に落とし入れるのだな。

次回→火口でランチ

a0219656_21332580.jpg



私が富士山側に立ち、宝永山方向を写した写真です。
ちょうど真ん中にうっすら線が見えるでしょうか。登山道です。意外にザクザクしているので、下山は膝に負担が少なくて良いのですが、登りは登ってもズリッとずり落ちます。なので、見た目より登りはしんどいようです。
「ようです・・・」と書くくらいなので、実は火口ばかりでまだ宝永山山頂には登ったことがありませんっっ。いつか一度行ってみたいなぁ。
なお、写真はないのですが、本文にあるように、火口の富士山側には、落石の恐れがある大小の岩石がたくさんくっついている状態で怖いです。この何年か後に、ふとあるサイトで宝永山の大規模な落石の動画を見てしまい、かなりぞっとしました。
基本的には危なくはありません。でもここは自然・・・宝永山だけの話ではなく、やはりこういったことが 「起こるかもしれない」 という想定をして自然の中に入らせていただかなければと思いました。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-11-12 21:49 | 富士山周辺のお話

実はお得なハイキング ~宝永火口5~

宝永山は、富士山の横にから吹き出した火口と、
それによって出来た山。
まさに「休火山」という風貌だ。

森林限界で木がほとんどなく、
砂や石、岩ばかりだし、見た目だけでなく
夏でも冷たい気温や山の変わりやすい天気など、
山頂を目指さなくても意外にしっかり富士山を感じることが出来る。

さらには、五合目の登山口まで車で行けるうえに、
六合目までの区間は他の区間と比べものにならないくらい
登りやすいし、距離が短い。

宝永山山頂まで行くのはかなり大変だけど、
火口の底に降りることもでき、
運が良ければ本物の富士山山頂も、
下界も雲海も見ることができる。

なので、登る勇気や気力や体力はないけど、
富士山には行ってみたい!と悩むなら、
ここに行って富士山という異空間を堪能するのがおすすめ。
それくらいお得なハイキングコースなのだ。

と言っても、山は山。
突然恐ろしい場所に変わる可能性のある自然環境。
それなりに自己管理をしっかりと、各自責任持って行かなければ、
と思う。

次回→恐怖と現実のギャップ

a0219656_23134985.jpg







火口付近にて。
ちょっと分かりにくいのですが、息子は大きな岩(溶岩?)の上に座っています。
画面右側が宝永山山頂側で、左が富士山側。その中央のくぼみが火口です。
息子のピースサインのすぐ上から画面左にむかって「く」の字に登山道があるのですが、WEB用に画質落としたら見えなくなってしまいました。それくらい、うっすらと道(登山道)なんです。
そういえば、何だか火口から煙が立ち込めているように見えますね~。でもこれはちょうどガスったところで、火口はただの砂地なんです。要するに何もありませ~ん(笑)
でも、日本じゃないみたいじゃありませんか?



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-11-07 23:25 | 富士山周辺のお話

服装の度合い ~宝永火口4~

我が家は足元は登山靴だったが、
息子がジャージで、親も割とラフな服装。

最初の頃は、「山=専門的な装備が必要」で、
素人は立ち入り禁止! 閉ざされた領域!
だと思っていた私も、今は要領がわかるようになってきた。

最近はアウトドアファッションがとてもおしゃれになり、
街中でもあえて着ている人が多くなって、
服装がボーダーレスになってきたように思う。

さて、ぞろぞろといる他の観光客に混じって、
六合目の山小屋に到着。
今日はここでは休憩せずに、さらに先に向かう。

六合目は宝永火口より上にあるため、
上に向かう登山道に入らずまっすぐ奥に歩いて行くと、
すぐに下りに変わる。
その道は、道と言えば道だし、
そうじゃないと言えばそうじゃない、
そんな感じにわずかに踏み跡がある程度。

最初は、え?どこ通るの?と驚いていたが、
富士山以外に行くようになってからは、
な~んだ、普通の道じゃん!と思えるようになってきた(笑)

大きな口をポッカリ開けた火口は意外にすぐそこ(に見える)。
低木の林の中をほんのちょっと抜けるだけで、
すぐに砂礫の急な斜面が出てきて、
視界がパァッと開けて宝永山と火口が左手に広がる。

