富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

鎮座する巨大な溶岩 ~富士山頂6~

毎回登頂できるかわからない不安をかかえて、
やっと達成できた山頂での体験は、それぞれ貴重なもの。
朝食のお楽しみ不発に続く、焼印事件はかなりこたえた。

しかし落ち込んでばかりいられない!
頭もまだギュ~っと痛いし、
これから一番辛くて長い下山が待っている。

今日の日付を入れてもらえる記念バッジを息子に買い、
とりあえず下山口までまたお鉢の道を
来た時と逆方向に歩き始めた。

「あれ?そう言えば、毎年写真を撮る巨大な溶岩の塊って無かったっけ?」
と聞くと、旦那と息子が二人で「あれだよ」と指差した。
「あったあった!う○ち石!じゃあ写真撮ろう!」
と、8時02分、交代で写真に収めた。

この溶岩の塊は、
お鉢の道の途中にドーンと転がっている。
つい最近転がって来たかのよう。
でも斜面でもないこんなところにあるのだから、
当然「つい最近」ではない。

富士山の最後の噴火は1707年(宝永4年)だけど、
六合目あたりにある宝永火口から、
こんなに巨大な塊が山頂に飛んで来たのか??
(そんなことって、あるの??)
もしくはもっと前の山頂での噴火でできたもの。
ということは、単純に考えても300年以上前から
ずーっとここに転がって、
いや、鎮座しているのだろう。

形状からついつい「う○ち石」
と名付けてしまったけれど (しかも親の私が…スミマセン)
長い地球の歴史と偉大さを感じずにはいられない。

次回→下山の準備

a0219656_2347459.jpg






上の写真が、2008年(息子2年生)、右下が2009年(3年)、左下が2010年(4年)の時の写真です。
2007年の1年生の時は、初めての富士登山でお鉢めぐりどころではなく、写真はなし。
今年2011年は、お友達も写っているので省略していますが、毎年同じところで撮影すると、子供の成長がわかっておもしろいです。

山頂には他にもごろごろと大小の溶岩の塊がころがっています。
しかし・・・本当に立派な塊だと思いませんか?
こんなのが火口からムニューッと出てくるんですから、なんだかすごいですね~。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-09-02 00:02 | 2010富士山頂