富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

下山の準備 ~富士山頂7~

今回お楽しみの一つとして
大砂走りの下山を入れているけれど、
実は一番距離が長く、途中の山小屋もほとんどなく、
人によっては一番辛いコースだと言われている。
さてさて、私たちにはどうなるのかな。

山頂の人数がかなり落ち着いたらしく、
割と早く御殿場の下山口に到着した。
よく見ないとわからないくらいだが、ここには銀明水の祠がある。
火口に近い金明水とともに
富士山では貴重な雪解け水が溶岩の間からしみだしているらしい。
その銀明水の祠の周囲にあるベンチ?で下山の準備をした。

靴の上から足首を覆うスパッツを履き、
メガネかスキー用のゴーグルを出し、マスクも準備。
日焼け止めを塗り直して、
最後にザックに雨用のカバーをかぶせる。

これ、すべて土ボコリ、砂対策。
富士山はとにかく土埃がすごい!
登っているだけで鼻や耳の中が真っ黒になり、
髪の毛はバリバリに固まる。
ましてや下山には大砂走りが待っている。

私は視力が0.1無くハードコンタクト。
メガネにチェンジできなかったら大変だ。

大砂走りはまだ後半からだけど、
すでに完全防備に変身した私たち。
気持ちの良い快晴のなか、三人で記念写真を撮って、
8時50分、さあ、出発だ!

次回→御殿場口の登山者

a0219656_23481545.jpg




上と左の写真は2010年のもの。
右下は2009年に須走口の砂走りから下山した時の様子。
初めての「砂走り」と言うことで、重装備したこの時の格好は、かなり笑えますね(笑)
※御殿場口は「大砂走り」で、須走口は「砂走り」。大砂走りほど豪快ではありませんが、やっぱりふかふかの砂の急斜面を降りることができます。

コンタクト暦25年の私は、超ドライアイで乱視なのでソフトが使えず、本当は使い捨てとかにできれば、水の貴重な富士山でも快適にできるのですが、こんな理由でずっとハード。
「山小屋で寝るときは???」・・・普段でもよく着けたままうたた寝してしまうので、実は着けたまま寝ています。御来光を見てから、そそくさとはずすんですけど、この時は下山まで頑張ってしまいました。(良い子は絶対マネしないでね!!)


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-09-04 00:05 | 2010富士山頂