ここに来るだけでも、ここって日本?!
という不思議な景色に圧倒されてしまう。

次回→実はお得なハイキング

a0219656_23414823.jpg
前回と同じ、富士宮口六合目の山小屋前にて。この写真と前回の写真って向きが違うだけ・・・なのに、不思議なくらい雲の様子が違いますね。
富士山に登るようになって、空を見上げて雲をよく眺めるようになったなと思います。家族で最初の富士登山を終えてから、旦那にそのことを伝えると「確かにそうだな」とうなずき、別の日に息子とその話をすると、「ぼくも、雲がおもしろいと思ってよく見るよ。」と言っていました。狭い都会の空でも、ふと仕事中に窓の外にわずかに見える空と雲を見てホッとする私がいます。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-11-03 23:55 | 富士山周辺のお話

宝永火口ハイクに行こう! ~宝永火口3~

急だったので、
いつものようにおにぎり程度しか持って行けず、
途中のコンビニでおかずやらお菓子を調達。
(もちろん激ウマゆで卵も!)

富士宮口には閉山した後もたくさんの車が止まっていて、
観光客に混じって、我が家と同じように宝永火口ハイクに行く人や、
きっと山頂目指すんだろうなという服装の人がちらほらいた。

もう何度ここに来ただろうか・・・。
ダントツ人気の吉田口のようにたくさんのお店で賑わっているわけでもなく、
ちょっとした地味なお土産屋さんがある程度のシンプルな登山口。
普通なら何度も来ると飽きてしまいそうなのに、
たまにガスが切れてチラッと見える山頂や、
この先は明らかに富士山だと感じられるゴツゴツした道など、
ここに来ると
「あぁ、ここは富士山なんだな」
と、非日常に身を置いている自分を感じて、なぜかわくわくする。

2400mのいつも看板の前を通り、いつもの調子で登っていく。
「ちょっと遊びに」程度の気持ちだったこともあり、
大して高度順応もせずに登り始めたから、
やっぱりすぐに息が切れて頭がクラクラする。
砂地では足を取られて苦労してしまった。

うーん、意外にしんどいなぁ。
やっぱりここは2400m。空気が薄いんだよね。

次回→服装の度合い

a0219656_0564135.jpg





う~ん、良い写真が無いですね。
まだ話より早いけど、六合目の山小屋前から撮影した雲海です。
富士宮口は、富士山の登山口の中で一番高い2400m。しっかりと一山分くらいの高さがあります。
その六合目からなので、雲海もこんな感じで見えるんですね。すでに異空間にキターッて感じです(喜)


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-11-02 01:06 | 富士山周辺のお話

なぜか行けない宝永火口 ~宝永火口2~

実は2007年の最初の登山前に
富士宮口五合目に下見に行っている。

その時は六合目まであと少しという時に、息子が
「トイレ~!」
と言い始めてしまい、
まだ六合目がどんな状態なのかがわからなかったこともあり
なぜあなたはこのタイミングなのよ…(泣)
と最悪な気持ちで引き返した。

そこで、「もう一度六合目に行ってくる!」と言う旦那と息子を
五合目のベンチで待っていたら、
そのまま二人は火口まで回って来て、
私は延々と2時間近く待ちぼうけをくらってしまった。

また、おじいちゃんが来てくれた時に、
宝永火口でコーヒーを楽しんでもらうサプライズを企画していたのに、
行ってみると登山口は豪雨となり、
仕方ないので無理やり五合目の2400mの看板の前で
写真を撮っただけで断念してしまった。

なので家族で私だけがまだ宝永火口に行ったことがなかった。

2009年、
3回目の下山後もまたまた富士山熱が上がってしまい、
まるでアイドルに熱狂するファンのように、
自分でも笑えるくらい頭の中が富士山だらけになっていた。

イベント満載な夏休みだったこともあり、
9月は大人しくしなきゃ!
と言い聞かせていたのに、やっぱりしびれが切れてしまい
どっか行きたいよ~(泣) という状態になってしまった。

ならば宝永火口に行ってみよう!ということで
家族の意見が一致し、ある休日の朝、突然決めた。

次回→宝永火口ハイクに行こう!

a0219656_23215325.jpg










2007年の9月、おじいちゃんが息子の運動会に来てくれた時に、異空間な富士山を体験してもらいたくて、コーヒーサプライズを計画した時の写真です。
雨、写真では分かりにくいのですが、風もひどくてかなりなモンでした(泣)
でも、父の笑顔が嬉しかった! この後、御殿場口にも行ってみたのですが、雨がちょうど止み、なんと虹のサプライズが! そして前回「すすき」の回で書いた、広い広い広~いすすき野原にも出会うことができた、思い出の写真です。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-30 10:13 | 富士山周辺のお話

