富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

体力と精神力 ~下山7~

長くて一番辛いと言われていた御殿場口の下山。
確かに体力的には相当キツい。
でも、後半の大砂走りの快適さと異空間演出のおかげで
想像以上に楽しかった。

富士宮以外、これまで経験したの下山道でどれが大変だったかというと、
ダントツで吉田口だ!

登りの山小屋は多さに比べて、下山道の山小屋は極端に少なく、
景色の変化も全くというほど何もなく、
ただただ何十回とジグザグに下るしかないため、
自分たちがどれくらい下りてきたかの実感が得られない。

いつまでたっても同じ道で精神的に参ってしまい、
このジグザグ地獄が永遠に続くのではないかと思える上に、
やっと下山の兆しが見え来たら、
今度は登りになってしまう。
もう二度と吉田口からは下山したくない! というほど本当にキツかった。

富士登山はついつい登りばかりを考えがちだが、
二度と登りたいか登りたくないかの判断基準は実は下山道にあるように思える。
ワガママ言えば、せめてどれくらい下山出来たかの
目印となるトイレ小屋や、それが無理なら看板か何かがあると嬉しいのだけど…。

とか言いながら、この年、御殿場口でこんな余裕を感じられたのは、
ハイキングコースで人気の双子山や、
自衛隊の演習場の煙、
またその先の街まで気持ち良く見渡せるくらい
快晴だったからかもしれない。

次回→御殿場口を登るなんてやっぱり

吉田口の下山の時は、日帰り徹夜登山という強行をまだしていた時代だったのと
ガスって、下界が見えなかったことが大きかったのかもしれません。
眠くて眠くて、少しでも止まって休憩すると、すぐに睡魔に襲われるような
もうろうとした状態だったから、そりゃ、余計につらいはずですね。
でも、他の方のブログを見ても、やっぱり「吉田口の下山はつらい!!!」
というコメントが多いように思います。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-09-19 10:40 | 2010御殿場口下山