富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

本格的な山道 ~御中道と大沢崩れ5~

それからまた広い林道を何度かくねくねしながら進んでいくと、
「御中道」と彫られた石碑が出て来た。

「道ってどこ?ここ?」
などと確認しながら、踏み跡程度の道をたどりながら、
暗い林の中を上に登るように入って行く。

しばらくすると、横に続く道に合流する。
どうやらここからが本当の御中道のようだ。
しかし…
この合流地点は目印になるような木や岩が何もないただの山道。
帰り道、ここをちゃんと曲がって御庭に帰りつけるだろうか。
気がつかないでまっすぐ行ったら、
時間的にカットしたはずの吉田河口湖口五合目までの
長い道のりを歩き、また御庭の駐車場まで戻らなければならなくなる。
三人でよ~く覚えておこうと話し合った。

合流地点から、右に向かって人一人が通れるくらいの
林の山道を再び歩き出す。
左側が壁で右側が急斜面になっている細い道ながら、
さっきよりはしっかりと踏み込まれた草のない「道」になっている。

富士山ブーム(富士講)は江戸時代にはあり、
富士山の崩壊に伴い、何度か上下にルートがかわったりしているが、
その頃からこの御中道を人々が歩いていたと思うと、
何のへんてつもないこの山道がすごいものに感じられた。

しかし、
歩いても歩いても全く誰にも出会わない。
さらに不安感をあおるなぁ。

次回→一期一会

a0219656_2182473.jpg


















「御中道」の石碑がちょっとコワイ~っっ!
時間的な不安にプラスして、そんなことを思ってしまうから、更に不安に・・・。
そうそう、後で富士山ブックの御中道を紹介したページの地図を見ると、この御庭からのショートカットの道は、吉田口の五合目から大沢崩れまでの道のちょうど半分くらい(驚)。 帰り道、この御庭への道を気がつかずに行ってしまったら、本当にえらく長~い道のりになって、大変なことになってしまいます!


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-11-28 06:50 | 富士山周辺のお話