富士山の横ルート ~宝永火口1~

富士山の楽しみ方には、
遠くから眺めたり、縦に登るだけじゃなく、
実は横ルートもある。

横ルート(私は勝手にそう呼んでいる)とは、
吉田河口湖口の登山道から大沢崩れまで山腹をぐるっと向かう御中道や、
御殿場口から登れる双子山など
五合目あたりから行けるハイキングコースで、他にもたくさんある。

富士山の雑誌を読みあさっていると
必ず出てくる人気のハイキングコースだ。

その中に、1回目の下山で、
真っ暗闇のなかを延々と続く恐怖と戦いながら通った
宝永火口ルートがある。
初めての時はまだ、どうしても富士山に登ることにしか目が行かなくて、
周辺にある宝永山や火口は、ただの下山迂回ルートで、
人気のハイキングコースだとは気がついていなかった。

だから、下山の時にまさか何も見えない真っ暗な火口の底で、
歩くわけでもなくずっと座り込んでくつろいで話している人がいるなんて!
と、不思議で怖くて仕方なかった。

本当に真っ暗闇で、
自分のヘッドライトが照らす周囲2m程度しか見えなくて、
ものすごく長い長い道に感じられたあの恐怖以降、
宝永火口の実物がどんなものだったのか、
明るい時に全景を見てみたいと思っていた。

次回→なぜか行けない宝永火口

a0219656_2224827.jpg


















「富士山ブック2011」より
雑誌には、富士登山を経験したあとに、もう一度富士山へ!と提案してあり、富士山バカな我が家(というか私)はどうしても行きたいと、思うようになっていました。しかし・・・ハイキングとトレッキングの違いというか、ハイキング自体がどういうものかを全く理解していなかった私。この先、富士山が恋しくて突然行ってみたり、ハイキングの実際を知らない、その辺の甘さを痛感しながら経験したことやなんかを書いていきたいと思います。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-10-29 22:17 | 富士山周辺のお話

宝永山が小さくなる ~山小屋まで7~

何度も書いたけど、今回は本当にお天気に恵まれた。
暑くて今までで一番水の消費が早いが、
とにかくちょっとした休暇の度に一口ずつ飲み、
なるべく息子の荷物が軽くなるように優先した。

さてその息子はというと…相変わらずダラダラグダグダして、
すぐに「休む~!」と言っては立ち止まってしまうけど、
あれ?今回は泣いてないじゃん(喜) 
ペース配分も、まだガイドブックに書いてある時間より遅いとは言え、
いつもより早い!頑張ってるじやん!

立ち止まっては、下界の景色を見て、何度も何度も
「お母さん、すごいきれいだよ~」って教えてくれる。
辛くてついつい上か足元ばかり見ていた私は、
息子のおかげで何度も下界の素晴らしい景色を眺めるという、
富士登山の醍醐味を味わうことができた。

本当に景色がきれいだった。
特に富士山の横にある火口からできた宝永山が、
振り返る度にどんどん小さくなっていく。
自分たちがどれだけ頑張ってきたかが実感でき、それが本当に励みになった。

次回→いろんな酸素

a0219656_22303658.jpg




写真の中央にぽこっと出ているのが、
約300年以上前の噴火で出来た宝永山です。
新幹線から富士山を見たときに、
右側にでっぱりが見える、あれです。
だいたい六合目で同じくらいの高さに見える
のですが、振り返るたびにどんどん小さくなって、
頑張ってきたことがうれしくなります。
息子にずいぶん良いきっかけをもらいました。


◎今日のヒトコト・・・
今日は11日。大震災から丸4ヶ月たったんですね。
東京での、あの日の揺れの怖さ、テレビでリアルタイムに変わる状況に泣きそうになり、
帰宅困難で会社に泊まり・・・未だに辛い記憶が鮮明に頭に残っています。
阪神・淡路大震災の時、一人暮らしをしていた京都で強い揺れを経験していますが、やはり家族を持って
から経験した今回のほうが、すべてが怖く、苦しく、どうしようもない気持ちになります。
でも、どちらの大震災も私は被災地ではなかった。被災地の方の痛みを思うと、私の状況で心が苦しい
などと、弱音を吐いているのはおかしいのかもしれません。
きれい事ではなく、こんなちっぽけな私や家族でも、何かできることを少しでも「長く」継続していかなければ。
そう強く思います。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-07-11 22:56 | 2010富士宮口山小屋まで