富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

こわごわ一番沢を通る ~御中道と大沢崩れ8~

またまた景色の見えない辛い林道を
ひたすら歩く歩く。

すると大沢崩れの方から一人の男性が歩いて来た。
「こんにちは!」とお互い挨拶したが、
服装からして、どうやら林道か大沢崩れ関連のお仕事の方のようだった。

久しぶりの人との対面に家族で密かに喜びつつ、
でもやっぱりこの人も、我が家とは反対に帰るんだなぁと思うと
また余計に寂しく、不安になってしまった。

延々と続く、変化の無い林道を抜け、
次に登場したのは 「一番沢」 と呼ばれる
崖のように切り込まれた谷状の沢で、
ほんの少しだが鎖を使って下り、
沢の一番低いところに下りる。

沢は今までと違ってかなり幅が狭い。
大小の大きな石や岩が、
いかにも最近ゴロゴロと転がって来たのだな、
とキケンを感じる場所だった。
(後に落石注意の案内を発見!)

少しドキドキしながら
息子に早く早く!と誘導して安全を様子見しながら、
また沢の反対側の崖を登る。

うぅ(泣) 太ももが上がらないよ~。
こんなアップダウンあるなんて(泣)
運動不足の自分を恨む。

しばらくまたアップダウンのある薄暗く狭い林道を歩く。
三人ともだんだん無口になるくらい、
まだ?まだなの?
という気分だった。

次回→もう少し?二番沢に到着

a0219656_23294676.jpg












写真に悩みました!この写真は一番沢なのですが、この先工事用の簡易階段が出てきます。思い出しながら書いたときは、この工事用の階段は一番沢にあると思っていたのですが、何だか自信がなくなり調べていました。でも、これがなかなか出てこない~(泣) いろんな方のサイトを覗いてみて1時間かけてやっと見つかりました。この後、二番沢、前沢と続くのですが、多分その階段は前沢??かと・・・。
この辺は、「もうカンベンしてください(泣)」状態だったのと、もう数年前なので、どれがどれだかあまり記憶が定かではありません。(間違ってたらごめんなさい。もし行かれる方がいたら、必ず必ず正しい情報をちゃんと仕入れてから、季節を選んで行ってくださいね。)


人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2011-12-07 23:40 | 富士山周辺のお話