富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

ありがたい真夏の太陽 ~御来光登山6~

猛暑の真夏でも、
山頂では4度前後しかない真冬の気温。
寒くて寒くて震えていても、
太陽の光を浴びると体が温まって元気が戻ってくる。

御来光登山は、
闇や寒さから生き物を救う太陽の有り難みを
肌で感じることができる素晴らしい機会だと思う。
何度見ても同じものはなく、
何度でも感動する。

息子もこの瞬間を楽しみに頑張っていた。
なのに…
太陽が顔をのぞかせる感動の瞬間、
彼は寒さと眠気のあまり、地面に小さく丸まってうずくまっていた。
「せっかくここまで頑張って来たんだから、御来光見てごらん」
と言って、何とか起こした。

刻一刻と変化する御来光は、
一瞬たりとも見逃せない!もったいない!
しばらくは家族で眺めて、写真を撮ったりしていたが、
しばらくするとまたうずくまってしまった。

息子は、フリースの上にダウンベストを着て
レインウェアを着ていたが、
寒いと言うので、更に上から旦那が持って来たダウンを着せていた。
フードもかぶっていたのでモコモコのぬいぐるみ状態。
眠くてしゃがんで丸まっていると、
まるでゴミ袋が置いてあるみたいで笑ってしまった。

次回→お鉢の大渋滞

a0219656_22592171.jpg











確かに寒かったんですが
息子は極端な寒がり!
こんなに着ても寒かったようです。
全てはこの瞬間を目指して登ってきたくらい貴重な時間、
息子自身は見たいけど眠い!見たいけど寒い!
と、頑張って戦っていました。
でもお日様が完全に昇ると
不思議に元気になるんです(笑)


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-08-23 23:15 | 2010御来光登山