富士登山をきっかけに富士山ばっかりの富士山馬鹿になりまして・・・。小1から息子を連れて7年目。思い出しながらつづった徒然です。(最新情報ではないためご注意ください。ご参考程度になれば嬉しいです)


by fujibakari

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
きっかけ
2012開山日登山 登り始めまで
2010登山準備
2010登り始めまで
2010富士宮口山小屋まで
2010山小屋
2010御来光登山
2010富士山頂
2010御殿場口下山
2008登り始めまで
2008御来光まで
2008年山頂まで
2008年山頂
2008年吉田口下山
富士山なヒトコト
富士山周辺のお話
富士山以外のお山
今日のヒトコト

外部リンク

最新の記事

家族会議2 ~2012開山日..
at 2013-10-07 09:00
家族会議 ~2012開山日登..
at 2013-10-06 15:04
どうする?どっちに行くべき?..
at 2013-09-01 13:23
家族だけで登る理由 ~201..
at 2013-08-31 12:04
富士山なヒトコト・・・富士塚
at 2013-07-15 16:38

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

検索

タグ

(24)
(23)
(21)
(18)
(16)
(15)
(14)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

いよいよ初めての御来光 ~2008年御来光まで11~

ブルーアワーを迎えている今、
星々が見える暗闇と、
少し赤く朝焼けになり始めている部分との間に、
なんとも表現しがたい美しさの青の空間がある。

その下にある朝焼けに光る雲海が、
きれいでもあり、飲み込まれそうで怖くもあり、
なぜだか人間の小ささを感じて、
今ここにいることをとても不安にもさせる。

ずっと見ていたいのに、
早く下山して地に足つけたいと思ってしまうくらい、
現実離れした光景だった。

本当は寝ていられる
せっかくの1時間だったのだけど、
すでに朝へと動き出し、どんどん変わっていく
この瞬間を寝てすごすなんてもったいない!
息子を起こしたら可哀想なんて言ってられない!

ここまで頑張って来て、
この光景を見ないで終わってしまうなんて、
そのほうが可哀想だ。
息子を無理やり起こし、外に連れて行った。


午前4時30分を過ぎ、
雲が厚くてなかなか現れない太陽に、
山小屋の周りに居たたくさんの登山者も
歩みを止めて見守っていた。

そして4時46分。
一点の赤い光が、ふいにぶ厚い雲の中から現れた。
その光が、だんだん大きく強くなっていく。

御来光は、雲の上から出てくるものだ思っていた。
なのに、思わぬところから現れるという予想外の展開。
それは我が家だけでなかったようで、周りにいた人々から
同じような感激の声が次々と聞こえてきた。

見知らぬたくさんの者同士がこの瞬間、
不思議と一体となった感動のなか、
いよいよ 「お日さま」 が現れた。


次回→めぐみの太陽

a0219656_014223.jpg


















今回の写真は、ちょっと欲張りすぎて、見えずらいでしょうか。上2枚は、文中にある「予想外」の雲の途中から出てきたお日様です。下の写真は、左から御来光前の山小屋の中の様子。見えませんが、息子は私の膝の上で寝ています。 真ん中は、こちらも御来光前、あまりにも美しすぎる光景に、ぐずる息子を無理やり起こして外に出た時の写真です。雲海がこわいくらい綺麗でもあり、作り物のような怖さも感じる迫力です。右の写真は、御来光がはっきり出た感動のなか、撮った写真の一枚です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by fujibakari | 2012-06-03 00:26 | 2008御来光まで