富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

タグ:浮石 ( 2 ) タグの人気記事

長い長い長~い下山~2008年吉田口下山2~

もうこの時間になると、
あれだけたくさん居た下山者の人数は落ち着いていた。

ガスが出てきて全体が見渡せないが、
くねくねと九十九折になった
何のへんてつも無い赤茶色の道が続いている。

「道の角が何個あるか数えてみよっか」
と息子と相談し、
数えながら下山していった。

こんな道は、まさに前回の富士山以来、1年ぶり。
まだまだ慣れなくて足取りがおぼつかない。
途中、かなり急な下りもあり、
テンポ良く下って行く旦那と違って、
また息子と二人でヨチヨチ、コワゴワ、ノロノロと
超スローに下っていた。

それなのに、たまに
「うわっ!!」
とどちらかがしりもちをつく。

足下ばかり見て、気をつけているのに、
どうしても大きな浮石を踏んでズルッとすべってしまうのだ。

しかも下山者が少なくなったとはいえ、砂埃がひどい。
マスクの代わりに泥棒のように
バンダナを口あたりに巻いていたが、
息が荒いので、吐いた息が目の辺りに上がってきて、
メガネが曇って困る。

右手で金剛杖を持ち、
左手はメガネが曇らないようにバンダナを押さえ、
ずぅっとこの姿勢のまま下ることになってしまった。

「次、何個目かな?」数えていた角が、
たまにわからなくなってしまい、
正しい数字ではなくなったけど、
何もやることが無いので、息子と数え続けていた。

次回→下山の危ない小学生

a0219656_13331159.jpg


















う~んと、これは何の写真だったかな・・・。前回の写真から、今度は上を見上げたものだったと思います。上のほうに登山者(トゲのように見える3つの影)が写っているのがわかるでしょうか。手前に写っている大きな石なんかは、もちろん踏まないんですが、トラップのように隠れているんですよ~程よい石が(泣)
さて、この数えていた角の数、最終的にはかなりの数になるわけですが、ほんと・・・ほんとに長いんです。そりゃ、何時間も下るんですから、もう、うひょ~って感じです。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-09-29 13:43 | 2008年吉田口下山

下山のスピード ~下山2~

大砂走りにたどり着くまでの下山道は、
他の道と同じく、間の取りにくい不規則な幅の階段だったり、
急斜面になっていたりさまざまに変化する。

地面は乾いた土に大小の石がゴロゴロしていて、
浮き石を踏んでズルッと滑ってしまい、
何度も豪快にしりもちをついてしまう。

ガイドブックで3時間半だの4時間半だのかかると書いてある
それぞれの下山道を、そうやって足の踏み場を選びながら下るので、
せっかくの直線の道でさえ
小刻みにクネクネ曲がりながら下ってしまい、余計に時間がかかる。
特に息子と私はしりもちが怖くて、
慎重に慎重に足の置き場に気をつけつつ下山していた。

しかし、なぜだろう。
3年ぶりのルートなのに、ぽんぽんと調子良くリズミカルに下りている我が家。
しかも会話が出来る余裕すらある。
今までは他の登山者にただただ抜かれていくしかなかったのに、
どんどん抜かして行っている。

さらには息子の成長は素晴らしく、
先に行って余裕で親を待っているなんて初めてだ!
うーんこのリズム感の良さ、
追い抜かれない気持ち良さったら!


うわっ!

調子に乗ると必ずしりもちをつく…

次回→下山の山小屋

a0219656_22501570.jpg

この浮石がコワイのです。
土や砂のところを選ぶようにしているのですが、本当に石がごろごろしているので、仕方なく石の上を踏むこともあり、そのときに、「この石動くかな???」と考えながら一歩一歩足を置いていたので時間がかかるかかる(泣)
それが去年は、かなりうまく下りれるようになってきて3回だけ、さらには、なんと!今年2011年は一回もしりもちをつかなかった(喜)
すご~い!!ほんとリズム感よく下りられるようになったなぁ。自分でも不思議です。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-09-05 23:04 | 2010御殿場口下山