富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

何かにつけてお金がかかる ~準備9~

私たちは子供連れなので、登山時間に制限があるツアーは難しいと思い、
一度も使ったことが無いので分からないが、
もしかしたらツアーのほうが交通費も山小屋代も下山のお楽しみの温泉代も
込み込みで安いのかもしれない…(泣)
山小屋だけで2食付8000円×3=24000円、(土休日は8500円のところも)
途中の金剛杖に押す焼印200円×数回+山頂ご朱印300円、トイレ200円×数回、
下界の数倍する飲食代、下山後に必須の温泉代1500円×3+食事代。
などなどざっと見積もっても…うーん…40000円以上はしてしまうかもしれない(泣)
それに加えて、都度足りない装備の補充に、プラスして今回のタクシー代。
家族の一年のメインイベントとはいえ、かなり贅沢登山すぎるかしら。
とりあえず、タクシーが少しでも安いところがないか、旦那がネットで調べてくれた。

数あるタクシー会社の中でも伊豆タクシーはなんと6000円くらいしかかからず、
送迎料金も取らないという情報をゲット(喜)
さっそく旦那がその会社に電話すると、慣れた感じの対応で説明してくれ、
当日に御殿場の登山口の売店から電話すれば迎えに行きますとのこと。
やった~!これで行きは一安心。

じゃあ他に節約出来ないか考えてみることに…
山小屋毎にデザインが違う金剛杖に押す焼印と、山頂の神社のご朱印は
スタンプラリー効果が必要な息子だけにする。
山小屋で買うと600円以上するカップラーメンは持参して、山頂でお湯を沸かして作る!
うーん、これはすごくやりた~い(喜)
コーヒーも入れるつもりだったし!
最後に下山後の温泉…これだけはどこをどう考えても、ぜったいに外せない。
お気に入りの場所があるので、割引率の良い購入手段を探すしかないな。

次回→夏休みならではの問題

a0219656_22125731.jpg












金剛杖の焼印です。
いろんなデザインがあって、子供のためだけでなく、
大人もスタンプラリー効果バツグン!
登下山では杖が無いとかなり辛いです。
なので一生に一度なら、金剛杖は良い記念になります。
でもこの金剛杖、短いので800円、長いので1000円なり~。
上に行けば行くほど何でもかんでも高くなります。


◎今日のヒトコト・・・
今朝、久しぶりに揺れました。
大震災以来、会社でも家でも「揺れてる?」かどうかの判断となる
“ゆれる”目印アイテムを探してしまいます。
たとえば会社だと温度計。これで判断しないと自分がドキドキして揺れているのか、
本当に揺れているのか、たまにわからなくなってしまうのです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-06-23 22:42 | 2010登山準備